オーダーシャツ専門店金沢金港堂のトップページ

« 2012年9月 | メイン | 2012年11月 »

2012年10月 アーカイブ

2012年10月 1日

ポール・スミスのドットonドットのタイ

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。
ブログランキングのバナー

手に入りました。

2012iphone5.jpg

まぁiPhone4と特別何かが変わる訳ではないので、スピードは早くなりましたが。これとパソコンやiPadやappleTVとかとどう連携していくかの方が楽しみなのでございます。それにしてもLTEは速いです。本当に。iPhone5並に足も早くなってもらいたいです。今晩は帰ってセッティングです。もう既にiCloudである程度の環境にはなっているのですが。しかし、こんなことパソコン出来る人じゃないと無理じゃない?

しかも買う前にかなり長いチェックリストにチェックさせられるし。バックアップがどうのこうのとか、パソコンは自分の手元にあるかのうような。今朝前のiPhone4をアップデートしておいてよかったです。シムを抜くとアップデートできないらしい。

もうここまで読んで何のことか分からない人いると思うのです。そういう人には難しのじゃないかな。いや最初に持つならいいのですが、機種変はちょっとハードルが高すぎるかと思った次第です。


さて、ハードルが低いネクタイの話に致します。


そろそろネクタイしましょうよ。と言って数日になりますが、今日も私はネクタイをしております。温かいです(笑)

ポール・スミスのドットのネクタイです。織りの割りと硬めのタイ。

2012p_d_d_r1.jpg

秋らしくワインレッドで。

2012p_d_d_r2.jpg

ごく普通のドットのタイに見えますが勿論艶もあります。

2012p_d_d_r3.jpg

ドットの裏にはドット。しかもワインに対してブルー。

2012p_d_d_r4.jpg
ポール・スミスのロゴがすごく渋く見えます。

2012p_d_d_b1.jpg

こちらは色違い。黒ベースにゴールドのドット。


2012p_d_d_b2.jpg

まさに秋の色合い。渋い男の魅力をネクタイで。

2012p_d_d_b3.jpg

このコントラストどうでしょう。ちょっと裏地に茶目っ気があっても。

2012p_d_d_b4.jpg

そして渋いロゴ。秋のVゾーンはドットonドットで如何でしょうか。

 ■ ブランド   Paul Smith 
 ■ 生産国   イタリア
 ■ 素材   シルク100%
 ■ プライス    12,600円    
 ■ カラー   ワイン/ブラック
 ■ サイズ   大剣巾約8.5センチ 全長約155センチ

【おかげ様で完売しました】


↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2012年10月 2日

BUILのスカル(頭蓋骨)プリントのストール

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。
ブログランキングのバナー

10月も2日になりました。気が早いですが、あと3ヶ月で2012年も終わり。今年はやたらに早い。早すぎる。自分のペースが遅い。これでは今年は終われない。


そんな感じです。今年は区切りの年でもあったのに(もう終わったような言い方ですが)あと暫く全力で進みたいと思います。


ここの所商品ネタはあるのですが、あまり書くことがない。昨日はiPhone触ってある程度できたので、明日専門学校で1時間半程喋らなくてはいけない資料を作っておりまして、1年前の資料を見ると使い物にならない。1年間の間に大幅に世の中が変わっていて書きなおさないと。1年前からFacebookはありましたが、これだけSNSが社会に浸透するとも思っていなかったし。まだ修正が必要です。もう少し頑張ります。明日はまたそのご報告ができたら良いと思います。


さて人気沸騰のアイテム。ストールじゃなくて、skull スカル いわゆる頭蓋骨を用いたアイテム。

skull_b_1.jpg

素材はレーヨン素材なので今からでも巻けます。色はベージュ。

skull_b_2.jpg

柄をアップで撮りました。ボディにはジョンスメドレーのタートルネックのセーターを。

skull_b_3.jpg

更にアップに撮るとこんな感じ。結構はっきりとしたスカルのプリントが。ストールの縁は同色の糸でロックをかけてあります。

そして色違い。


skull_g_1.jpg

こちらはグレーベースのストール。

skull_g_2.jpg

こっちも寄って撮ってみました。大判ですが、生地が薄いので締めやすいと思います。こんな大きなストールはどうやって巻くか?簡単ですぐるぐると2回首に回して両端を一度だけくるっと回す。それだけ。それがこの画像なんです。

もう一度ベージュの方の写真をご覧になって頂こうと思います。

skull_b_4.jpg

平な所に置くとこんな感じです。

skull_b_5.jpg

更に寄ってみるとこんな感じ。何種類かのスカルが描かられてます。

skull_g_3.jpg

グレーの方はこんな感じです。四角いストールの縁を取るようにスカルのプリントが。周りは黒糸でロックがかけてあります。

skull_g_4.jpg

こちらもカメラを寄って拡大してみましょう。

skull_g_5.jpg

イタリアのブランド「BLUI」のスカルプリントのストールでした。お値段も安い!¥15,750-ネクタイ一本の値段です。

 ■ ブランド   BLUI  
 ■ 生産国   イタリア
 ■ 素材   レーヨン100%
 ■ プライス    15,750円 30%OFF→11,025円   
 ■ カラー   ライトブラウン/ブラック
 ■ サイズ   136センチ×155センチ

15,750円 30%OFF→11,025円

【おかげ様で完売しました】


↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。


2012年10月 3日

学校法人国際ビジネス学院での授業

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。
ブログランキングのバナー

定休日でしたが今日はここへ。

K_office1.jpg

学校法人国際ビジネス学院の授業へ。講師。時間は90分。入り口に入ったらディプレイが。~歓迎~って中国や台湾みたい。

K_office2.jpg

喋り過ぎた。気づいたら90分だった(笑)


話を聞いて頂いたのが10名の女性。5人が一列に並んで2列。退屈させたかな?でも私も必至でした。真面目に真っ直ぐにこっちを見て聞いてくれる。最近の若い人は本当に真面目で熱心だと思います。


国会で居眠りしている先生。ちょっと見習ったらいいのじゃないの?

そこで私は疲労困憊。帰って1時間昼寝しました。そんな一日でした。お疲れ様。明日から彼女達に巻けずに頑張ります。


↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2012年10月 4日

Jhon Smedley ジョンスメドレーのアーガイルセーター

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。
ブログランキングのバナー

遅くなりました。一日あっという間です。生産性が悪いだけなのですが、7時から会議がありましたのでこんな時間になりました。


最近自分の中では英国ブーム。オリンピックもあったのですが、イギリスのファッションがマイブーム。昔からトラディショナルな着こなしは好きなのですがファッション全般もイギリスのトラディショナルな着こなしにいっているような気がします。

古いところではこれなのですが。


むしろこれを見て古いStyle Cauncilを思い出しというのが本当。

イギリス版「嵐」だそうです(笑)One Direction このブリティシュな着こなし。ここに帰ってきたのか???と思いました。


私の仕入れは間違いなかった。


英国はJohn Smedleyのアーガイルのセーター


2012js_top.jpg

別にイケメンである必要はありませんが。

2012js_a_cg2.jpg

普通のアーガイルセーターとは違って少しデザインされております。裾にベージュのライン。チャコルグレーのベースに赤とオフホワイト、そして色合いが少しわかりづらいのですが、グリーンのアーガイル柄が。

2012js_a_cg1.jpg

寄って撮るとこんな感じです。

2012js_a_lg1.jpg

色違いもございまして、こちらはベースが少し明るめのグレー。赤とオフホワイトとイエローのアーガイル柄です。

2012js_a_lg2.jpg

裾にはグレーのラインが。

2012js_a_lg3.jpg

こちらもちょっと寄って撮ってみました。

2012js_a_cg3.jpg

再度チャコルグレーの方に戻って。シルエットは細身です。身体にフィットさせて細身のパンツで決めてみましょう。

2012js_a_cg4.jpg

このラインならグリーンもお分かりになって頂けますね。マイブームのものを無理やり押し付ける訳ではありません。世の中英国ブームです。間違いがない。

申し忘れました。英国製のニットですが、夏場はシーアイランドコットンを使用し、秋冬はニュージランドのメリノウールを使った高級セーターです。

 ■ ブランド   John Smedley ジョンスメドレー 
 ■ 生産国   英国
 ■ 素材   メリノウール100%
 ■ プライス    34,650円 30%OFF→24,255円  
 ■ カラー   ライトグレー/チャコールグレー
 ■ サイズ   Mサイズ 着丈66センチ バスト104センチ
  Lサイズ 着丈66センチ バスト110センチ
  ※テーブルの上で引っ張らずに計測しました。

34,650円 30%OFF→24,255円

おかげ様でチャコールグレーのLサイズは完売しました

価格24,255円(税込) 送料はこちらをご覧下さい。



数量 


NicosCredit.jpg


↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。

2012年10月 5日

秋の濃色オーダーシャツ生地コレクション。

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。
ブログランキングのバナー

今日は店でずっと生地の写真撮影とホームページのアップをしておりました。勿論ご来店を頂くお客様の対応は勿論するのですが。


そんな時に限って勧誘の電話がかかったくるのです。「御社のオーダーシャツをテレビで販売しませんか?」真面目に最初は聞いてたのですが、どうやってテレビでオーダーシャツを販売するか聞かせてくれと言うと、じゃあカフスは?と商品を変えてきた。カフスは大量に在庫がないので、というと受注生産は?と受注生産と言っても私が直接工場管理・・・・「ガチャり」


切られました。東北訛りの可愛らしい感じの女性だったのですが。


いい加減にしとけ。マジでこっちが切れるぞ!


いや、可哀想だと思いますよ。テレビの制作会社か何か分かりませんが入社したら、適当にホームページを見て、面白いもの売ってる店があったら電話してみろ。と言われるのでしょうからね。だいたいどのように販売しているかも調べずに電話してくるわけですから。そんな時代じゃないのに。


そういえば最近はSEO対策しませんか?という電話はかかってきませんね。どうしたんだろ?


とこの電話で5分ほど取られました。必死に生地の写真アップしてたのに。その成果だけでも今日ご覧になって頂けますでしょうか?

2012blog_kiji1.jpg

黒と言ってもいいくらいなのですが、若干ネイビーっぽい。ミッドナイトブルーとさせて頂きました。無地ではありません。写真のようにドビーのストライプが入ってます。珍しい柄ですし求めてらっしゃる方もいらっしゃったかも知れません。お待たせを致しました。

ANTEKSのミッドナイトブルーのドビーストライプ柄 トルコ製 ANTEKS社の生地でございます。

そして次はこちら。

2012blog_kiji2_1.jpg

ツイル(綾織り)の黒の生地です。こちらとても光沢のある生地なのです。

2012blog_kiji2_2.jpg

この写真で分かるかな。ピカピカ光ります。パーティーシーンなどでお使いになられるかも知れません。

こちらはイタリアTESTA社の生地。TESTAの黒ツイル(綾織り) TESTA(テスタ)イタリア製生地 綿100%

そして黒ではありませんがチャコールグレーの生地。

2012blog_kiji3.jpg

太畝で生地も若干厚め。こちらも光沢がありソフトなタッチですが張りのある生地です。

太畝ツイル(綾織り)のチャコールグレー生地 イタリア・グランディ&ルビネッリ社製生地 綿100%

秋になり濃色の生地も入荷してきました。スーツのインナーでもいいですし、ジーンズの上に一枚着てても素敵ですね。どうぞ秋のオーダーシャツのコレクションに1枚加えて下さい。宜しくお願い致します。

↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2012年10月 6日

JOHN SMEDLEY(ジョン・スメドレー)メリノウールのタートルネック

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。
ブログランキングのバナー

メンタリストです。
daigo.jpg
香林坊商店街のイベントで当店の横の109の特設ステージに来てました。人だかりで人の頭の上にiPhone上げて撮りましたが何をやっているかさっぱりわかりませんでした(笑)


人の心を読めるなら商売も楽でしょう・・・


今日は名古屋からのお客様。半袖着てきたら寒かったということでセーター買って行かれました。もうそろそろセーターの季節でございます。皆さん準備はできているでしょうか?先日の英国物シリーズ。今回もブリティシュラインでご紹介させて頂きます。先日のアーガイルセーターに続いての登場JohnSmedleyでございます。

2012js_tutle_top.jpg

私のセンスとJohnSmedleyの仕入れ商社のセンスが合うのか?仕入れたものがパンフレットに載っております。定番のタートルですが綺麗なオレンジ色です。ダーク系の茶系のコートのインナーにストールとコーディネートして頂けるといいのですが。

2012js_tutle_or1.jpg

店頭で撮った写真でございます。オレンジ色ですが、JohnSmedleyでは(MANDARIN)という色になっております。

2012js_tutle_or2.jpg

JohnSmedleyのロゴがこんな感じで。

2012js_tutle_or3.jpg

色違いに行きます。ベーシックな色合いは皆さんお持ちかな?とも思ったので今回はちょっとトレンド色で。春にも人気があったブルー(INDIGO)です。

2012js_tutle_blue1.jpg

所謂インディゴ染めのインディゴ。昔ロイヤルブルーと言いましたが、それよりは少し濃い色合い。

2012js_tutle_blue2.jpg

こちらも首元のロゴを。

2012js_tutle_blue3.jpg

さてもう1色。こちらはベーシックな色を。

2012js_tutle_brown1.jpg

明るめの茶色です。

2012js_tutle_brown2.jpg

JohnSmedleyでは(TEDDY)という色が付いておりました。

2012js_tutle_brown3.jpg

さて、3色。あなたはどの色合いにしますか?

 ■ ブランド   JOHN SMEDLEY(ジョン・スメドレー) 
 ■ 生産国   英国
 ■ 素材   メリノウール100%
 ■ プライス    28,350円    
 ■ カラー   オレンジ(MANDARIN)
ブルー(INDIGO)
ライトブラウン(TEDY)
 ■ サイズ   Mサイズ 適用身長165~175
    適用胸囲85~95 着丈66 袖丈49
  Lサイズ 適用身長173~183
    適用胸囲93~103 着丈66 袖丈49

価格28,350円(税込) 送料はこちらをご覧下さい。



数量 


NicosCredit.jpg

↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2012年10月 7日

5タウンズフェスタ屋台村。そして片町バージンロード♡

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。
ブログランキングのバナー

今朝は朝練で18キロ。今週末のレースに向けていい練習になりました。暫く走ってなかったので疲れもとれているようです。でも終わった後は疲れましたが。ハーフの次1週間後にウルトラって大丈夫なのでしょうか?来週1週間は休みます。


さて今日は5タウンズフェスタ。当店の前では様々なイベントが繰り広げられました。私の仕事は?

105t_yakisoba_zynbi.jpg

5タウンズのジャンパーを着て準備完了。

105t_yakisoba.jpg

焼きそばの鉄人が焼き始めます。美味しそう。


私は・・・・

105t_yakisoba_uri.jpg


販売・・・服売るより上手かも(笑)


さて、片町ホコ天の最大のイベント。

105t_vr1.jpg

このバージンロードを永遠に歩いてはるか向こうに見えるステージまで。

105t_vr2.jpg

さて始まりました。

105t_vr3.jpg

おめでとうございます。晴れて本当に良かった。末永くお幸せに。


↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2012年10月 8日

BOB(イタリア)のカラフルボタンのカーディガン

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。
ブログランキングのバナー

10月8日体育の日。本当は10月10日東京オリンピックの開会式があった日。一年で一番晴れの確立が高いのが10月10日ということですが、今日が10月10日かと思うほどまさに秋晴れの気持ち良い天気でした。

ということで、皆さん郊外にでも出かけたのでしょうか。街中は昨日とは打って変わって静かな一日でした。


私も休みであれば紅葉でも見に行きたいくらいでした。


さて、10月。来週から始まりますマラソン月間。11月の終わりまでに駅伝も入れると5レース。身体がもつでしょうか。先ずは来週日曜日に百万石ロードレース。アップダウンというかず~っと山の方に向かっていく厳しいコース。昨年は1時間30分23秒。今年は30分切れることができるか?勝負です。


さて、本当にシャツ1枚ではちょっと寒いくらいの季節になりましたよ。是非セーターのご購入をお考え下さい。昨年からトレンドはカーディガンに。カーディガンというと、どちらかと言うと、インナーに着るようなイメージもありますし、地味な印象もありますが、これくらい可愛いものだと1枚で着てみたいですね。

2012bob_cd1.jpg

色合いはチャコルグレーのシックな色合いなのですが、胸にはこのブランドの「BOB」というプリントがが。ポイントは。

2012bob_cd2.jpg

フロントのボタンです。

上からグレー、パープル、グリーン、ピンク、イエロー、レッド。

2012bob_cd4.jpg

こんな感じです。

2012bob_cd3.jpg

背中にはこのブランドの特徴。プリントが施されています。ちょっとお茶目なカーディガンで秋のファッションを楽しんでみませんか。

 ■ ブランド   BOB ボブ 
 ■ 生産国   イタリア
 ■ 素材   ウール100%
 ■ プライス    23,100円 30%OFF→16,170円   
 ■ カラー   グレー
 ■ サイズ   Mサイズ 胸囲102センチ 着丈63センチ 
  Lサイズ 胸囲105センチ 着丈64センチ バスト140センチ
  テーブルの上に置いて計測しました
【おかげ様で完売しました】


↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2012年10月 9日

山中教授のフルのタイムは 4時間3分19秒

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。
ブログランキングのバナー

いやぁ今日は嬉しいニュースですね。まぁこの話題をブログに書いている人は山ほどいると思いますが敢えて書かせて頂きます。

山中教授iPS細胞の研究でノーベル賞受賞。何が嬉しいかというと趣味がマラソン。ご存知の方も多いと思いますが、京都マラソンの完走をチャレンジとして1,000万円以上の寄付金を集めたという。


こちらのインターネットのサイトは実はまだありまして、受賞してからも募金額が増えているようです。

http://justgiving.jp/c/7882

朝見た時よりも増えてましたから。この時のタイムが4時間3分19秒。ある新聞のサイトを検索して見ると走った時の記事がありました。その中で「走るより研究を頑張って、と言われた時はぐさっときた」と冗談も交えてお話をされてたそうです(笑)


この受賞を聞いてランナーである私が何を考えたか。


11日に発表があるであろうノーベル文学賞には村上春樹氏であって欲しい。これまたご存知だと思いますが、村上春樹氏は「走ることについて 語るときに 僕の語ること」という本まで出している方。

2012bob_cd3.jpg

これで我が家庭内で走ることの意義が確立されるというものです。逆に強く言うと、ノーベル賞と取れるような人は何をしてもいいわ。と言われるでしょうけど。


この勢いにのり是非村上氏にもノーベル賞を。私も励みになります。頑張れます。


ちなみに山中教授と私は同じ年齢。全てにおいて比べられる次元のものはありませんが、フルマラソンの記録だけは勝っております。

↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2012年10月10日

山中教授がマラソン走る時に聴く曲は?

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。
ブログランキングのバナー

昨日に続きノーベル賞受賞の山中教授。ランニング中に聴く曲はこれだそうです。

ビリージョエルのプレッシャー。やはりストイックじゃないと仕事もマラソンもできないのか?


先日届いた百万石ロードレースのナンバー引換証。

百万石ロードレース

ゼッケンナンバー「1495」これって医師救護?マジで?前回の城下町ハーフマラソンでラスト200メートルくらいのところでひっくり返って倒れていたランナーを思い出します。当然救急車で搬送されました。本当に大丈夫なのだろうか?


そこでチームのメンバーに何かいい語呂がないかと聞きました。

「勢い良くGO!」

これでいかさせて頂きます。今日もジムのトレッドミルで走ってきました。10キロ43分。ラスト2キロは時速16キロで走っても息はつらくなかった。必ずや1時間半切り。がんばってきます。絶対に切りたいと思います。応援いただければ幸いです。


↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2012年10月11日

ストライプの生地2柄入荷!

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。
ブログランキングのバナー

googleが出したタブレット型のPC

nex.jpg

16Gで19,800円だそうです。 7 インチ ディスプレイ、パワフルなクアッドコア プロセッサ、最長 8 時間の使用が可能だそうです。安い。安すぎる。今度iPadの小さいのが出てくるようですが、そちらの価格はどうなんでしょうか。ただあまり安いとiPodtuchが売れなくなりますし。

というか既にNexus7はiPodtuchは32Gではありますが、既に安いし。今後のタブレットPCもどうなっていくか楽しみですね。日本のメーカーも本当に頑張って欲しい。


何だか価格のことを言うと、当店のオーダーシャツ1枚の価格で買えるではないか?という話になってしましますが、機械は大量生産できますがオーダーシャツはオンリーワンでございます。ご理解を頂きたく思います。

今日はストライプ2柄。

20128387886t2.jpg

オーストリアはゲッツナーのストライプですが、輪郭のはっきりしたストライプです。ブルーのストライプの両端に濃色の細いストライプが入っておりまして、それが白とブルーの境目をはっきりさせています。色合いもイタリアらしいブルーと言ったらいいのでしょうか、ちょっとグリーンが入っているようなひねった色合い。Nexus7は持っている人沢山いるかも知れませんが、このシャツを着ている人はまだいないはず。

2012m0928t2.jpg

こちらは定番。定番と言いながら当店でも長い間ラインナップの無かったオックスフォードのロンドンストライプです。色違いもございます。

この二つのシャツ生地のお仕立て上がりは¥18,900-(仕様によってはお仕立て上がりが変わります)

PCだったらメモリを増やすと価格が変わったりしますが、当店でもオプションの蝶貝のボタンを付けると価格が変わったりと。


ただ違うのは先にももうしましたように、オーダーシャツはPCをカスタムするという次元ではなく、最初から最後まで手作りでございます。価格にも納得頂けましたでしょうか。


それでは今日はこの辺で。8時にはノーベル文学賞の発表があるとも聞いております。村上春樹さん受賞して欲しいですね。

オーダーシャツ生地はこちら。 http://www.kinkodo.jp/shirting/

↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2012年10月12日

ゴムの組紐カフス新色入荷しました。

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。
ブログランキングのバナー

残念でした。ノーベル文学賞。村上春樹氏ではありませんでした。応援していたのに。まぁ来年も再来年もありますし、順番が来ると取れるでしょう。そう願いします。

明後日に迫った百万石ロードレース。昨年のリベンジで1時間半切りを狙いたいところですが、まだ左肩の調子がよくなく、腕を引くとピリピリと痛みが生じます。まぁ普段の生活には支障はないのですが、大丈夫でしょうか。とにかく最後まで持ってくれればと思います。昨日のトレッドミルでは必死じゃなくても時速17キロくらいまでは上げれたので、スピードを保ちながら楽に走れれば翌週に迫る珠洲のウルトラにも影響はないと思うのですが。

今日お客様からハワイに行ってきたお話をお聞きしました。寒くなってきました。本当に暖かい所でのんびりとリフレッシュしたい。そんな気分になりました。本当はこれから秋のレースシーズンですから更に追い込んでいかないといけないのですが。

とにかく応援して下さい。秋のレース色んな事がありましたし、現在も本調子ではありませんが、今の自分でできることを精一杯やりたいと思います。


ちょっと今日は気分転換と言いますか。綺麗なものを眺めて頂ければと思います。

2012kumihimo0.jpg

新色が入荷しております。ゴムの組紐カフスです。

2012kumihimo02.jpg


2012kumihimo03.jpg


2012kumihimo1.jpg

ここまではカフスの両端が丸いタイプです。これらは945円です。

2012kumihimo2.jpg

そしてこちらは片一方が正方形のタイプのもの。


そして最後に。

2012kumihimo3.jpg

片一方が樽型になったタイプ。正方形と樽型が1,260円。

色もカラフルなものを中心にセレクトしました。袖口のお洒落に如何でしょうか。勿論ユニセックスです。男女どちらでも。女性の方だとカフスができるようにカフスの袖口の両方に穴が開いているかは確認して下さいね。


それとご購入頂いたお客様。カフスがしづらいいということもお聞きします。カフスの穴の割にはカフス周りが小さいことも想定されます。その場合はシャツをご着用なる前に先ずはカフスを通し。そして袖を通して頂ければと思います。と申しますのがこちらのカフス。組紐の部分がゴムで伸びてカフス周りを大きくしてくれます。それでカフスをしたまま袖が抜ける(通る)はずです。

カラフルなゴムの組紐カフスは如何でしょうか。


↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2012年10月13日

Vivienne Westwood ヴィヴィアン・ウエストウッドのストライプタイ

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。
ブログランキングのバナー

明日は百万石ロードレースです。ハーフ走ります。昨年は出来すぎの1時間30分23秒。明日24秒縮められればベスト更新で念願の30分切り。

そこで作戦。昨年のラップを確認しました。

hyakumangoku_rap.jpg

こんなラップでよく走れてた。マジですか?自分のラップ見て自信喪失。

前半の上りでも何とか4分20秒ペースで留めとかないとタイムは出ない。折り返した坂道はほぼ全力で4分前半。折り返しの急坂も4分20秒で上がりそこからもずっとスパート。昨年のは出来すぎのような気がする。でも頑張らないと。絶対に昨年よりも走力は上がっているはず。しっかりと走ります。


さて、今日は4時半から1時間半くらいアミノバリューの練習会がありまして店を抜けて行ってきました。

10amino.jpg

レースに出るメンバーは裸足で芝生の上を約3キログルグルと。その後私はシューズを履いて100メートルを3本。肩の痛みも感ずることなく気持ちよく走れました。スピードには乗れてる後は本番しっかりと走るだけ。頑張る。そしてブログで良い報告ができるようにします。41歳から始めたマラソン50歳でベスト記録を出したい。記念にしたい。リラックスしながらも真剣に走ります。


ということで、明日は午前中はお休みをさせて頂きます。昼からはしっかり仕事をしますので、宜しくお願い致します。と言ってもお客様が来なければブログの執筆になりますから。今からエッセイ書いてノーベル文学賞を目指せるか!

さて、さぼってて申し訳ありませんが、私が走っている間にお買い物などして頂ければ幸いです。


今日はネクタイ。

あ~いままではビビアン・ウエストウッドと書いておりました。今日からはVですのでヴィヴィアン・ウエストウッドに変更させて頂きます。

2012vivi_st_n1.jpg

ヴィヴィアンにしてはシックなストライプタイ。ビジネスでも着用できます。まぁネクタイのほとんどがビジネスシーンを想像しますが、このヴィヴィアンのタイは絶対にビジネスではできないようなものもありまして。

2012vivi_st_n2.jpg

それでも色合いやストライプの雰囲気はビビットな感じ。飛行船もこのタイの場合はさり気なく。

2012vivi_st_n3.jpg

小剣にはヴィヴィアン・ウエストウッドのロゴが。

色違いもございます。

2012vivi_st_r1.jpg

ブルーベースにオレンジ色のストライプ。

2012vivi_st_r2.jpg

全体のストライプの雰囲気を見るとこんな感じ。宇宙船の場所分かりますでしょうか。

2012vivi_st_r3.jpg

拡大するとこんな感じです。今日は寒いのでカーディガン着ました?まさかまだクールビズやっている人いないですよね・・・

 ■ ブランド   Vivienne Westwood ヴィヴィアン・ウエストウッド・ウエストウッド 
 ■ 生産国   イタリア
 ■ 素材   シルク100%
 ■ プライス    12,600円 30%OFF→8,820円   
 ■ カラー   ネイビー×イエロー/ブルー×オレンジ
 ■ サイズ   大剣巾8センチ 全長 約153センチ

【おかげ様で完売しました】


↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2012年10月14日

山の神対街の神 百万石ロードレース記録更新なるか。その1

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。
ブログランキングのバナー

今日は全て書ききれないかもしれません。申し訳ありません。百万石ロードレースのハーフで結局自己ベストを更新できたのか・・・

朝5時50分に自宅を出る予定で4時50分に目覚ましセット。目が覚めたのは4時10分。そこからうとうとと。アラームが50分になったので飛び起きました。


神棚の榊を替える水を入れて、直ぐにトイレに行き、先ずはお湯を沸かします。炭水化物補給。最近はいつもこれ。

2012donbei.jpg

どん兵衛。特盛にしなければ良かった。これにおむすび。勿論コンビニの。バナナ食べたらヘビーかな?と思い会場に持っていくことに。

割りとスムーズに用意ができ、5時45分くらいに家を出て恒例の神社へ参拝。勿論6時前ですから開いてはいませんが外から今日のランがうまく走れることを祈願してチームメイトを車で拾って会場に。


店の駐車場に車を停め広坂通りを歩いているとiPhoneにDMが。電車に乗り遅れた。それよりも大事なことが・・・シューズ忘れました。アホか?(笑)TwitterとFacebookにスペアのシューズ誰か持ってないかを確認し。ちょうど間に合うメンバーがいましたので事なきを得ました。


さて会場入りです。柏原君はいないか?昨晩海鮮丼を食べてたとTwitterで呟いていましたが。

ishikawa_kaizyo.jpg

順次受付を済ませて開会式を待ちます。何しろ山の神の登場ですから楽しみです。

kashiwabara.jpg

普通の青年でした。当たり前ですが。いつものように偉い方の挨拶が永遠と続き。彼の番に。え~っと何話してたかな?記憶にありません(笑)まぁひと目見たというのと、あと20分くらいで自分のスタートですから写真を撮っておしまい。ランシャツに着替えなくてはいけないですし、城下町ハーフの時はスタートの混雑で先頭の方に出れずロスをしました。またこのレースはグロスとネットのタイムが出ないので、後ろからスタートをすると損をします。

直ぐにスタート地点に行き何とか3列目にポジションを確保。

jibun.jpg

知人がスマホで撮ってくれました。いつもそうですが、調子が良いか悪いかは走ってみないと分かりません。


程なくスタート30秒前。列全体が少し前に出ます。カウントダウンが始まり号砲で一斉にスタート。うまく走れたつもりです。多少前のランナーも気になりましたが、数人をかわして自分のペースに乗ります。本多の森ホールを先ずは1周。応援してくれるメンバーもいて「いってきま~す」と返事をしこれからどんな展開になるかワクワクよりも不安を胸にコースを進みます。


最初の1キロのラップ3分47秒。ちょっと早いか。まぁこの流れに乗るとこんなペース昨年も2キロまでは3分台でしたから。兼六園にぶちあたった所で石川門の方への急坂を降ります。


その前にメンバーの一人と並走。「速くないか?」と声を掛けます。「今の1キロのラップ3分47秒だぞ」彼はじゃちょっと遅くします。と言いましたしたが、私の一言でタイムが遅くなるのもあとで困ることになると思い、いや自分のペースで。といい。暫く彼を20メートル先に見ながら走ります。


3キロ目のラップ3分56秒。3キロ目まで4分切ってます。でもここで貯金を作っておかないと。実は昨日計画を練っておりました。昨年の1時間30分23秒を24秒上回るには前半の対策が必要。昨年は後半伸びました。昨年の後半の伸び以上に伸ばすのは難しい。前半でこの24秒を稼いでおかないと30分は切れないだろうと思っておりました。

2012hyakumangoku_keikaku.jpg

昨日色々考えて計算しなおして手の甲に書いて寝ました(笑)最初書き上げたら計算ミスでこのタイムでは30分切れないというラップになり。何度か書き直してたらこんな感じに。まぁ私が分かればいいのです。

で、4キロを過ぎるとそろそろ坂に差し掛かります4キロ目のラップ4分8秒。


さて、このままタイムをキープできるか。

申し訳ありません。この続きは明日で宜しいでしょうか。別にもったいぶるわけではないのですが、ちゃんと書きたいので。果たしてどんな展開になるか・・・


↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2012年10月15日

山の神対街の神 百万石ロードレース記録更新なるか。その2

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。
ブログランキングのバナー

昨日の続きです。4キロ地点から上り坂に入ります。ここからはキロ4分を超えていきます。4分10秒から、最低でも20秒以内に収めたかったのですが5キロのラップが4分21秒。手の甲にペンで書いた目標ラップは20分30秒。実際は20分01秒。タイムは上回っているものの5キロのラップが21秒超えている。精一杯走っていてのこのラップは痛い。やはり無理かな?と思い始めました。


5キロ過ぎ6キロあたりで前方20メートル走っていたはずのチームメイトが落ち始める。最初飛ばしすぎたか?折り返しまで無理をせずにと言って申し訳ないが先を進みます。


永安町の街中を走ると座ってるおじさんが77番目と私に声を掛けてくれます。先頭から数えてくれてたのでしょう。77番。悪い数字ではありません。ちょっと頑張る気になります(笑)


6キロ4分23秒
7キロ4分24秒
8キロ4分25秒
9キロ4分29秒


このラップの並びでは1時間半切りは無理。ハーフを1時間半を切って走るには1キロの平均ラップが4分17秒でないといけないはず。このあたりで若干諦めモードに一旦計算することも止めます。


7~8キロから私の後ろを走るランナーに沿道からやたら声援が送られてます。なんだろうと思い振り返ると女性のランナーが走ってます。女性のトップランナーでしょう。応援もトップランナーだと思い熱がこもっています。9キロ過ぎのコンビニ辺りで女性ランナーに抜かれます。抜かれて暫く背中を見ながら走ります。綺麗な省エネの走りです。手の振りもリズムよくそしてピッチ走法で上り坂を駆け上がっています。ここで自分の走りを反省し地面を蹴って走っていたのをピッチに変更。エイドでこの女性ランナーを確かかわしたように思います。このあたり少し記憶が曖昧なのですが。ただこのあと直ぐに抜き返されたはず。


10キロ地点のラップが4分19秒少し走りを変えたおかげでラップを戻します。手の甲に書いた10キロの目標が42分40秒。実際のタイムは42分03秒。5キロ過ぎてから目標タイムを上りということで多めにとってたので、ここはクリア。暫くしてハーフの中間地点ここで確か44分57秒。ガーミンの距離は短めに出ていたので、これが正しいタイム。倍しても89分54秒。1時間半切りはできる。後半伸ばせばいけるのではないか?と思いました。しかしここで右ハムストリングスに痛みも感ずるように。大丈夫か?

11キロが4分26秒
12キロが4分32秒

最後の急坂を上ろうとすると師匠が折り返して下ってきます。大きな声で檄を貰いましたが、私の反応が鈍い。しかし目標タイムを1時間24分に設定している師匠とここですれ違えるとは私も成長したものだと思いました。


苦しい上り坂をこのタイムでクリアしてここからスパート。そう言えばチームの朝練で折り返し地点の三角コーン(コーンというには巨大ですが)をどう回るか?という話になって一人が手に触れながら回ると言ったのを思い出して私も手を触れながら周りました。本当は左を見れば辰巳ダムも見えるはずですが、折り返すと右から坂を上ってくるランナーが視界に入ります。


当然折り返して来た師匠の位置から判断してかなり速めに走っているはずと思いきや。折り返して直ぐに友人のY氏と私の鎖骨骨折の治療をして頂いたM医師を見つけます。えっ?速い。私がこんなに必死で走っているのに。


ここからの下り。スイッチを入れます。突撃モードへ!

13キロ3分57秒
14キロ4分02秒
15キロ4分07秒

目標の平均ラップが4分17秒ですからこの3キロでかなり稼げたはず。上り坂のピッチ走法から身体の真下で強く蹴り後ろにいった脚を前に早く戻すことを意識して下り坂の走り方に変えます。昔こんなラップで走れなかった時はここで少し頑張ると前のランナーを次から次抜けたのに、今ここを走っているランナーは全員スイッチが入って飛ばし出します。私の横をかなりのスピードで走るランナー。おい君今まで相当ゆっくり走ってたんじゃないか?と文句をつけたくなるようなスピードです。

永安町の街の中に入りエイドの手前で同じジムのSさんが手渡しで梅干しをくれました。有難い。大きな梅干しを口に含みます。そして次のエイドで水を含みますが水がうまく入りません。コップを左の路上に放り投げて前を見ると右奥歯の歯茎の辺りに梅干しの肉が引っかかっているのを感じます。これが口中に広がります。あ~~水飲みたい。と思ったのですがかえってこれが良かった。朦朧とした意識が戻ってきました。目が冴えます。前を真っ直ぐに向くことができました。


折り返してから多少の順位の入れ替わりがあったでしょうか。前のランナーを抜いたり後ろから抜かれたり。そして最後の難関の永安町の坂にかかります。ここの坂の前半はさほど急ではないのですが、右に折れた所から斜度が強くなります。


暫く前から女性のトップランナーを10メートルほど先に捉えていて、彼女のとったコースを追っかけます。どちらかというとセンターラインよりの直線的なコース取り。何とかこの坂を上り切りラップは。


16キロ4分11秒。昨年がここに20秒かかっていたので上出来です。


上り切ったらあとは下るだけ。ここから下りに見えるか平地に見えるかはその時の調子次第。それで今日は・・・微妙な下り。ラスト5キロ。日頃の練習だと5キロなんてあっという間。ラストスパートです。


前に女性ランナーも含めて4名程が固まっていました。少しずつその固まりもバラバラに。皆ほぼ同じペースで走っているので身体はしんどいし、スピードもそこそこ出ているのですが動きはスローモーションのように見えます。


このあたりで確か女性ランナーを抜いたはず。多分。


17キロ4分15秒
18キロ4分06秒


ここで誤算が。先ほどのエイドでうまく給水できずに城下町ハーフの時は錦町辺りで最後のエイドがあったので、もう一箇所あるつもりでそれを期待していたのですがエイド無し。喉乾いた。と言っても後の祭り。


この地点で意識したこと。最後にゴールして悔いが残ったらいけない。悔いが残らないように走るにはとにかく一歩一歩を大事にすること、惰性で走らない。今の右足次の左足、それぞれ足に意識を集中して確実にしっかりと蹴っていく。それだけを考えて走るようにしました。


前の集団をかわして更にスピードアップ。石引の商店街に入るとあと2キロ。ここでチームのSさんが応援してくれている。応援してくれているけどうまく応えられません。昨年30分23秒だったこの23秒のうちの何秒かはここで咳き込んで立ち止まったのもあると思います。今日は大丈夫。


更に大学病院前にはまたチームのメンバーが黒板に応援メッセージを書いて立っててくれている。本当に有難い。でもちゃんと応えられたかは微妙。とにかくきつい。今までの走ってきた1キロ2キロの距離はそんなにも遠く感じないのに。商店街に入ってからの2キロはとにかく長い。


ラスト1キロ。時計を見た。5分かかったとしても30分切りできる。ここで前方には二人のランナー。一人は白っぽいランナー、一人は黒っぽいランナー。


先ずは黒っぽいランナーを左から抜き去る。抜き去ったつもりが黒いランナーがまた更に私の前に出る。私の前に出た瞬間そのランナー


「ブログ見てます」


マジですか???(笑)ラスト1キロでブログの読者に会えるとは。

19キロ3分58秒
20キロ3分58秒
21キロ3分59秒

私の頭の中には何としてでも30分を切るだけ。


そこで黒いランナーに「頑張りましょう30分切れる」と言って走り出します。1度や2度お互いに前へいったり後ろへ行ったりしたと思います。

抜き返される前g

商店街のメンバーがその時の写真を送ってくれました。この時は数メートルリードをしていたのですが。(死にそうな顔ですみません。実際死にそうだったのですが)

そのうち黒いランナー自らに気合を入れるためか自分の頬を何度か叩き出します。その気合に負けました(笑)いやその気合についていきました。白いランナーはどこにいったのか覚えてません。後ろにいったのか、更に我々より早く前に行ったのか。


兼六園にぶち当たり左に折れます。緩やかな下り。商店街のメンバーやチームのメンバーが応援してくれてます。が意識は朦朧としています。

ラストスパート

完全に顎が上がっています。とにかく苦しい。黒いランナーに抜かれてしまいました。このままの順位で最後の直線を走り切ります。お互いに力尽きてたと思います。ゴール後は膝に手を置いて暫く動けませんでした。握手をしてゼッケンのチップを回収して貰います。


この写真を撮ってくれたチームのメンバーに後から聞くと「30分切れる~」と叫びながら走ってたらしい。実は覚えてません。


娘が通ってた小学校の時からよく知っている女子高校生が陸上部に入り今日はお手伝い。たまたまゴール後のゼッケンのバーコードを読み取る係になっていたので、笑顔の彼女の所までフラフラと歩みより時計を見せて30分切ったと言いましたが多分彼女は意味が分からなかったでしょう。


先にゴールした師匠の元に行き30分切ってゴールしたことを伝えがっちりと握手。


5キロのコースに出走し先にゴールしたチームのメンバーと一緒に記録証の発行をしてもらいました。

2012hyakumangoku_kiroku.jpg


正式タイム1時間28分48秒やりました。今回はできるかどうか本当に自信のない挑戦でしたので、宣言することが本当にプレッシャーでした。レースの展開も最初から飛ばさなくては絶対にこのタイムでは走れないタイム。上り坂でラップが上がらない時は本当に諦めかけてましたが、最後まで粘って頑張って良かった。しかし77番と言ってくれたおじさん。あの場所からゴールするまでに3番しか上がっていないのですね。この辺りのタイムを走る人はやはり速いというか私が上げたペースと同じように上げてきているのが分かります。


記録証の発行をしていると先ほどのランナーと一緒になりましたので、ツーショットを。

runner_hyaku.jpg

いい顔してます。お互いに(笑)


その後主治医のM先生と一緒に。もしかすると初めてハーフで先生よりも前にゴールしたかも。

doctor_m.jpg

実は上から下まで全く一緒のコーディネート。たまたまなんです。私がここのお店ウエア豊富に揃っているよとお伝えしたお店で購入されたのですが、まさか同じウエアを購入されたとは思いませんでした。勿論事前情報はありませんのでただの偶然。

シューズは・・・私が真似しました。と言ってもこのウエアに合うシューズを選ぶと黄色しかないのですもの。


その後次から次ゴールしてくるチームのメンバーを迎え最後は全員で記念撮影。

zentai_hayaku.jpg

レースが終わり。この日撮った柏原竜二選手の写真2枚を「山の神」そして私のゴール後の写真を「街の神」として長女の携帯にメールで送ると。「うける~~」と一言。街の神頑張りました。

【お知らせ】

「チーム金港堂」では楽しく走れるメンバーを募集しております。条件は特にありませんが、積極的にランニングを生活の一部として取り入れている方。積極的にレースに出走される方。駅伝等にも出ております。また毎日曜日に朝6時より朝練をやっております。

この日の夜は21人も集まっての打ち上げとなりました。来週の珠洲まで身体を休ませようと思っております。


マラソンに全く興味のないブログの読者の皆様2日続けてのマラソンブログにお付き合い頂きまして本当に申し訳ありませんでした。明日からはまたしっかりやりますので、宜しくお願い致します。本日は有難うございました。

↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2012年10月16日

ERMENEGILDO ZEGNA エルメネジルドゼニアのシックな小紋タイ

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。
ブログランキングのバナー

一昨日のマラソンのブログを昨日書き終えて一段落ついた私です。ただ今週末のウルトラマラソンは多分5日くらいの連載になると思いますので、皆さん覚悟をお願いできればと思います。

さて既に紅白歌合戦の司会の発表がありました。紅組は女優の堀北真希さん、白組は3年連続で「嵐」今年も無事年末を迎えられますように。最近歳を越せるとほっとします。昨年はまだ40代だったのですね。月日が経つのは本当に早い。人生は本当に短いのであろう。と思っております。

人生は短くてもネクタイは長いです。

2012awzegna_n1.jpg

ということで久しぶりのゼニヤのネクタイのご紹介。

2012awzegna_n2.jpg

ゼニヤらしくシックな小紋のネクタイです。

2012awzegna_n3.jpg

こちらはブルー。細い糸でしっかり織られているのでまるでプリントのように見えますが織ったネクタイです。触った質感やボリュームは流石といった印象。

大剣巾8センチのスリムなシルエットのデザインです。

色違いはピンク。ベースは黒に近いネイビー。ピンクとのコントラストがネクタイ自体の印象を強く出しています。


2012awzegna_p1.jpg

質の良いネクタイをしていると品もよくなって見える。

2012awzegna_p2.jpg

お前が締めろという感じですがこれは売り物です。是非ご購入を。

2012awzegna_p3.jpg

 ■ ブランド   Ermenegildo Zegna 
 ■ 生産国   イタリア
 ■ 素材   シルク100%
 ■ プライス    19,950円 30%OFF→13,965円 
 ■ カラー   ブルー/ピンク
 ■ サイズ   大剣巾8センチ 全長約150センチ
【おかげ様で完売しました】


↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2012年10月17日

出張でした。

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。
ブログランキングのバナー

本日は大阪出張でした。

ソックスの仕入れでしたが男性用のソックスも多岐に渡るようになりました。高機能をうたうものが多いですね。特にスニーカーソックス。クールビズ対応用品。

サンプルで頂いたのがこちらのソックス。女性のストッキングのような素材編み方で作られたものです。

socks10.jpg


あまり素材や機能だけでファションを作り出していくと。あの日本で一番売れているアパレルメーカーのユ◯◯◯さんみたいになてえしまうので。ファッションの本質はむしろデザイン性やカラー美しさで勝負して欲しいと思いました。

最近は機能で優れるスポーツ用品がファッション性を持ってきているので、そのうちカジュアルが全てスポーツファッションになるのではないかと心配してる訳です。頑張れ日本のアパレルメーカー。


帰ってきてすぐにジムに行き5キロジョグ。お風呂に入りゆっくりして帰ってきました。


ジムのラン仲間から頂いたもの。

present10.jpg

珠洲のウルトラに向けてサプリなどなど。必ず完走してきます。有難うございました。

今日は疲れました。そろそろおやすみなさい。


↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2012年10月18日

そろそろ秋物のご用意を。

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。
ブログランキングのバナー

あっという間に珠洲のウルトラマラソンも数日後になりました。準備はまだです。今日は先週のハーフの疲れとりに身体のメンテナンスに閉店後行ってきたいと思います。いわゆるマッサージ♡

私の通うジムから15名のランナーが参加、チーム金港堂からも5名(一部ジムと重なっていますが)が参加ということで、無事完走できるか?それだけが心配でございます。


実はマラソンは走るだけで良いかと申しますと体幹を鍛えないとフルの42キロは最後まで姿勢を維持できないのであります。つまりは腹筋背筋を鍛えるということですが、現役の時女性ランナーでありながら腹が割れてたという高橋尚子さんの腹筋トレーニングの動画がありましたので。

マラソンをやっている方頑張りましょう。


ところで急に冷え込んだ金沢でございます。「今から飲みに行くのだけど寒くって」と言っていきなり店に入って来られてベストをご購入頂いたお客様もいらっしゃいました。そうですもう寒いのです。


2012js_a_lg1.jpg


以前にご紹介させて頂いた時は時期尚早だったのかも知れません。今が買い時でございます。Jhon Smedley ジョン・スメドレーのハイゲージのアーガイルセーター。如何でしょうか。


詳細はこちらに。

http://www.kinkodo.jp/blog/2012/10/04.html

そろそろ冬支度ですね。皆さん用意は宜しいでしょうか。


↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2012年10月19日

Johnstons(のリバーシブルカシミヤミックスマフラー

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。
ブログランキングのバナー

本当に寒くなってきました。必要ありません?マフラー?


マフラーってアクセントにもなるのですが、同系色でまとめるのも綺麗。例えば。。。

Pinterestからシュアした画像ですが。この方の場合は髪の毛の色合いも同系色だから更に素敵。当店のマフラーもちょっと同系色でコーディネートしてみました。

johnstons_blue_navy1.jpg

ブルー・グリーンのカシミヤのセーターにJohnstonsのカシミヤミックスのマフラーを。このマフラーリバーシブルなので、反対にすると。

johnstons_blue_navy2.jpg

ネイビーを表に出すとアクセントになります。どの色をどれくらい出すかが腕の見せどころ。

そしてこちらの色も。

johnstons_black_pink1.jpg

ピンクのセーターにピンクのマフラーなのですが、こちらはアクセントにブラックを。こちらも反対にしてみると。

johnstons_black_pink2.jpg

こんな感じに。これは黒のジャケットやセーターにピンクをアクセントに付けるような締め方の方が良いかも知れませんね。


それぞれのストールの詳細を御覧下さい。

johnstons_blue_navy3.jpg

Jonstonsのブランドロゴを写したものです。素材はカシミヤが53%そしてウールが47%。

全体を見ると。

johnstons_blue_navy4.jpg

こんな感じです。


ネイビーの方を中心に撮ると。

johnstons_blue_navy5.jpg

そしてピンクの方はと言うと。

johnstons_black_pink3.jpg

ブルーの方とほぼ同じ角度で撮ってみました。

johnstons_black_pink4.jpg

こちらもJohnstonsのブランドロゴです。そろそろご準備を。しかもカシミヤ53%でこの価格14,700円

johnstons_black_pink5.jpg

 ■ ブランド   Johnstons ジョンストンズ 
 ■ 生産国   スコットランド
 ■ 素材   カシミヤ53%ウール47%
 ■ プライス    14,700円    
 ■ カラー   ブルー・グリーン×ネイビー/ピンク×ブラック
 ■ サイズ   巾約25センチ 長さ180センチ

【おかげ様で完売しました】


↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2012年10月20日

能登半島すずウルトラマラソンに出発します。

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。
ブログランキングのバナー

本日午後から珠洲に向けて出発します。「能登半島すずウルトラマラソン」に出走のためです。


本来であれば土日で繁忙期でありながら店を不在にして申し訳ありません。

suzu_gate.jpg

このゲートに必ず帰ってきたいと思います。


今年株式会社金港堂は創業80年を迎えます。私今年50歳になりました。そして100キロ完走して記念にしたいと思っています。


勝手を言って申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。


またパソコンを持たずに出かけますので場合によっては明日ブログの更新ができないかも知れません。そのようなことがないように努めますが。もし更新がなければお許しをいただければと思います。

それでは力の限り頑張ってきます。よろしくお願いいたします。

↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2012年10月21日

能登半島すずウルトラマラソン完走しました(^^)v

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。
ブログランキングのバナー

無事戻ってきました。


タイムは12時間6分55秒でした。


帰りのバスの中でiPhoneから投稿しているので文だけで申し訳ありません。また明日改めてご報告できればと思います。土曜日の午後と日曜日一日不在にして申し訳ありませんでした。


明日元気に出勤します。階段上がれるかは微妙ですけど(笑)

suzu_gate.jpg

このゲートに戻ってこれました。有難うございました。詳細はまた明日書かせて頂きます。とにかく帰って疲れを癒したいと思います。

皆さん応援本当に有難うございました。

↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2012年10月22日

完走記念セール 能登半島珠洲ウルトラマラソン完走記(その1)

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。
ブログランキングのバナー

昨日無事能登半島すずウルトラマラソンを12時間6分55秒で完走してきました。応援頂いた皆さん有難うございました。


私このウルトラマラソンにはマラソンを走るという意味以外に特別なことを思っておりました。


当店は1932年創業。本年で丁度80年となります。本来であれば大きなイベントも考える必要があるのかも知れませんが、100年までの通過点とも考えております。ちょうど私が今年50歳。そして100キロを走ることによって自分としての区切りと申しますか節目を持ちたかったというのもあります。


今回無事ゴールをして、ささやかでも何かしたいと思いました。100キロマラソンは走ったことがなければその感動や走ることの意義を感ずることができないと思います。シャツも良い生地で作った質の良いものをご着用になって頂ければ、体験して頂ければその良さを分かって頂けるかと思いました。あまりこういうことは本来では好きではありません。ちょとしたことで記念にセールをやるなんて。そんなお店多いです。しかし今回は前もって用意することは不可能な企画ですのでお許し頂ければと思います。と言うのは完走できるかどうか?それは私本人にも分からなかったのです。


急ですので在庫の関係もあります。色柄物ですと沢山の御注文に応えられないと思いますので、今回イタリア製の白の生地だけを20%OFFにてご提供させて頂ければと思います。


ウルトラマラソン100キロ完走記念 

10月23日(火)~11月1日(木)の間に御注文頂いたお客様に限りますが以下のようなプライスで。

kanso_kinen.jpg

1)カルロ・リーバ ポプリン 
http://www.kinkodo.jp/shirting/brand/carloriva/m0213.html

2)カルロ・リーバ スーパーリバ(170双綾織)
http://www.kinkodo.jp/shirting/brand/carloriva/m0408.html

3)カルロ・リーバ リシオ(180双)
http://www.kinkodo.jp/shirting/brand/carloriva/car180.html

  特別プライス ¥42,000-→20%OFF ¥33,600-

4)デビッド・ジョン・アンダーソン(200双)
http://www.kinkodo.jp/shirting/brand/david/d200.html

※デビッド・ジョン・アンダーソンのみ生地の入荷が少し遅れそうです。現在ある在庫がなくなれば少しオーダーに時間を頂戴する場合がございます。ご了承頂ければと思います。

  特別プライス ¥31,500-→20%OFF ¥25,200-

5)トーマスメイソンゴールドライン(140双)
http://www.kinkodo.jp/shirting/brand/tohmasmason/t140.htmll

  特別プライス ¥26,250-→20%OFF \21,000-

6)アルモブロード(170双)
http://www.kinkodo.jp/shirting/brand/alumo/170.html

  特別プライス ¥26,250-→20%OFF \21,000-

インターネットでの御注文の際には備考欄に「ウルトラマラソン完走記念セール」と記載を頂ければ上記の金額でお納めさせて頂きます。

ご来店の際にはメルマガ見たよとお伝え頂ければと思います。


少しでも多くのお客様に良い素材でシャツをお作り頂ければと思い今回1週間ではありますが、特別プライスでご提供させて頂きました。ウルトラマラソン完走の感動がシャツで表現できるか分かりませんが
是非この機会にご利用頂ければ幸いです。宜しくお願い致します。


もし良ければ完走記もお読み頂ければ幸いです。

 
【能登半島すずウルトラマラソン完走記(その1)】


チーム金港堂のメンバーの一人がこのウルトラマラソンに深く関わっていてあれだけ頑張っているのであれば走ろうかな?と思ったのがきっかけと言えばきっかけ。


もう一つに今年ノーベル文学賞を逃したものの、今日本で一番支持されている作家村上春樹氏の書いた「走ることについて 語るときに 僕の語ること」という本の中にサロマ湖ウルトラマラソンのことが書いてあり。村上氏はウルトラマラソンを一度だけ走っていることを知り。私も一度だけでいいから走ってみたい。という気持ちになったのがもう一つ。


そして先にも記しましたが、本年区切りの50歳。創業80年。そして100キロ。今年走れば区切りになるかな。という気持ちもありました。


私は言い訳して走るのは嫌いです。よく完走できないかも知れない。と言って走る人とか、あそこが痛いからとか、理由を付けてまずはダメだった時の言い訳を先にいう人。と言ってもビジネスのことを言っている訳ではなくランのことですが。まぁビジネスにも共通するかも知れないけど。走るならばやれることを全てやって走る。結果が悪くても良くても誰も何も言わないですし。多分今回完走できなくても悔しいのは自分だけで誰もなんとも思わなかったかも知れません。


終わったからあえて言いますが、結構身体はボロボロでした。やはり骨折の後に再度転倒し炎症気味の肩。変な動きをすると痛いです。それと咳喘息みたいになっており。強く咳をしたものだから左胸の筋がおかしく痛みもある。でも走れば忘れるような程度のもの。1週間前のハーフの疲れ。ただ1週間前にうまく走れてたので痛みがあっても走っている時は感じないことも知っていました。


その中でも最善を尽くすべく、1週間はほぼ完全休養とし走ったのは水曜日に5キロのジムのトレッドミルでジョグをしたのみ。ジムからも私を含めて15名のウルトラマラソンの参加者がいるようですが、ほとんどが60キロ。皆で情報交換をし、来たるべく日を迎える気持ちを整えます。木曜日に身体のメンテナンスをしてもらいにマッサージを受け。とにかく疲れをとって当日を迎えるようにしました。


レースに向けて月曜日にビールは飲んだものの、アルコール抜き、そしてカフェイン断ちを致します。何でも気休めです。何かを止めないと絶対に完走できないのではないかという恐怖感です。


出走を決めて5月に50キロ走ってみました。走れるかどうかを試してみたのですが、最後ちょっと歩きは入ったものの何とか走りきりました。その後の鎖骨骨折。そして復帰してからの9月末の60キロ走。これも52キロ地点から歩いてしまいました。かなり不安でした。


それでも、黙っててもレースの当日は来るものです。前日受付とスタート地点が珠洲であるにもかかわらずとっている宿が輪島のビジネスホテルでもありましたので、1時に金沢駅を出発のバスに乗り込みます。12時半まで仕事をしていて最後の伝票を書き終えて「生地貼っておいて」と言い残し大きなバッグを持って駅までのバスに乗り込みます。


何とか間に合って珠洲までのロングドライブ。次の日は2時起床でしたので、就寝は8時頃にはしないと十分な睡眠時間は確保できない。となるとバスの中で寝たのでは夜は眠れないかも?と思い我慢はしてみたものの。うとうとと。


アナウンスで会場に着いたことを確認。

suzu_uketuke.jpg

受付をすませて明日のゼッケン等を頂きます。それから説明会。

miyamoto_ana.jpg

チーム金港堂の彼がこのレースの全てをし切っています。彼もランナーだけあってランナーとして気持ちのこもった説明でした。ウルトラをどのように楽しむか。彼なりの思いも喋ってくれてます。

説明会が終わり再度バスに乗り込む前に撮影。

suzu_geto.jpg

無事にこのゲートに戻って来れるのか?本当にゲートに戻ってこれたら幸せだろうな。と思いホテルまでのバスに乗り込みます。


バスは60キロのコースとなる大谷峠を通り輪島の方へ。噂には聞いてましたがこんな急坂をランナーが走るのか?というような坂。そこを抜けると日本海です。私が明日走るであろう海沿いのコースをバスは走ります。恐らく5時過ぎくらいだったような気がしますが、もう日は落ちかけてました。

hi.jpg

穏やかな海にゆっくりと落ちる夕陽。できれば日が暮れるまでに明日ゴールしたいな。と思いながら海辺を見つめながらホテルに向かいます。もし明るい内にゴールするとなると夕方5時までには入りたい。となると12時間でゴールしなくてはいけません。果たしてできるのか?不安でいっぱいでホテルに入りました。


すみません。そろそろ閉店時間になったので、またこの続きは明日。ゴールに着くまでは何話書かなくてはいけないのか?(笑)


↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2012年10月23日

完走記念セール継続中 能登半島珠洲ウルトラマラソン完走記(その2)

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。
ブログランキングのバナー

完走記念セール

引き続き完走記念のセールを行なっています。この機会に是非。


すみません時間がなくて今日は短いかも。スタート地点にいつ立てるのだろう(笑)


【能登半島珠洲ウルトラマラソン完走記(その2)】

バスに乗って今日泊まるビジネスホテルまでの移動なのですが、途中でコンビニに寄って頂けました。起床は午前2時予定。となると朝ごはんは用意しないといけない。バス二台に乗り込んでいるランナーがいきなり輪島のコンビニに入っていきます。私が入った時は既におにぎりなど棚に残ってませんでした。取り敢えずお決まりの赤いきつねを買い込み。今後お米が手に入らないことも想定してアンパン、そして早朝目が覚めるようにと「メガシャキ」を購入。レース直前に口に入れようと思い大福を買い込みました。


ホテルに入りチームのメンバー二人と食事。夕方6時なのに輪島の街中は暗いです。途中で持ち帰りの寿司屋さんと弁当屋さんを見つけたので太巻きやらおにぎりを購入。


どこかでご飯を食べなくてはいけないので「能登丼」と書いてあったお店に入店。お刺身定食を注文。

notosashimi.jpg

ピンボケですみません。サザエのお刺身が美味しかった。カウンターに座る一人の男性。明日ウルトラマラソンを走る話をしているのですが、見ると生中2杯を平らげてました。なんとタフな。私は1週間酒絶っているのに。

宿に戻って明日の用意です。74キロ地点で着替えられるので渡されたゼッケン4枚のうち2枚をチームTシャツに付けました。ゴールはこのTシャツを着てテープを切りたいと思いました。

zyunnbi.jpg

8時に寝ても午前2時の起床を考えると6時間。結局ベッドに入ったのが8時半。アラームを夜中の2時にセットします。

ararm.jpg

アラームをセットして寝ましたが、午前2時を解除するのを忘れました。次に使う宿泊者は変更して下さいね(笑)


8時半に寝たことありません。多分入眠したのが9時頃。最初に目が覚めたのは9時半。早すぎ(笑)その後も寝られました。次に目が覚めたのは12時55分。結構熟睡できました。しかし1時間後には起きなくてはいけない。私その間の1時間寝ました。2時のアラームとともに起きました。

慌てて用意をし、出かける準備、気がつくと集合時間まで5分。慌ててホテルの自室を飛び出しました。


今日もこんな時間となりました。明日こそスタートしたいと思います。ごめんなさい長くなって。

↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2012年10月24日

完走記念セール継続中 能登半島珠洲ウルトラマラソン完走記(その3)

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。
ブログランキングのバナー

完走記念セール

引き続き完走記念のセールを行なっています。この機会に是非。もう何枚ものオーダーを頂いております。期間が短いので是非。多数重なりますと納期に少し余裕を頂く場合もございますがお許しを頂ければと想います。


【能登半島珠洲ウルトラマラソン完走記(その3)】

さて、そろそろスタートしたいと思います(笑)


バスに乗り込みはしましたが、不安なことが一つ。減量化作戦に失敗していること。いわゆる(大)途中でもようしたとしても、長い距離でもあるしトイレも沢山あるだろうと自分に言い聞かせます。


バスには昨晩遅くにホテルに入ったM女史が先に座ってました。横の席に座らせて頂いて作戦タイム。キロ6分や6分10秒などラップによっての100キロのタイム表を頂き、目安を決めます。ただこれが実際走ってみるとそんなうまくいくはずがないことが後で分かります。


1時間ちょっとバスで移動して会場に着きます。会場内では既に着替えたり73キロ地点のエイドで渡される荷物を準備したりしています。ここで0師匠と一緒になり私たちも準備。ここで減量作戦にと思いましたがトイレは長蛇の列、既に4時になっていて準備をしていたらあっという間にスタート時間になることを考え諦めます。


ジムのメンバーとも会いました。ほとんどが60キロエントリーのランナーなのですが、Y氏と入り口辺りで遭遇。何となく顔が腫れぼったいような。聞くと一睡もできなかったとのこと。私の方が神経が図太いみたい。レース前の1時間などあっという間に過ぎていきます。荷物を預ける直前に眠気覚ましの「メガシャキ」を口に含みました。今から100キロ走るのだという興奮と恐怖とそしてこの日を迎えられたという喜びを持ってスタート地点に向かいます。スタート地点の体育館横にある簡易トイレもいっぱいでしたのでコース途中でトイレに行くことにしゲート前に並びます。


アミノバリューのメンバーや知り合いのランナーとエールを交換し10分前のアナウンスを聞き、スタートの時を待ちます。グローブはしていませんでしたが寒くはありません。事前の予報だと8度くらいだったのが直前に10度を上回る予報に変わっていました。逆に暑くなり過ぎないことを祈っていました。


「エイエイオー」を3回全てのランナーで繰り返し、号砲が鳴ったかどうかも分からないうちに皆走り出します。目標はタイムではなく、完走が目標です。必ずラップは落ちてきますので、最初はキロ6分から6分10秒を目処に走り出します。単純に6分で走ってエイドでの休憩や食事等を考えなければ10時間。後半のラップの落ちも考えて12時間前後のゴールが目標です。12時間走となるといつも使っているガーミン(GPS時計)の電池は持ちませんので普通のランニングウォッチ。距離表示が5キロ毎なので5キロ過ぎないとスピードが分かりません。


スタートして暫く周りのスピードについていきますが、ちょっと早くない?という体感スピード。皆こんなスピードで走って本当に100キロ大丈夫なのか?それとも私が遅いのか?少し不安を抱きながら進みます。全員が配布された蛍光のタスキを付けて走っています。警察の赤色灯やボランティアの誘導の車のライトに照らされて何本ものタスキが暗闇の猫の目のように光ります。


5時過ぎという早朝にも関わらずしかも真っ暗な中自宅から家族全員が出て拍手を送ってくれる方々もいます。「行ってきます」と声をかけ100キロの長い道のりの1キロを通過。空を見上げると満天の星。オリオン座がとても奇麗に見えます。暗闇ですので本当は足下を気にしなくてはいけないのですが、私だけ空を眺めて走っています。暗闇に響くのは多くのランナーのシューズの擦れる音だけ。


5キロも走らないうちに薄らと夜があけ始めます。最初の5キロのラップが33分26秒。かなりかかっています。私自身はそこそこのスピードで走っているつもりなのに、なんとか6分に戻したいと思いペースを考えます。5キロ地点での最初のエイド。ここでアミノバリューを頂き、順調に足を進めます。このエイドでトイレがあったのですが、そこには入らずそのまま進みました。


前方に信号が見え赤信号でランナーが止められているのを見て、どうせ止められるのであればとその手前のコンビニに入ります。「トイレ貸して下さい」と一言言って入ったのですが、2つあるトイレは既に入ってました。しかも二人とも減量化作戦実施中。私は小の方だったのですが、これがなかなか出てこない。私の後ろには女性のランナー。トイレの片一方は男性用、もう片一方は男女兼用となっていたので、先に男女兼用の方から出てきたのを見て女性に譲ります。もう限界(笑)ようやく出てきてくれました。


僅かな減量を済ませ外に出ると、知り合いのランナーが3人。お互いにエールを交換し握手をして信号を渡り私はちょっと先に行かせて頂きます。ちゃんと手は洗って出ましたのでご安心を。


ここからは見附島までペースをキープします。石川県に住みながら見附島を見るのは初めて。その手前で60キロを走る主治医のM先生とすれ違い声を掛け合います。見附島にもエイドがありましたがここはアミノバリューのみ。やはりカメラかiPhoneを持って出ればと後悔しましたが、見附島にある「縁結びの鐘」を鳴らして。折り返します。Youtubeに動画がありましたので拝借。

トイレの遅れを取り戻そうとちょっとペースを上げながら進みます。多くのランナーとすれ違いながらまた歩道を走ります。まだまだ沢山のランナーを見ながら走りますが。トイレに行っていたので、私が先に出たものの追いつくような形になりチームのSさんと一緒になります。暫く並走しながら先に行かせて頂きます。


ここでまたアクシデント。先ほど行ったばかりなのにまた行きたくなりました。12キロのエイドは先ほど通過したエイド。いわゆる見附島を拠点として折り返していますので、再度このエイドを通過することになります。トイレがあることは知っていますが、反対車線。誘導を受けて2つある簡易トイレに入りました。ほぼ待つこともなく入れたのですが。なぜにこんなにトイレに?と不思議に思ったのですが、ここで閃きました約五日間のカフェイン抜き。そして出走前に飲んだ「メガシャキ」利尿作用が大きく働いたようです。


コースに戻ってまたSさんに追いつき。2回目のトイレに行ったことを告げまた先に行かせて頂きます。私はトイレに行きました。が、ちょっとコースから外れて用を足しているランナーを発見。このレースゼッケンは年齢順。私は50歳にして131番。その方は10番台でした。年齢のこともあり仕方がないか。と思いましたが、コースに戻ったそのランナーと並走します。奇麗なピンクのTシャツにピンクのシューズを履いてましたので、奇麗ですねと声をかけると「歳だからね。」と返事が来ました。ウルトラマラソンは何度か走られているのですか?と問いかけると7〜8回かな?年齢は60歳を超えておられました。私が初めてだと告げると最後にラケット道路があるからね。昨日下見で車で通ったけど後半はいかに歩きをうまく入れるかだね。とアドバイスを頂き、先に進ませて頂きます。

10キロのラップが1時間8分。8分近くトイレに使った計算です。コンビニの分を入れるとそんなものでしょう。


折り返してますのでスタート地点の街中に入ってきます。送り出してくれたボランティアの方から再度エールを貰い。ここからが本当にマラソンです。八太郎峠に向かう山道に入って行きました。


私の前をリュックを背負ったランナーがゼッケンを折畳んだようにリュックに貼付けているのですが、それが「1」に見えます。本当だとしたら最高齢の70歳を超えているランナー。右横から坂の途中で先に失礼しましたが何となくオーラがあり声をかけられませんでした。


その50メートルほど先に赤のランシャツとランパンだけで走っているランナーが。このランナーも60番台で私よりも年齢が上。「ランシャツ、ランパンで元気ですね」と声を掛けると「この方が走りやすいから」との返事を頂き、先ほどの「1」のランナーの話に。この方はすれ違い時に声をかけられたそうです。何と70歳を過ぎて今までに走ったウルトラマラソンが112回とのこと。もし年に4回走ったとしても28年かかります。私の年齢だと・・・ただただ驚いて暫く並走した後先に行かせて頂きます。


15キロ地点のラップが1時間37分49秒。キロ6分で走れています。20キロのラップが2時間7分5秒。順調にキロ6分を刻み。トイレの7分だけが出ている感じ。僅かですが戻しましたペースはまぁまぁです。

さて20キロを過ぎてから60キロのランナーと100キロのランナーと二又で分かれます。60キロはここから大谷峠という難関に挑みます。その手前のエイドでジムのウルトラマラソンに何度も出走しているOさんと出会います。ひと月前にウルトラマラソンを走ったという強者ですがその時のダメージがあるとのことで痛み止めを飲んでいる所でした。ここのエイドでは既にエアサロンパスをかけているランナーもいたりと残り80キロもありながら大丈夫かな?という不安な気持ちになりました。ここで100キロのルートを。20キロ過ぎてから右に曲がるのが60キロのルート真っ直ぐに行くのが100キロのルートです。

suzu_root.jpg

60キロの大谷峠とは違いますが、こちらも峠。

suzu_kotei.jpg

ここからいきなりアップダウンが続き八太郎峠まで200メートルのアップダウンが続きます。ここからは人も少なくなり前後に10人程度。ほぼ同じペースですが、上りは得意な方。まだ元気ですができるだけ脚を使わずに走ります。いわゆる蹴らない。足を置いていくだけ、手も若干下げて前後に振るのも大きくしない。ペースはキロ6分ペースでとにかく力を使わないように維持します。

25キロ地点アップダウンが続く丁度半ばくらい。タイムは2時間38分50秒。オリンピックランナーであれば既にフルマラソンをゴールしている時間。しかしフルマラソンだったらこんなコースはあり得んなと思いながら走ります。


この辺りだったと思います。赤に白のドットのスカートを履いたディズニーのキャラクターのコスプレランナー。男子としてやはり追いつきたい。頑張って追いつきました。抜き際にちらっとお顔を拝見。私よりも明らかに年上の女性ランナーでした。声もかけずに抜き去りました。


しばらく走ると知人のランナーの応援に来たのでしょう。寿司居酒屋◯◯◯。◯◯君ガンバレ!と書いた大きなフラッグを山の中に立てています。私達にも拍手でエールをくれます。ここを超えたら頂上だから。苦しい坂もそろそろ終わりか?と思い少し安堵しましたが、その情報は間違っていました。その後2回アップダウンが続き、最終的にアップダウンが終わるのが40キロ過ぎ。20キロは山の中を走っていた計算。


山の中で雨がメガネを濡らしました。まずい濡れたくないと思うと今まで前方左側を走っていたランナーが右側に一斉に移動します。右側は木々が生い茂り雨を防いでくれました。有難い。丁度雨が降っている時は私のスピードでは山の中だったので雨は降ったものの被害は少なかったようです。

36キロのエイドではオレンジを切ってくれていました。幾つか口に含みましたがこれが美味しい。沢山食べていって、と有難い言葉。エイドのおばちゃん(失礼)本当に温かい言葉をかけてくれます。


また山の中で私設エイドがありました。3人ほどで運営されてましたが、珠洲の柚餅子や今冷蔵庫から出してきたようなスポーツドリンクを出してくれます。そして嬉しかったのがカステラ。これはうまい。甘くて口の中で溶けていきます。エイドのカステラはいいですよ。来年は是非全てのエイドに置いて下さい。


ここでトラブルが。実はフルマラソンを走った方は当たり前のようにご存知だと思いますが、乳首が長距離を走るとウエアで擦れて痛くなったり、ひどい場合は血さへ滲みます。出走前に絆創膏を貼っていたのですが、たまたまゼッケンを付けてあるゼッケンフォルダが右乳首の上に。これが擦れて絆創膏が外れてきたのです。外れた上にゼッケンフォルダが乳首に擦れて痛い。


途中のエイドで絆創膏ありませんか?と聞くと、おそらく自宅前がエイドになっていたのでしょう。自宅に絆創膏を取りに行こうとします。「ここにないならいいです」と遠慮をし結局右乳首上に位置するゼッケンフォルダを走りながらずらしました(笑)剥がれかけた絆創膏を再度乳首の上に貼り。事なきを得ました。しかし走りながらTシャツから左手を忍ばせ乳首の辺りを触っていたので他のランナーは変に思ったことでしょう。


そろそろ千枚田に続く海の方に出るであろう?という位置でトップのランナーが走ってきます。速い、しかしこの辺りを折り返してくるランナーの顔は辛そう。大丈夫なのでしょうか?残り50キロもあるのに。


ようやく40キロまで来ましたあと60キロ。ブログあと何度更新すると100キロに到達するのでしょうか。今日はここで力尽きました。ではまた明日続きを。


とにかく思いつくままに書き続けました。誤字脱字もあろうかと思いますが、お許しを頂ければと思います。

↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2012年10月25日

完走記念セール継続中 能登半島珠洲ウルトラマラソン完走記(その4)

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。
ブログランキングのバナー

完走記念セール

引き続き完走記念のセールを行なっています。沢山のご注文で対応が遅れる場合がございます。申し訳ありません。期間も限られておりますが、よろしくお願いいたします。


またお客様から秋も深まりこれからの時に商品をアップしないのか?とお叱りも受けました。マラソンネタは早朝に書いて夜アップするという形をとっております。昼間もバタバタしておりまして写真を撮れておりませんでした。明日から頑張りますお許し下さい。


引き続きこれを楽しみの方もいらっしゃるようでお付き合いを頂ければ幸いです。


【能登半島珠洲ウルトラマラソン完走記(その4)】

ようやく40キロを過ぎました。後半20キロはアップダウンが続く峠走。八太郎峠と船木谷峠2つの峠を何とかクリア。もしフルマラソンのコースであれば間違い無くクレームが付きます(笑)


40キロのラップが4時間8分2秒ですから、この時点でもトイレ休憩を除くとキロ6分で着実に走ってきてます。とにかく省エネで走ってますし、一番恐い痙攣防止の為に耐えず塩飴を舐め、エイドでは、塩サプリを口に含みアミノバリューで流しこむ作戦。


省エネ走法とはいいつつも40キロを過ぎると痛みが出てきます。この時点では右の股関節に痛みを感じますが、他はまだ大丈夫。さて60キロ。


峠の急坂を下ると何となく海の雰囲気を感じます。家も建っていて恐らくこの町中を抜けると海であることが想像できます。海に出る前にO師匠と遭遇。良いペースだよ。と行って頂きましたが、その前後には女性のランナーも見えます。この時点で後でルートを確認すると師匠とは5キロ以上の差がついていることになります。速い!


程なくしてようやく海が見えました。ここからは海岸線を西に行き、千枚田までのルートです。前日輪島のホテルに入る際に千枚田の横を通りました。バスから見る印象は割りと小さい。というのが本当だったのですが、千枚田に上がるまでにはかなりの坂があったのも記憶しています。


既に千枚田を通過して折り返しのランナーもいることから、狭い道ながらかなりのランナーが行き来しています。42キロのエイド。ほぼフルマラソンを走った距離になりますが、そこではカレーが準備されていました。小さな容器に入ったカレーですが、早速一杯頂きました、何杯でもどうぞ。ということでしたが一杯だけ。確かリンゴもあったはず。カレーは明らかにレトルトの味なのですが40キロ走った胃にはこれで十分。エイドで、千枚田までは何キロですか?と聞くと聞かない方がいいと思うけど。と言いながらあと5キロと。その内訂正が入り。ごめんなさいあと2.5キロ折り返してまたここまでで5キロと聞いて安堵します。


リンゴをかじってゼッケン番号二桁の先輩ランナーと言葉を交わしながら、そしてリンゴをかじりながら歩き出します。近所の子供から「なんで歩いているの?」と言われ悔しくて「モノを食べながら走ったらいけないと言われたから」と答えて走り出します。大人げない(笑)


折り返しのランナーも含めて狭い道を交差しながら走ります。エイドを出てすぐにレース会場で頻繁に会うM君を発見。「ちょっとスピード違反」と冗談を言いながら笑顔で交差します。


千枚田までの長くゆっくりとした上り坂が続きます。坂を下ってくるランナーからもエールを貰いながら頂上を目指します。見ず知らずのランナーが声を掛け合うのもウルトラマラソンの良さじゃないかと思います。この辺りからウルトラマラソンの楽しみ方や魅力にとりつかれていっているような自分に気付きます。


千枚田の頂上まで来ました。131番通過します。と宣言をし頂上で一旦止まり千枚田を眺めます。やはりバスから見る風景とは違う。壮大さを感じます。ふと横を見るとエイドでもないのですが、男性から飲む?と言われてスポーツドリンクの提供を受けます。有り難く頂戴し下りへ。


下るのは楽です。登ってくるランナーにエールを送りながら下っていきます。ジムのO先輩とここでスレ違いますがちょっと具合が悪そう。心配になりましたが右手をちょっと上げて坂道を上がっていかれました。


先ほどのエイドまでの往復5キロを楽しみながらもう一度エイドに到着。もう一度エイドでドリンクを頂き、白い小さなブロックを見つけて、これは?と聞くとチーズとのこと。一口頂きました。塩味が効いてて美味しいこと。もう少しいいですか?と聞いていくつか頂きました。羊羹もあったのだけどね。でも早いうちに無くなったわ。と言うことでしたが、前に羊羹がなくなるほど沢山のランナーが行っているのか?とも思い驚きました。急ぐつもりはないのですが、皆頑張っているのだなぁとも。


エイドの女性にまだ沢山くるかな?と聞かれ、いや後ろにまだかなりいますよ。と答えると。足りるかな・・・買い出し行った方がいいのじゃないですか?と余計なお世話で話しかけると、にっこり笑って「街まで遠いのよ」とのこと。その笑顔に心が癒された気がしました。


トイレも済まし、私が出発しようとすると、前方からチームのM君が走ってきました。ここでの再開に強く握手。千枚田までもう少しとエールを交換し別れます。彼もいい調子きっとゴールするでしょう。千枚田の所で45キロを過ぎてましたから既にフルの距離を超えています。ただペースをキープしてたのと当たり前ですがフルマラソンを走るスピードではないので、割りと元気。しっかりとエイドも楽しんでるし、この辺りからタイムは別にしてウルトラマラソンを楽しもうと思ってきてます。


千枚田から折り返して来た私と、今から千枚田に向かうランナー。「もう少しでカレーですよ」と声を掛けながら走ります。しばらく走るとチームのSさん。年齢を言うと失礼ですが60歳を超えておられます。ゴールして欲しいと願いながらエールを交わしてすれ違います。


さて、平地も過ぎまた峠に向けて走り始めますが、降りてきた坂を見て愕然。ルートを案内してくれる人が左を指してくれます。こんな坂を降りてきたのか?と思うくらい壁のように坂が迫ってきます。上っていきます。この辺りから結構へばってきているランナーも見ることができます。ちょっと辛そう。当たり前ですが40キロを過ぎたところです。これからがウルトラ。


アップダウンの繰り返しをペースを守って走ります。ちょっと前に知り合いのランナーIさんとすれ違います。実力からいくとここをこの時間に走っているランナーではないはずなのに。


さて、アップダウンも終盤舟木谷のエイドに戻ってきました。この前から若いランナーと暫く走ります。アプダウンきついよねとか、ウルトラマラソンの楽しいのは走っているランナーと会話ができること。先行くね。と言いながら先に行きながらエイドで話しているとまた一緒になるという感じ。このエイドのオレンジが美味しい。カットされたオレンジを幾つか頂くとエイドのおばちゃん(失礼)がまだ沢山来るかな・・・と相談してます。もう少し切っておくか。何てのんびりした会話をしています。


エイドの男性がここからフラットだよ。と言われて。峠を外れて海に向かいます。ここからが割りと辛かった覚えがあります。田んぼの中の一本道。300メートルくらいが見渡せるのですが、その中で走っているのが3人くらい。それでも追いつ抜かれつを繰り返して。ちょうど中間の50キロを迎えます。この時点で5時間13分13秒。まぁこんなものでしょう。しかしこのままいけば11時間ではゴールできるのではないか?などと思ってしまいます。キロ6分で走り続けられるなんて馬鹿な空想とも知らず。


とようやく50キロ地点。今日もここでタイムオーバー。ここからは記憶が薄れてきてますので、早く終わるでしょう。今日はここまで。


引き続き記念セールやってます。よろしくお願いいたします。

↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2012年10月26日

完走記念セール継続中 能登半島珠洲ウルトラマラソン完走記(その5)

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。
ブログランキングのバナー

完走記念セール

引き続き完走記念のセールを行なっています。沢山のご注文で対応が遅れる場合がございます。申し訳ありません。期間も限られておりますが、よろしくお願いいたします。


またお客様から秋も深まりこれからの時に商品をアップしないのか?とお叱りも受けました。マラソンネタは早朝に書いて夜アップするという形をとっております。昼間もバタバタしておりまして写真を撮れておりませんでした。明日から頑張りますお許し下さい。


引き続きこれを楽しみの方もいらっしゃるようでお付き合いを頂ければ幸いです。


【能登半島珠洲ウルトラマラソン完走記(その5)】

ここからはフラットな道になり走りやすいはずなのですが、なんだか単調です。坂があると上りと下りでスピードが違ったり走り方を変えたりしてそれなりに面白いのですが、フラットなところはとにかくペースを守ってひたすら走り続けるということになります。ましてや景色がゆっくりとしか変わっていかないので精神的には辛い。


今回ウルトラマラソンを走るに辺り情報収集もそこそこやってきました。そこで作戦を立てました。単純なんですが、「ウサギとカメ作戦」もちろん私はカメの方なのですが、マラソンを走る人は分かって頂けると思います。1キロを10秒縮めて走るというのはけっこうきついことです。1キロ6分で楽に走れるのを5分50秒で走れはしますが、10秒速く走ることが100キロ走ることで最後脚にどう影響が出てくるか。それを考えると無理はできません。またできれば暗闇を走りたくないので日没までにゴールすることを考えると制限時間12時間。10キロを6分で走っていけば10時間。エイドでの休憩や後半ラップも遅くなるのを考えるとこれくらいのペースがぴったりでしょう。あえてカメと言ったのは10秒速く走ったとしても10キロで100秒。時間にして1分40秒。フルマラソンを走る上においては1分40秒は大きいです。ただウルトラマラソンの場合はエイドでゆっくりするとそれくらいの時間はあっという間に経ってしまいます。ですからエイドはなるべく早く。それこそ食べ物を取って走りながら口に入れるくらいにすれば早くゴールに辿り着けるでしょう。これがカメ作戦。


ところが50キロも走ってくると、それが決してウルトラマラソンの楽しみ方ではないことが分かってきます。主催者側として運営に携わってきたチームのM氏はウルトラはエイドや選手同士の触れ合いも楽しんでほしいと言っていました。


まさにその通りです。この距離を走ってくるとエイドに辿り着くランナーも疎らです。エイド20メートル手前くらいから毎回誰かが前に出て拍手で迎えてくれます。エイド毎にゴールをしていくような感じ。そこで情報をもらったり、エイドに置いてある食べ物を口にいれながら会話をしたり、本当に温かな運営を楽しまずに走り去っていくのがもったいない。作戦はず~っとカメ作戦に切り替えました。走りも遅くエイドもたっぷり楽しむ。


ただここで決意したこと「私は絶対に完走するのだ」という決意「完走」です。歩いたらいけない。例え後半急坂が現れたとしても歩かない。「完歩」じゃなく「完走」を目指すことにしました。


作戦と言えば「減量化作戦」これがまだ実施されておりません。エイドでしっかりと補給してますので増量しているかも???


さて、50キロを過ぎ最初のエイドは52キロのエイド。その次は58キロのエイド。ここは6キロと少し間隔があります。ようやく右に海を見ながら走れます。石川に住んでいながらこの海岸線を走った記憶がありません。ゴツゴツと岩場の続く海岸線。200メートルほど先に走るランナーの背中を見ながら淡々と足を進めます。少しずつ下半身の痛みも増幅しているような感じ。足の痛いのには慣れていますのでまだまだ大丈夫。とにかく塩分だけはしっかりと取って痙攣防止に努めます。ウエストポーチには大量の塩飴。それがどんどんと舐めてはそのパッケージをポーチに詰め込むものですからポーチの中はぐちゃぐちゃ。


ようやく58キロ地点に到着。見たことがあるTシャツが見えました。チームの二人がボランティアに来てくれてました。彼女達も朝の5時にスタートして珠洲まで来てくれてたようです。スタート時間は一緒。そしてここでようやく出会えました。意外と元気な様子に二人とも驚いたようですが、もうエイドが楽しくてエイドに辿り着くと元気になります。ここでパスタを頂きます。多少パサパサしていましたが食べれる時に食べないと身体がもちません。70キロ過ぎのエイドに自分のiPhoneを預けていたので、5時から11時近くまでチームの皆には音信不通状態でありましたから、彼女のiPhoneから私の情報をアップしてもらいました。

正直この辺りから完走は勿論目標なのですが、タイムはどうでもいい。このマラソンを楽しみたい。エイドの皆さんとコミニケーションをとりたい。人の優しさに触れて本当に嬉しい。とにかく楽しみたいと思うようになってきました。

このまま暫くここに居たかったのですが、これからちょうどフルマラソン1本。距離を考えると気が遠くなります。


と言うかブログの長さに自分が気が遠くなりそうです。まだフルマラソンの距離。オーダーも頂いてて、昼間ブログかけないのです。まだ暫くお付き合い下さい。


↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2012年10月27日

完走記念セール継続中 能登半島珠洲ウルトラマラソン完走記(その6)

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。
ブログランキングのバナー

完走記念セール

引き続き完走記念のセールを行なっています。ようやくご注文への対応が追いつきそうです。1日まで行なっていますので、宜しくお願い致します。


というか私もこの完走記早く終わらせたいです。仕事になりません。。。でもこれからが山場の42キロ。

【能登半島珠洲ウルトラマラソン完走記(その6)】


チームのメンバーがいるエイドから分かれてここからは海岸線をひた走ります。残り42キロと言っても感覚が麻痺していて分かりません。どれだけこの海岸線を走ればいいのか。時々強く風が吹くのか波が岩場に当たり白く砕けて落ちるのをみます。体感的には暑くもなく寒くもなく、風自体も感じてませんでした。


淡々と続く海岸線。60キロを過ぎるとトンネルを通過します。片側をランナーの為に空けてくれています。トンネルの中央に三角コーンを置いて警備員が車の誘導をしてくれています。この辺りになるともう全ての人に感謝です。警備員にも有難うございます。と御礼を言い止まること無く休むこと無く、また歩くこと無く足を進めます。多少のアップダウン。海辺の写真を撮りながら走るランナーもいます。この辺りで足に痛みを感ずるランナーも増えてくるのでしょう。途中で止まってストレッチを繰り返すランナーもいます。大自然の中を贅沢な時間を過ごしている実感で感謝の気持ちでいっぱいになってきます。


左から聞こえる波の音、そして右からタイヤの音くらいしか聞こえません。時々私の横をすり抜けていくランナーもいますが、フルやハーフなどのレースと違い、誰に抜かれようが、また私が抜こうが全く気になりません。この道を走っている私の視界に入るランナー全てが同士のように思えてきます。


自分が走ってて言うのはおかしな話です。ここをこの時間に既に60キロを超えて走っているランナーはて凄いなと、他人事のように関心するようになっています。私の場合は月間走行距離は9月に200キロを超えたもののその7月8月は200キロも達成していません。ただ完走はできませんでしたが60キロ走もこなし、それなりに練習を積んできたという自負もあったからだと思います。


丁度60キロ辺り。トンネルを超えた辺りでNTT西日本北陸走ろう会の方々が応援されてました。私が声をかけたのだと思いますが、知人のランナーもこちらの走ろう会でこのウルトラに出ているのを知っていましたので、立ち止まって話をしました。エールを頂いて、これ食べる?と出されたものがチュッパチャップス。御礼を言ってウエストポーチに入れれば良かったのですが、封を解いて口に入れました。御存知の通り棒が付いております。口から棒を出して走るのですが、このチュッパチャップスなかなか溶けてくれません。かなりの距離口の中で右にいったり、左にいったり、そのうち噛み砕きました。噛み砕いたのはいいけど、残った棒はどうする?捨てるわけにもいかずウエストポーチの中に。塩飴の抜け殻やら棒だとかでウエストポーチの中はグチャグチャ。もう完全なゴミ箱と化しております。


60キロのタイムを見ると6時間29分15秒。まだ11時間を狙えるラップです。ここからどうなるか?


63キロのエイドを過ぎ鞍崎の灯台が先に見えるような65キロ地点。前方に男性が一人立っているというか、待っているというか。近くまで行くと知人のSさん。何だかFBやブログを通じて走っている私を見て応援したくなって来たとか。ありがたい話です。


能登の方なので、だいたいの行程も分かるだろうと思い。ラケット道路ってここからどれくらい?と聞くとまだまだ先とのこと。ラッケット道路は78キロ地点くらい。ここがまだ65キロだからまだまだ先。海辺を走っていると距離感ありません。

65.jpg

差し入れの羊羹を頂き、また元気になって次のエイドに向かいます。本当に有難うございます。


ここで後ろから来たランナーと並走。「どこから来たのですか?」と挨拶を交わすと揖斐町からとのこと。今年本当はウルトラ走って揖斐川マラソンを走る予定だったのですが、うっかり申し込みを忘れ気付いた時には締め切りになってたので、揖斐町と聞くとその話題に。エントリーの裏ワザ?(笑)などを聞いて次のエイドまで一緒に行きます。彼からは帰宅後Facebookの友達申請も頂き、ランナーの仲間が増えました。


67キロのエイドに辿り着きます。坦々と続く海岸線の道を進むと白いテントが見えてくるわけです。まさにオアシス。塩谷村エイドや大谷エイドと進み。塩田の塩で湯がいた小さめのジャガイモが提供されてました。このジャガイモがうまい!塩出切った身体に天然のミネラルを含んだちょっと強めの塩が身体に吸い込まれていきます。小袋に入れられた塩田の塩を2袋頂き先に進みます。


快調に飛ばす揖斐町のランナーの背中はどんどん小さくなっていきました。


今回とにかく73キロ地点の自然保護センターのエイドに辿り着く。それを目標に走ってきました。預けてある荷物を受け取れる。荷物にはもしもの為に少し底の厚めのシューズ。着替えのTシャツ。これはチーム金港堂のTシャツにしゼッケンも既に付けてあります。そして羊羹などの補給食。とにかくここにたどり着けば残り27キロ。27キロもあるわけですが73キロ走ってくれば残り23キロと思えるはず。そしてiPhoneもここに預けていたので、自分自身の情報もアップできる。後6キロ走ればたどり着ける。


もう少しのところで足に違和感を覚えるようになってきました。もう腰から下は痛みが強くてどこが痛いか分からないようになっているのですが、左足首に力が入らない。足の裏に痛みを感じてくる。足を前に出す、左足が地面ととらえる度に痛みが走ります。


ここまで持ったのだからあともう少し。73キロ地点にはマッサージのサービスも受けられるはず。とにかく我慢です。ラップもどんどん遅くなり70キロ地点で7時間42分31秒。11時間を超えるのは当たり前になってきています。12時間以内のゴールを目指しますがなかなかエイドに到達しません。しかも平坦だった海辺の道路にアップダウンまで出てきました。


何とか痛みにこらえながら73キロ地点のエイドらしきものが見えてきました。太鼓の音も聞こえてきます。


20メートル先に人の姿が見えます。星稜大学の学生だと思いますが、拍手して私を迎えてくれます。何とかたどり着いた。131番のゼッケンを先に確認してくれてエイドに入ると同時に私の荷物を渡してくれます。


気温は20度くらいだったと思うので、汗でびっしょりということもなく、海風で汗も乾いていたのでしょう。Tシャツを変えずに先にマッサージ。フットケアをお願いします。うまく椅子が一つ空いていたのでそこに座り症状を伝えます。ふと見ると千枚田の折り返して私よりも3キロほど先に行ってたM君が横に座ってマッサージを受けてます。「何でこんなところに?」聞くとやはり歩きが入ったようです。それは完走じゃないな?歩いたから完歩だなと冗談を交わし、早く終わった彼と別れます。私はとにかくアーチが落ちて痛いので思いっきりマッサージをして上げてほしい。最初にやってくれた学生さんは症状を理解してくれないのか、あまり力が入りません。そこじゃない、もう少し下。などとお願いしていると、隣の学生が変わってくれました。彼のお陰で完走できたと言っても過言じゃないと思います。「私も偏平足なのでよく分かるのです」と言って落ちたアーチの部分を強い力で思いっきり上げてマッサージをしてくれます。「痛い!痛い!痛い!でも止めないで!」苦痛と喜びの混ざった悲鳴を上げながらマッサージを受けます。随分マシになりましたシューズを履いても痛くない。「これで随分上がったので大丈夫だと思いますよ」と言ってくれて御礼を述べて椅子を立ちます。


このエイドでは東京からわざわざボランティアに来てくれてエイドの取りまとめをやってくれている、Oさんと再開。国際ランナーでさくら道(250キロ)も完走されているランナーですが、故障でレースに出れていないようです。是非復活して欲しいランナーです。彼女とのツーショット。

バニーさん

人に会ったり写真を撮られる時は元気そうに見えます。前日彼女から貰ったコーラをこのエイドで受け取ることができました。前日に頂いたので蓋を開けて炭酸を抜いてあります。


それを一気に飲み干し。エイドにあったお味噌汁を一杯頂きました。塩田の塩を使ったおにぎりもありましたがちょっと身体も限界に近くなっていて食べる気がしません。一旦手に取ったものの再度戻させて頂きました。


フットケアも終わり、元気も出てきたのでこのエイドを後にします。子どもたちの応援の太鼓を聞いていざ出発しようとすると子どもたちに呼び止められます。ハイタッチを要求されました。彼ら彼女らとハイタッチをし元気にのこり27キロの旅に再出発です。さてこの後どんなドラマが展開されるでしょうか。

やっとここまで来た(笑)あと2回くらいか???お付き合い頂き本当に有難うございます。

↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2012年10月28日

完走記念セール継続中 秋物の起毛素材もアップしました。 能登半島珠洲ウルトラマラソン完走記(その7)

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。
ブログランキングのバナー

【能登半島珠洲ウルトラマラソン完走記(その7)】

もう書き始めて1週間です。本当に終わるのか?

70キロの通過タイムが7時間42分31秒。73キロ地点のエイドでかなりゆっくりしたので、かなり遅れます。75キロを過ぎると残り距離が表示されていました。

noto25.jpg

残念ながらここでランニングウォッチを押すのを忘れ通過タイムが分かりません。さてここからが最後の山場。25キロと言えばハーフ以上の距離なのですが、100キロにとってはあと僅かにすら感じます。


ただ、この時点で走っている時間が8時間を超えていますので、仕事だったら既に残業時間。確かに食事の時間は仕事であれば抜かなくてはいけないかも知れませんが、立って御飯食べてるわけですからず~っと仕事をしているような感じ。


気持ちを新たに足を進めます。もうこの辺からは顔はニヤケっぱなし。苦しいのは苦しいのですが、先が見えてきたことと75キロを走ってきたことの自信でしょうか。またこの辺りだったと思いますがサイドカーを付けたハーレーでツーリングする一団があの独特な音を立てて右前方から進んできます。私が手を振ると何人かが私の方を向いて手を振り返してくれます。そんな些細なことも嬉しく感じてきます。


この辺りから身体の異常を足じゃないところに感じてきます。肘から手先まで痺れてくるのです。考えてみればこれだけ長い間腕を振り続けたことがありません。手を振らないように下に下げてできるだけ負担のかからない状態で走ります。


raketto.jpg


このウルトラマラソン最大の難関ラケット道路です。約78キロ地点。写真でご覧になられるでしょうか。前に二人ほど走ってます。いや多分歩いているのだと思います。この辺りから私の周りのランナーは歩きが入ってきました。特に急坂ではみなさん歩いてます。


前にも書きましたが私の今回の目的は完走。歩いたらいけないのです。逆にこの時点で歩くのが怖かった一旦歩くとまた歩いてしまうのではないか、それが癖になり最後まで辿り着かないのではないか走り続ければいつかはゴールに着きます。


ラケット道路の頂上は遥か向こうに見えます。


この辺りで30番台のランナーそして10番台のランナーと一緒になります大先輩としばらく抜きつ抜かれつ。ここでそのランナーに聞きました。上り坂は歩いた方がいいのですかね?その方が負担が少ないとかあるのですか?するとこっちを向いて笑顔で答えてくれます。走れるのであれば走った方がいいよ。私は練習不足で走れないから歩いているだけ。練習不足って・・・練習不足でここまで走ってこれますかね?流石先輩。


ラケット道路の中でもアップダウンがありました。10番台のランナーがたまたま工事をやっていたので警備の人に聞いてました。頂上まだ?って。聞きたくもなります。歩いているそのランナーの横を走って抜くと。元気だね~と声をかけてくれました。いえ歩いているか走っているか分からないようなスピードですが。と笑いながら答えます。いや歩いている私を抜いていくくらいだから走っているのだよ。と言われます。逆にこれくらいの会話ができるくらいのゆったりペース。


何とか上り切って見えた景色は素晴らしいものでした。

海

上がってきて良かった。能登半島の先端です。まさに絶景。はるばるここまで来たものです。79キロ地点のエイドを過ぎてゴールまでのエイドもあとあと5箇所。もう直ぐだ。でもまだ21キロハーフの距離を残してます。ここまでくるとさすがにラップは落ちます。エイドで温かく迎えて本当にエイドでしばらくいたい。エイドの皆さんとの会話が楽しい。辛いからエイドにいるのではなく楽しいからどうしても長居したくなります。


80キロのラップを見るとかなり落ちていました。9時間27分50秒。70キロから80キロの間は45分かかってます。エイドで10分くらいいたのじゃないでしょうか?


最大の難関も過ぎて85キロ。このラップは10時間18分18秒。残り15キロ。12時間を切ろうと思えば切れるかも?と思いました。急ごうと思ったところ。こっち上がって下さい。チェックポイントは上の灯台です。と言われ聞いてはいたけどここを上がるのか?という急坂。

坂

普通に観光客も通っているし、しかも急坂過ぎて手すりまで付いているし。ここは申し訳ありません。初めて歩きました。というか走れる場所ではありませんでした。


頂上に到着すると。

nosiro_toudai.jpg

この灯台を一周するとチェックしてくれます。「131番通過しました」と伝えて坂を降ります。途中で普通に観光客の方と会話。うちの親戚がサロマ湖のウルトラマラソンを2回走ったけど両方とも棄権したと聞いたわ。あなたは頑張ってね。と。


坂を降りエイドに戻りアミノバリューを頂き、ここのエイドの名物?の能登丼を頂きます。温かい山菜ご飯でした有難い。発泡スチロールで蓋をしてしっかりと保温してくれてました。心遣いに本当に感謝。このチェックポイントは罰ゲームにしか思えないわ。と会話しながら、行き帰り2度のエイドを楽しみ。さて残り15キロ。もう少し。


この辺りだったと思うのですが、そろそろ記憶もあやふやになっている場所で、右に女性が二人たっています。ちょっとした箱に缶コーヒーを何本か置いて応援してくれています。私も手を上げて有り難うと答えると。コーヒーどうですか?と。有難かった。カフェイン抜きで走っていて一番飲みたいのがコーヒーだった。お礼を言って一缶頂きます。ご丁寧に紙コップまで用意されてました。実はコーヒの売れ行きが悪かったそうです。皆さんコーラないの?と言うのです。私設エイドに文句付けるランナーもいるのですね。可哀想に。美味しくコーヒーを飲む私に喜んで頂けました。丁寧に再度お礼を言いその場を去りました。


ここから先更に峠が続きます。疲れきった身体には100メートル上るにもまるで登山のようでした。頂上まで何とかたどり着くと90キロ地点のエイド。ここまで来るとエイド毎に座っているランナーもいます。ランナーの一人がこれは坂じゃなくて登山だよね。と。まさに疲労しきった身体そして脚にとっては舗装路であっても登山に思えます。頂上にエイドがあった気がするのですが、公式のエイド表にはありませんね。私設だったのか?それとも私の頭がこの辺りでおかしくなったのか?


さて、残り10キロ。90キロ通過のタイムが10時間55分25秒。絶対に無理なのに12時間切れるのではないか?と勘違いというかもう計算すらできなくなってきてます。ここから更に5キロアップダウンが続きます。もうこの辺りでは上りを走っているランナーはいません。上りは歩いて下りは走る。10キロ過ぎて直ぐにエイドがありました。おそらく私設エイドです。コーラがテーブルの上にありましたので、コーラーいいですか?と尋ね一杯頂きました。ここまで来ると炭酸が多少きつくてもうまい。元気が出てきたことを伝えると。そんなに喜んで貰えるならもっと買っておけば良かったね。っておばあちゃん(失礼)が顔をくしゃくしゃにして笑ってくれます。


私は歩かないと決めていましたので、上りもとにかく痺れる腕を振って前に進みます。歩いているランナーを交わしていく訳なのですが、上り終えると今まで歩いていたランナーが急に走り出します。しかもかなり早いスピード。私は逆に下りになると足に痛みを感じて飛ばせません。ここからは私よりもゼッケンの若い(私よりも年齢の高い)ランナーの経験が有利なのかせっかく上りで抜いても下りでどんどん抜かれていきます。


ここで見つけました。ディズニーキャラクターの女性ランナー。どこかのエイドで休んでいるうちに抜かれたのでしょう。なんだかこのランナーには負けたくない。と今回初めての闘争心。上りを歩いているのは何度かのアップダウンで気がついていました。上りで交わして下りで追いつけないように頑張るしかない。ちょっと長めの上り坂で頑張って走ってある程度距離を離してから下りも頑張ります。足音が近づいてこないか?が心配。アップダウンを2回ほど繰り返してどうやら振り切ったようです。


ラップが怪しいのですが、頭の中の計算では95キロ地点を計算通りのラップで到着すれば12時間切れる。なんでここに来てタイムを気に出したのか?残り5キロのエイドに到着してあと5キロというと。おそらくボランティアの学生だと思います。いいえ95キロ地点はここから更に80メートル行ったところです。と言われました。ここで諦めました。アミノバリューをテーブルにポンと置いて「もういいわ」と言ってしまいました。決して彼に言ったのではなく自分に言ったつもりだったのですが、聞きようによっては彼に言ったようにも思えたかも。しっかりとボランティアをやってくれていた皆さんに申し訳ない。この一言がこのレースで心にひっかかている一言なのです。あなたに言ったのではないし本当に申し訳ありませんでした。お詫び致します。


95キロのラップが11時間31分02秒。


さて、残り5キロ。ここからは経験がものを言うのでしょう。私よりも若い番号を付けたランナーに下り坂でことごとく抜かれます。経験じゃないかな?もう私の脚が終わっているのかも知れません。

この辺りで山に沈む夕陽が美しく思わず止まってiPhoneのカメラを向けました。

suzu_yuuyake.jpg

朝まだ日が上がる前から走り始め朝日を眺め、そして夕陽が落ちるまでのなんと贅沢な旅もそろそろ終わりを告げようとしております。

残りの5キロからは1キロ1キロ表記されます。ラスト5キロ通過タイムが11時間24分27秒。5キロを35分で走れれば12時間切り。無理です。


残り4キロのラップが11時31分02秒。


残り3キロのラップが11時39分23秒。


残り2キロのラップが11時47分23秒もう満面の笑顔で走っていたと思います。完走できそうな喜びで顔が勝手に笑顔になっていくのです。普通の笑顔ではないと思います涙も一緒でぐちゃぐちゃな笑顔です。沿道の人からも拍手や頑張っての声を頂きます。自転車に乗っている中学生からも。本当に幸せを感ずる時でした。ラストのエイド手前で40番台のランナーと出会います。「私のガーミンはもう100キロ行ってるのだけどな」と言われて信号を渡り最後のエイドに入ります。まさに最後のアミノバリューをいただき、それでも急いでいたので、コップを投げるように出たのでテーブルから落ちたのを詫びて走り始めます。私を抜いたランナーを追いかけますがついていけません。


ここで現在午後23時24分。レースの時間じゃないですよ。ブログを書いている時間ですが、このままラストシーンに行くには時間が足りない。今日には終わりそうもないので、クライマックスは明日にとっておいて今日はこれくらいにしておきます。

あ~1週間かかった。お付き合い有難うございます。

↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2012年10月29日

完走記念セール継続中 カンティーニストールアップしました。 能登半島珠洲ウルトラマラソン完走記(その8完結編)

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。
ブログランキングのバナー

「お前いい加減にせいよ!」と思われている方も多いと思います。マラソンには興味はないわ。商品を書けと仰る方も少なくないでしょう。今日は商品ネタもしっかり、その後に【能登半島すずウルトラマラソン完走記(その8完結編)】をお送りさせて頂きたいと思います。是非長くなりますがお付き合いを頂ければと思います。


今店頭で一番動いている商品。薄手のストールなんです。今日はCantiniのストールを。

2012cantini_stole_p1.jpg

ペイズリー柄のブルーのストールです。下のタートルはジョンスメドレー。

ジョンスメドレーに関してはこちらを御覧下さい。

http://www.kinkodo.jp/blog/2012/10/06.html

2012cantini_stole_p2.jpg

アップして撮るとこんな感じ。


ストールの結び方には色々ありますが、上の二枚はぐるぐる2回巻き。私は上のような感じで巻きます。さらっと回してジャケットやコートの下に這わせても良いとも思います。こんな感じで。

2012cantini_stole_p3.jpg

ストールをもっと拡大して撮ってみました。

2012cantini_stole_p4.jpg

所謂ペーズリー柄なのですが、色の使い方が本当に繊細でプリントも細かい。

2012cantini_stole_p5.jpg

淡いブルーベースにパープルがアクセントになっていますね。

2012cantini_stole_p6.jpg

素材は今流行のModal(モダール)を50%含んでいます。モダールとはパルブを原料として生産さる100%天然のセルローズ繊維のことで、扱い方や洗濯が簡単なで、まさにシルクのような肌触りなのです。触った感じはシルクよりも柔らかいかも知れません。首への当たりも優しいですしお勧めです。

フェラガモやラルフローレンのOEMも手がけるフィレンツェのCantini(カンティーニ)の商品を是非この秋ゲットして下さい。

 ■ ブランド   Cantini カンティーニ 
 ■ 生産国   イタリア
 ■ 素材   ウール50%モダール50%
 ■ プライス    13,650円 30%OFF→9,555円    
 ■ カラー   ブルー
 ■ サイズ   横57センチ長さ180センチ

おかげさまで完売しました。


さて、商品のこともしっかり書きました。もしマラソンに全く興味がない方はこちらで「さようなら」ということになりますが、その前に再度ブログランキングのバナーだけクリックを頂ければ幸いです。
ブログランキングのバナー


さてお待たせしました最終となります。第8話完結編。お送りします。

【能登半島すずウルトラマラソン完走記(その8完結編)】

100キロの旅も残り2キロとなりました。98キロよく身体がもってくれた。色んな気持ちが身体全体から出てきていたかも知れません。走りも変だったでしょうし顔の表情もおかしかったと思います。先ずはやはり感謝と達成感かな。100キロと言ってもこれは競技です。何度も完走した人もいるでしょうし、タイムを目指している人もいるでしょう、坦々と100キロを走りきった人もいるでしょう。しかし普通の人ではできないことだとも思います。


2キロ過ぎてからは完全に市街地へと入っていきます。走っているのは巾2.5メートル程の歩道。パラパラと拍手をもらいながら前に進みます。左側にはパトカーが2台赤色灯を回転させながらその前に誘導してくれる警察官が2名。この方々にも「有難うございます。」と挨拶をします。


最後会場らしき明かりが見えました。反対車線の歩道に渡る為の信号が赤に変わります。前のランナーがその信号につかまりました。ほどなく私も信号の前に立ち止まります。勿論ここに来て一つでも順位を上げるとか1秒でも早くゴールなどとは全く思っていません。既に12時間は超えていました。時間にして1分、いや30秒くらい立ち止まっていたでしょうか。先のランナーは割りと急いで信号を渡ります。渡りきった所で左に曲がると。女子高校生が拍手で迎えてくれます。この瞬間の為に100キロ走ってきたのだと思い。本当に胸が熱くなりました。


誘導員の方に右に曲がればゴールですよ。と言われ大きな拍手の中、右に曲がります。朝の5時真っ暗な時間にスタートしたゲートが明るくライトで照らされています。順位やタイムは私の場合はどうでもいい。本当に心配でした果たして完走できるのであろうか?それが今現実となる瞬間を迎えようとしています。


右に向かった瞬間。思わず両手を上げました。1位で入ったわけでもなんでもありません。決して速いわけでもなんでもありません。ただ自分に勝った瞬間でした。拳を強く上げたにもかかわらず足元はふらついています。正面には今回ボランティアで来てくれていたチームメイトでしかも私と同じようにチームTシャツを着た女性二人が巾の広いゴールテープを左右に持って上下に揺らしています。


左にはこのレースのコースも含め運営の中心になって頑張っていたM氏。走っている途中は何でこんなしんどいコースを走らせたのだ。ゴールしたら首締めてやるとさへ思ったM氏が片手を上げて待っています。彼の手にハイタッチをし、数メートル先のゴールテープをハイタッチとともに切りました。


その時の映像を60キロ走ったN氏が撮っててくれました。こちらです。

Facebookからのリンクなので見えない人もいるかも知れませんがお許し下さい。

長かった100キロもここで終わりました。自然とコースに挨拶ができました。あんなに厳しいコースだったのに。ゴール後時計を止めました。ゴールしてから暫くして止めたので12時間7分03秒でした。とにかく嬉しいだけでした。

マラソンを走った人は全ての人が分かって頂けるかと思いますが、なぜかゴールした瞬間から全く動けなくなります。頂いた珠洲焼のメダルを持ちながら表彰台に上り記念撮影を致しました。

suzu_goal.jpg

満面の笑みです。ここからあまり覚えてないのですが、とにかく着替えに行きました。7時にバスが出るからだったと思います。体育館の中に移動し預けておいた荷物を取り汗で身体に貼り付いたチームTシャツを脱ぎます。ここでO師匠とも再会しました。何だか身体から力が抜けていきます。いや力が入らないというのが本当だと思います。会場では残念ながら100キロまで力を出しきれなかった知人のランナーとも再会。何となく言葉もかけにくい。何キロまでだった?と聞くとみんなフルマラソンを遥かに超えた距離でのリタイア。残念です。


応援してくれた仲間の元に行ってまだゴールしていないチームメイトを待ちます。まだ2時間ある。しかも関門通過ができなかったという情報は入ってきていない。


ここ暫くの時間はどのように過ごしたか記憶があまりないのですが、チームの誰かが一人ゴールしてきたことを伝えてくれます。


ゴールの近くに行くと既にゴールし汗と涙でグチャグチャになった顔を見せながら歩み寄ってくるY君でした。右手を差し伸べるとまだこんなに力があるのか?と思うくらい強い力で握り返してきます。よくやった本当に。よくゴールしてくれた。そのままステージに上がって握手したまま記念撮影。


さてあと一人正直ゴールできるか本当に心配でした。珠洲のコースの後半のアップダウン。私も相当苦しみました。後半脚がもってくれているか、時間に間に合うか?情報を確認していくと85キロは通過しているみたい。最後頑張れれば間に合う。


その時です。「ゴールしたよ」というチームメイトの声が。慌ててゴール付近に近づくと。優しく笑っているSさんが立っていました。手を差し伸べて握手をしましたが、私の方が泣いてます。今こうやってタイピングしてても泣けてくる。本当にお疲れ様でした。制限時間約30分前のゴールでした。

menber.jpg

最後にチームのメンバーで記念撮影。すべてのメンバーではありませんが。今日は早朝から皆さん本当にお疲れ様でした。

suzu_medal.jpg

正式なタイムは12時間6分55秒でした。マラソンを走って初めてメダルを貰いました。首にかけて帰りのバスに乗りました。茶色のメダルですが金色に光るものよりも温かみを感じました。


最後にこの能登半島すずウルトラマラソンを走って二つだけ述べたいことがあります。


まず一つは珠洲の皆さんへの感謝。本当に有難うございました。これが初めての大会ではないような温かなおもてなしを頂きました。エイドに到着すると前に出て拍手で迎えてくれる。エイド内での優しい言葉と心遣い。そしてエイドだけではなく係員の方々の誘導だけではなく応援の言葉、早朝5時スタートにも関わらず自宅前に家族揃って出てきて頂き拍手をくれた方々。そして道を行く人までからも応援を頂きました。車の中からも声をかけて頂き本当に励みになりました。主催者側に確認しますと決してそれをお願いしたわけではないとのこと。やはり土地柄なのでしょうか。今2015年金沢でもフルマラソンを計画していますが正直珠洲の人にお願いしてエイドをやってもらったら良いのではないか?と思うくらい優しく心温まる皆さんでした。恐らくここを走った人はもう一度走りたいという気持ちになると思います。100キロ走るのはどこも一緒だとは思いませんし、楽なコースしんどいコースと沢山あると思います。100キロマラソンが初めての私もは他と比べることはできませんが、険しい方のコースではないかと思います。しかしランナーは必ず戻ってくると思います。本当に有難うございました。


そしてもう一つ自分自身のマラソン感について。マラソンはタイムを縮める競技だと思っていましたし、今も思っています。でもウルトラマラソンは違いました。勿論次走る時は今よりも速く走りたいとは思います。でも楽しんで走ったマラソンは初めてだったかも知れません。走ってて顔がにやけてくるマラソンは初めてでした。こんな楽しみ方もあるのだと思いました。ただしこれを楽しむ為ウルトラマラソンを走る為には努力も必要です誰もが走れるわけでもなくスタート地点に立てる訳ではありません。スタートに立てた時点でそれは例えゴールできなくても立派なランナーだと思います。最近都市型のマラソンが増え沢山の人を集客する為に制限時間が7時間以上のマラソンも少なくありません。それを否定するものではありませんし、多くの人にマラソンを経験して貰いたいとも思います。ただ100キロを走れる、走ろうと思う人は誰でもという訳ではありません。ですからスタート地点に並んだ全ての人と気持ちを共有でき、まさに同士のような気持ちでした。


100キロというと、どこかのテレビ局のチャリティーで行われる100キロマラソンがあります。毎年毎年この人は走れないだろう?と言うような人を敢えて選出して走らせ、そして感動を呼ぶというスタイルになっていると思います。確かに練習はしています。でも本当は半年やそこらで走れるものではないとも思います。私は100キロを走るというのは達成感を味わう為ではなく、走れるようになった人だけが臨むべきマラソンだと思います。だからそれを自分で証明したくて走ったということもあります。走らないとそれを言えないからです。無理やり無茶をやらせて身体を壊すようなことまでして感動を呼ぶようなことは止めて欲しいと思いました。


また私が100キロのマラソンを走ったあとに100キロウォークに誘われました。ただ距離だけで一緒にされているな?と感じました。苦痛を自ら選んで達成できたことに喜びを感ずる為に走ったわけではありません。練習に練習を積んで結果として走り切れたことに感動する訳です。ですからスタートに立つことがそれで一つの達成なのであります。できれば痛みも苦痛も翌日の筋肉痛もないように準備をして走る。苦痛を求めて走りに行くわけではありません。


こうやって私の100キロマラソンは終わりました。応援して頂きました皆さん本当に有難うございました。一緒に走って頂いたランナーの皆さん。そして改めて珠洲の皆さん。初めての大会で運営にも多大な努力をされていたであろう主催者の皆さん。応援にわざわざ珠洲まで来て頂いたチームの皆。途中でわざわざ駆けつけてくれた友人。Facebook上で応援してくれた皆さん。コース途中でお話をさせて頂いたランナーの皆さん。心より御礼を申し上げます。

完走率
100キロ男子(申込者339名、出走者308名、完走者220名、完走率71.4%)
100キロ女子(申込者71名、出走者70名、完走者39名、完走率55.7%)

皆さんお疲れ様でした。


来年は・・・来年になったら考えます。直ぐに3日に松任ロードレース10キロのレースがあります。身体がどこまで戻っているか分かりませんがベストを目指して頑張ります。


8話に渡ってお付き合い頂きました皆さん本当に有難うございました。

言い忘れたことがありました。第一話からお読みの方はご心配だったかも知れませんが。この日は減量化作戦は取らずじまいでした。どうしたんだろ???

明日からはファッションネタに戻ります。

↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2012年10月30日

アルマーニのニットのルームソックス

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。
ブログランキングのバナー

【皆様に御礼】

あんなに長い間マラソンネタを書き続けましたのに、沢山の方々から支援を頂きましてブログランキングのポイントも上がり、石川ブログランキングの1位に返り咲くことができました。またその上のカテゴリー北陸ブログランキングも一位になりました。久しぶりです。ありがとうございました。これからもランもファッションも頑張っていく所存です。本当に有難うございました。

さて、10月も末になりまして本当に秋の深まりを感じます。床暖房のご家庭では関係ないかも知れませんが、我が家は足元がかなり寒いです。冬物のルームシューズが欲しいところです。ルームシューズもあるのですが最近はソックス型もございます。


それは・・・これだ!

armani_room1.jpg

所謂ローゲージの糸で編み込んだソックスでございます。とても温かい。

armani_room2.jpg

ソックスの口にはアルマーニのロゴが入っています。

armani_room3.jpg

本当にセーターのように編みこまれたソックス?です。

でもただのソックスではありません。

armani_room4.jpg

裏に滑り止めが付いているのです。これならば部屋履きとしてお使いになっていただけると思います。暖かくてそしてスタイリシュなEMPORIO ARMANIのルームシューズ。是非お使い下さい。


やはり自宅が一番くつろぐじゃないですか。とあるお客様のご自宅のお邪魔した時にそのお客様はこう仰ってました。好きなものに囲まれてそしてリラックスしたい。そんな時は足元も贅沢したいですよね。

 ■ ブランド   エンポリオアルマーニ EMPORIO ARMANI 
 ■ 生産国   日本
 ■ 素材   本体:アクリル 毛 足底:合成皮革
 ■ プライス    4,725円(税込)    
 ■ カラー   チャコールグレー
 ■ サイズ   25~27センチ


↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。

2012年10月31日

久しぶりのゆっくりとした休日。

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。
ブログランキングのバナー

何だか久しぶりの休日でした。いや休日に出張に行って日曜日本来は仕事をせねばならない時にマラソンを走っているのですが。何もないお休みは久しぶり。

午前中は色々野暮用があり店に行ったりウロウロと買い物も含めて。楽器屋さんへ行って弦を買って今日は。

gen.jpg

張替えました。うちの家族、弦が切れたら楽器屋へ行って張り替えてもらうものと思ってたらしい(笑)自分でできますって。最近はまたアコースティックギターのブームのようです。娘たちにも多少の自慢はできます。


そして休みでも練習練習!

10rikuzyo.jpg

チームの何名かとスピードトレーニング。1キロ3分45秒のペースで引っ張って。と言ったのに・・・

1キロ目3分40秒。これはなんとかついていけた。

間400メートルのジョグ挟んで。

2キロ目3分35秒。いい加減にしろよ。ちょっと遅れてこのタイムで入れた。

間400メートルジョグにもならなかった。ウオーキングを挟んで。

3キロ目3分45秒。かなり遅れて入って最初の想定タイム。


でもこれでスイッチが入った。土曜日の松任ロードレース10キロ。頑張ります。大丈夫前半突っ込み過ぎないように。


これで月間走行距離200キロを超えたところです。ハーフマラソンとウルトラ100キロあったのに。少なすぎ。というか調整がほとんどだったので仕方がないです。

↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

About 2012年10月

2012年10月にブログ「オーダーシャツ屋金港堂の日々発見 体をシャツに合わせるか?シャツを体に合わせるか?」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2012年9月です。

次のアーカイブは2012年11月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。