オーダーシャツ専門店金沢金港堂のトップページ

« 2014年8月 | メイン | 2014年10月 »

2014年9月 アーカイブ

2014年9月 1日

東京出張

↓ブログランキング。宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーをクリックして頂きますと、このブログのランキングが上がります。応援宜しくお願いいたします。


東京出張でした。生地の仕入れ。仕入先は東京と言っても上野ですので、アメ横もあり都心の雑踏と言うよりはまだ庶民的な雰囲気もあるのですが、やはり新宿、渋谷、銀座となると、東京でしかあり得ない雰囲気人の多さ、大阪もここのところ毎日のように出かけますが、大阪も東京に比べると田舎者の私でも親しみやすいと思うのが本音です。

08tokyo1.jpg


そこで何を思ったか、やはり新幹線はチャンスではないか?と思う次第です。金沢は適度に都会で規模も大きすぎず小さすぎず、そして金沢ならではの文化も感じられる。どうぞ癒されに金沢に来て頂ければと思います。

東京マラソンの一般のエントリーは締め切られましたが、来年の三月頃には金沢マラソンのエントリーも始まるでしょう。東京に来て新たに金沢の良さを感じた次第でした。

帰って明日からしっかり仕事します。

08tokyo2.jpg

羽田の国際線ターミナル売り場拡張したというので見てきました。

08tokyo3.jpg

08tokyo4.jpg

こんな売り場も。ふなっし~どんだけ儲けてる?(笑)しかし凄いと思います。単純に。

Facebookのいいね!
 シェア

2014年9月 2日

Johnstons カシミヤニットのツートーンストール

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。

    ↓

ブログランキングのバナー

あと15分で会議です。急いでます。


ブログランキング上がってこないね。って言われてます。それはこの内容ですから仕方ありません。しかも涼しくなったとはいえまだマフラーなど。という時期に最高級のカシミヤニットのツートーンカラーのストールをアップしているのですから。


昨日仕入れた生地の第一弾は今週中に入荷してくると思いますし、なるべく早くアップします。それ以外のもののできるだけ早くアップしますが、昨日出張だったのは痛い。


という私は夏休みなどありません。まぁ仕方がありませんが。その分休んでマラソン走っている時もありますし。とにかく全力で頑張ります。気がついたら今年もあと4ヶ月。なんと3分の2も消化しておりました。こうやって年齢とっていくのでしょうね。


カシミヤニットのツートーンカラーストール。イエローとグレーそしてレッドとグレー巻き方次第で本当に楽しいものになると思います。

¥31,000-+税 Johnstonsです。それぞれの画像をクリックして頂ければ、商品にリンクされます。よろしくお願い致します。


johnstonsYG.jpg

johnstonsRG.jpg

yahooshopping.jpg

【リンク先に商品がない場合は完売しております。】


↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。

Facebookのいいね!
 シェア

2014年9月 3日

大阪日帰り出張

↓ブログランキング。宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーをクリックして頂きますと、このブログのランキングが上がります。応援宜しくお願いいたします。

モバイルのパソコンが調子悪くiPhoneからの投稿。

今日は出張に行ってきました。

一件目中津。

二件目心斎橋

三件目谷町四丁目

梅田ぶらぶら。

09umeda2.jpg

梅田の奥。開発当初よりは人も少なめ。それでもある程度は流れていました。


最近ダメですね。こんな施設を見ると採算があうのか?ということしか考えられない。でも都市はどんどん大きくなっていく。買い物するだけでつかれませんかね?

09umeda1.jpg

更にその奥に開発が続けられてます。見ているだけで疲れ果てて直ぐに帰ってきました。


電車に乗り帰ってきたのが午後7時過ぎ。

そこから陸上競技場。

何とか8時前に陸上競技場に入って10キロ。ジョグから入ったけどスピード上げられたのでビルドアップ。ラスト一キロはもがかす姿勢維持しながらマックスにもっていけるように。

0903rikuzyo.jpg


今日走らなければ三日空けることになったので、走れて良かった。

明日また画像アップします。

Facebookのいいね!
 シェア

2014年9月 4日

TESTAのフラワープリントの生地入荷

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。

    ↓

ブログランキングのバナー

いつもブログをご覧になって頂き、有難うございます。昨日のブログが中途半端に上がっておりましたので、写真も貼り付けさせて頂きました。再度ご確認頂ければと思います。


流石の私も日帰り出張で帰ってきて直ぐに陸上競技場で10キロ走る。という無謀な行動で疲れがたまっております。と言っても100キロのウルトラマラソンまでそんなに時間がありません。今日も、と思いましたが、外は雨。今日はジムのトレッドミルで大人しく練習しようと思っております。


今日は昨日入荷してきました。シャツ生地を先ずはご紹介。


NO-M1186 小柄のフラワープリント(ブルー) イタリア テスタ社製 綿100%


ちょっと接写して撮ってみました。お仕立て上がり¥19,000+税 生地の詳細は生地の画像をクリックして頂ければ、生地サイトにリンクされます。


ちょっと今日は秋を感じてもらおうかと。相当昔に買ったCDで出張の時にたまたまiPhoneに入れてあるのを電車の中で聴いていたのですが、Youtube検索してたら出てました。


Edie Brickell & New Bohemians - Circle


女性のハスキーな声がいい感じです。


↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。

2014年9月 5日

VALENTINOのシルバーベースの☆型ネクタイ

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。

    ↓

ブログランキングのバナー

錦織圭選手。カッコイイです。

スポーツはいい。努力した分だけ結果に表れるから。多分並大抵の努力ではなかったでしょう。次の準決勝も頑張ってほしい。そして決勝へ。やれんことはないはず。同じ人間同士の戦いですから。

勝ったらパーティーですよね。こんなネクタイをして。

valentino_ss.jpg

お客様からフォーマル用のネクタイではないけど、フォーマルにできるネクタイがないか?とよく聞かれます。多くのネクタイのコレクションからそれを探すわけですが、ここに一本ありました。VALENTINOのシルバーベースに☆のネクタイ。


探すと見つからないものですが、もし探されていらっしゃる方がいれば。是非。¥13,000-+税です。


yahooshopping.jpg


【リンク先に商品がない場合は完売しております。】


世の中なかなか政治もうまく運ばないようで、スポーツの力は大きいと思い、ストレス発散に仕事終わって陸上競技場へ。仲間数人が走っていたので、それに便乗しました。10キロ43分16秒。先日よりもタイムは落ちました。でも頑張ることは気持ちが良い。秋にまた40分切れるのかしら?最後は集合写真で終了。


20180905.jpg

↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。

Facebookのいいね!
 シェア

2014年9月 6日

エジプト綿シャンブレー生地各色入荷

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。

    ↓

ブログランキングのバナー

9月が一番忙しいのです。売上げとは別の話しですが。売上を上げるための準備といいますか。商品が沢山入ってきますが、まだセーターを着ている人はいないですし、そんな中入ってくる商品の写真撮影とWEBへのアップ。時間がいくらあっても足りませんわ。


今日は生地の撮影とアップ。シャンブレーの生地です。シャンブレーってどんな生地か?って。


シャンブレーとは縦糸に色糸、横糸に白糸、もしくは縦糸と違う色糸を使用した生地のことを言います。生地に立体感が出て、平織りのベタ無地に比べると高級感増す生地になります。当店では割りとシャンブレーの生地を

独特の柔らかい風合いも出て、糸の良さも表情としてでてくる生地です。

syanbure.jpg

この中に2色あるブルーの濃い色の方が抜けていますが、全部で9色。かなりバリエーションも豊富ですし、是非次回のオーダーの1枚に考えて頂ければと思います。上の生地の画像をクリックして頂ければ、生地ページにリンクされます。よろしくお願いいたします。

ということで、本日は特別ネタも無し。あれもご紹介しなくてはこれも。という商品いっぱいあるのですが、徐々にお知らせさせて頂きます。よろしくお願いいたします。


↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。

Facebookのいいね!
 シェア

2014年9月 7日

Johnstons【ジョンストンズ】のカシミヤリバーシブルストール

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。

    ↓

ブログランキングのバナー

今日は日曜日恒例の朝練からスタート。5時20分起きですからよくやりますわ。それでも金沢でやっているのに加賀から2人参加で一体何時に起床なのでしょうか。


河川敷から金沢の街中を約10キロ走って朝練終了。

20140907asaren.jpg

今日の人文字は「I'M FINE」のはずが「E」を忘れている。慌ててテキストで「E」を足しました(笑)私はその後アミノバリューランニングクラブの練習で8キロ走りましたので、今日は18キロ。まぁまぁ良い練習になりました。


帰ってから仕事。今日も写真を撮ったり商品をアップしたりですが、風は秋になりましたが、まだマフラーを巻くという状態ではないにも関わらず、カシミヤのリバーシブルのストールをアップ。しかも動画付きで。


johnstonsrvred.jpg

カシミヤ100%のリバーシブルのストールで。片側は無地のワインレッドそして片側はチェックのストールです。表情をご覧になって頂くのも動画でどうぞ。

そして色違い。


johnstonsrvblue.jpg


こちらはロイヤルブルーのリバーシブルストール。同じくカシミヤ100% お値段¥29,000+税


yahooshopping.jpg

【リンク先に商品がない場合は完売しております。】

↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。

Facebookのいいね!
 シェア

2014年9月 8日

18連続落選。記録更新なるか?

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。

    ↓

ブログランキングのバナー

東京マラソンはプレミアム会員(入会金4,320円)5人集めて、プレミアム会員枠でグループエントリーしておりましたが、そのグループエントリー枠では落選。今は一般枠の抽選待ちでそれが25日発表。そして本日は2015年第一回横浜マラソンの抽選発表がありました。


グループエントリーですから、チームメンバーの代表者にエントリーをしてもらい、その結果が15時から配信されるということで、その代表者からの連絡待ち。


結果は。


このたびは横浜マラソン2015「一般枠」にお申込みをいただき、ありがとうございました。

申込み多数のため厳選なる抽選を行った結果、誠に残念ながらお客様のご希望に添えない結果となりました。


何度見たでしょうか。このような文面。「誠に残念ながらお客様のご希望に添えない結果となりました」

これまでの戦歴を整理しますと。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今まで2007年の東京マラソンから2014年の東京マラソンまで8回連続落選。
プレミアム会員枠の抽選落選。今一般エントリーの抽選待ち。


第1回の京都マラソン落選。その後は京都はエントリーはしていません。

大阪マラソン4回連続落選

神戸マラソン4回連続落選

第一回横浜マラソン落選

18回連続都市型マラソン連続落選。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

となるわけです。横浜マラソンまでデータ化されていませんが、以前にもブログでご紹介させて頂いたサイトに確立を入力しますと。


cyusen_kekka.jpg

http://www.sc-runner.com/2013/10/marathon-lottery-calculator.html

■上記エントリー17回でこの通りの結果になる確率 2.6821252% (37.3人に1人の割合)

■上記エントリー17回で最低1回は当選する確率 97.3178748% (1人に1人の割合)

これによりますと、最低一回は当選する確率が97%以上ありまして、これに横浜マラソンもいれるとなると果てしなく100%に近い確率で18階で最低1回は当選するということになります。


このまま25日の東京マラソン発表で、19回連続になるか?それとも更に更新を続けるか?私は一体どっちを望んでいるのでしょうか?(笑)


↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。

Facebookのいいね!
 シェア

2014年9月 9日

スイスコットン、アルモの170番手200番手の生地

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。

    ↓

ブログランキングのバナー

シャツを発送したメールをお送りして、その返信のメールに横浜マラソン当選のお知らせを頂き、がっくりの私です(笑)いやそんなことはありません。横浜マラソンのエントリー代金で、100キロも走れるのですから、距離単価は安い。しかもエイドではいろんなもの食べられます。その日の食費はゼロ。前向きに考えて頑張ります。


さて、今日は生地のことを。以前にも書いたと思いますが、生地の質の良さを示すのに糸番手があります。番号が多くなるほど糸が細くなり、着心地が良くなる。ただメンテナンスも必要ともうしますか、ご自宅でのプレスはなかなか難しいものとなります。重たいアイロンで押すようにしてシワを伸ばす必要があるからです。それでも170番や200番の糸番手の細いものも人気があります。クリーニング屋さん泣かせでもあるかも知れませんが。


生地商の説明によりますと「綿1ポンドを引っ張り840ヤードまで伸ばしたものを1番手。その倍1680ヤードに伸ばしたものが2番手。100番手となると84000ヤード。となるとのこと。糸番手が上がると糸が細くはなりますが、その糸の細さが何ミリだから何番手という表現はできないということです。逆にそれだけ伸びる糸じゃないと細番手のものは作れません。伸ばせる綿を超長綿と言い。エジプト綿や海島綿がそれに該当します。


イタリアの生地はあまり糸番手にこだわらない所もあるのですが、スイスのアルモ社の生地には糸のクオリティを生地のタグに織り込んであります。

alumo200170.jpg

上のタグは200番手。200番の双糸を意味しますので「200/2」となっています。下の生地は170番手「170/2」とあります。

alumo170blue.jpg

こちらが170番手の生地。白ドビーが美しいブルーストライプ生地です。

alumo200blue.jpg

こちらが200番手の生地。上品な淡いブルーのストライプの間にこちらも白ドビーストライプ。今年はこのような光沢のある品の良い生地がコレクションに沢山出ていました。注目です。


それぞれの生地の画像をクリックすると、生地のページにリンクされます。

↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。

Facebookのいいね!
 シェア

2014年9月10日

白山白川郷ウルトラマラソンに向けての最終練習

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。

    ↓

ブログランキングのバナー

目が覚めたのが4時過ぎでした。アラームは5時10分に合わせていたのに。目が覚めたというよりもトイレに行きたくなった(笑)寝る直前の焼酎水割りがいけなかったのでしょうか?

結局起きて5時15分頃に自宅を出て、泉野櫻木神社スタート。平和町のコンビニ寄ったらスーパームーンが見えました。

201401moon.jpg

その後山側環状道路から、杜の里に抜けて、湯涌方面に。徐々に上りです。この湯涌というところは案山子で町おこしをしているのですが、よく乳母車を引っ張った案山子だとかが置いてあるのです。案山子は案山子に見えるのですが、それよりも本当にカートを引いたおばあちゃんを案山子に見間違えてしまうのが困ります。その方がびっくりする(笑)

201402kakashi.jpg

案山子と一緒に写真を撮りました。この辺りで12キロくらい。まだまだ元気ですが、まだまだ上りが続きます。

医王の里を抜けてあとは上るだけ。何とか夕霧峠に到着。先日Facebookでチームのフラッグを夕霧峠に掲げていたのを見て。聖地奪回ということで、わざわざフラッグ持ってあがりました。

2014flag.jpg


今まで何度か夕霧峠を上がりましたが、今日は今までの中で一番良い天気。福光方面も金沢方面も綺麗に見え。しかも風も心地よくこのままここにいたいくらい。

201403hukumitu.jpg

福光方面。そして。

201404kanazawa.jpg

金沢方面。

ここから下っていくのですが、今日は下りの練習。割りとちゃんと走れました。4分半くらいでスムーズに。

途中で自販機でコーラを買う時に、金沢市のゴミの収集車が横に停まり若い男性が。ちょっと挨拶をすると、「金港堂さんですね。よく見ますよ、これからどれくらい走るのですか?」いや多分このTシャツと同じTシャツを着ている他のメンバーも沢山いるし全員私ではないと思うのですが。少し会話をして、「また今度」と言われて分かれました。その方もマラソンやっているそうなので、スタート地点でまたお会いしましょう。


というか「今度と」と言われても次お会いした時にお顔を覚えているだろうか?声かけて下さい。


何とか走り終えてジムでお風呂。44.210 km 4時間18分10秒 


201405tokei.jpg


写真がぶれぶれなのは、マッサージチェアの上で撮ったからです。


今日は休日なのでこの辺りで。

↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。

Facebookのいいね!
 シェア

2014年9月11日

やはり「ぐぐっと」来るような商品が必要。

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。

    ↓

ブログランキングのバナー

appleのiPhone6の発表がありました。


でもやはりiPhone5が出た時とは違う。

あの時は直ぐにでも欲しかった。


今は暫く見てからにしよう。


多分このような商品でも洋服でも一緒なんだろうな~と思う。これが欲しいと思うような服が出てこない限り売れないのではないか。

ただオーダーの場合は今あるものを売るわけではなく、無いものを売るということで、普通の商品とはちょっと違う。しかしこの生地で作ってみたい!という衝動にかられるような生地が必要。


NO-M1169 立体感あるざっくり織りのブルーチェック イタリア・カンクリーニ社 綿100% 80番単糸×80番単糸

このような立体感のある生地など如何でしょうか。ぐぐっと来ませんか?


これからも良い生地をご提供できるように、頑張ります。


↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。

Facebookのいいね!
 シェア

2014年9月12日

DJアンダーソンのチェック生地。

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。

    ↓

ブログランキングのバナー

今日はちょっと用事があって、午前中に富山県の城端まで、iPhoneのパノラマで撮りましたが、この景色は肉眼じゃないと残念。ましてや725ピクセルではちょっと表現できないのが残念ですが、雰囲気だけでも。


zyohana_keshiki.jpg


これを見て何を思ったか。自然の色合いに勝てるものはないかな?と。


色々とバタバタしてまして、本日は生地のアップが3点のみ。DJアンダーソンの200番手の生地を3着アップしました。


NO-DJ35431 200番手のブルーの小格子生地 デビッド&ジョンアンダーソン社製 綿100%

小格子です。糸が細いのでチェックも繊細になります。


最近思うこと。近頃の若い人は・・・近頃の年寄りは・・・

それって自分勝手なだけ?(笑)いや羨ましいだけかも。そう言えば若い時は商店街の幹部の方に若いメンバーの話を聞いてくれないと思ってたし、今になると逆に若い人がもっと意見を出して欲しいと思ったり。やはり自分勝手なのかも(笑)今から考えるとずいぶん私のわがままを聞いて貰ってたと思います。結局は自分勝手な私でした。


昔からのお客様には52歳の私をまだ若いと言ってくれる人もいます。いつまで経っても自分の年齢と戦っているのかも知れませんね。

↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。

Facebookのいいね!
 シェア

2014年9月13日

歌もファッションも繰り返し。良いものは残る。

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。

    ↓

ブログランキングのバナー

金沢JAZZ STREETが開催されているのですが、店から一歩も出ずに仕事をしておりました。当たり前ですが、仕事中ですから遊ぶわけにもいかず。そんな今日ですが、ツールド能登が開催されたり、各地でトレランのレースがあったりで、郊外でのレジャーが盛んになるにつれて、土日の商店街の盛り上がりがイマイチだったり(当店だけか?)


そんな中沢山生地をアップすることができました。

NO-M1201 ネイビーベースの立体感あるカジュアル生地 ゲッツナー社製 綿100% 

こんな生地とか。

NO-M1196 赤のストライプでメリハリのきいたストライプ生地 イタリア アルビニ社製 綿100%

こんな生地とか。そしてカルロリーバも。

NO-M1194 流石の肌触り、ベーシックなブルーストライプ 170番最高級生地 イタリア・カルローリーバ 綿100%

明日また生地をアップします。ようやく秋モードに突入ですね。

ファッションも昔のファッションが若い人にとっては新しかったりする。最近CMでは私が若い時に流行った歌が多いようです。それは我々くらいの年齢の人がそういう業界でも中心になっているからかも知れませんね。

吉田拓郎さんの「流星」という歌を手嶌葵さんがカバーしたものです。

これは吉田拓郎さんがかかわったCMの全てをまとめられたもの。これは凄いです。

歌もファッションも繰り返し。良いものは残るのですよね。

↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。

Facebookのいいね!
 シェア

2014年9月14日

4柄どこでもOKのポケットチーフ

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。

    ↓

ブログランキングのバナー

どちらかと言うと静かな一日でした。


街中はイベント満載で、かなざわJazzStreetそしてワイン金沢など。街中は人でいっぱい。お酒やJazzに酔ってふらっと来られるお客様が多いか?というと、お酒飲んだ勢いでオーダーシャツを作られる方はほとんどいなく、金港堂に目的を持って来られたお客様は駐車場に車が入れにくかったと言われ。イベントすると当店は比較的静かな日を送ることになります。


が、そんな中ご来店を頂き、御注文を頂きましたお客様。本当に有難うございます。「やはりあなたの所のシャツは着やすい」と。着やすいのは恐らく身体のバランスもオーダーシャツに反映したりもしているからかな?と思ったら。「いや生地がいい」とのことでアルモの200番手の生地の御注文。心より感謝申し上げます。


正直200番となりますと、扱いはしにくいですけどね。まるでシルクを羽織っているような感じだと思います。

シルクと言えば。当たり前ですが、ネクタイはシルクでできています。綿ではありません。これはやはり強く結ぶものですが、シルクの場合は回復力があります。丸めておけば自然と結び目も戻っていきます。ただシャツの衿やカフスと一緒で中に芯が入っておりますので、最初の結び方が変でそのくせを付けてしまうと、芯がそれを覚えていて、綺麗に結べなくなる場合もありますので、気を付けて下さい。

更にシルクといいますと。

ポケットチーフです。はいご用意しました。


p_cheif_brown.jpg


実はこのチーフ。4柄になっています。


p_cheif_brown2.jpg


こちらのチーフ上のブラウンを入れて5色ご用意させて頂きました。¥3,000+税

p_cheif_4.jpg

ライトブラウン(ベージュ)・ネイビー・レッド・グリーンです。下記のバナーのヤフーショッピングで更に詳細の画像を載せておりますので、ご確認頂ければと思います。


yahooshopping.jpg

【リンク先に商品がない場合は完売しております。】

本日はチームの朝練でした。12キロのラン前半ビルドアップ、我慢できないメンバーについていったら3分51秒まで上がってその後撃沈。作年よく10キロ40分切れたと思いますわ。今年は切れるのかした?

練習終了後本日レースに臨むメンバーの完走を祈って「KANSOU」の人文字。信越五岳トレイルラン・白馬国際トレイルラン・雁坂峠越え秩父往還142km。全てのランナ-が完走できますようにという願いを込めて。

kanso.jpg


完走を祈ってほしいのは私の方だけど。

↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。

Facebookのいいね!
 シェア

2014年9月15日

ワイングラス・クリップのプリント生地登場

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。

    ↓

ブログランキングのバナー

巷では三連休ですが、私は当たり前ですが、ずっと店におりまして、商品の写真撮りだとかホームページへのアップとか行っておりました。


が、たまたま隣の109の方から良い音が聴こえてくるので出てみると。Kanazawa Jazz Street最終日。こんな方々が演奏しておられました。


2014jazz1.jpg


バンド名のチェックを忘れてしまいましたが、パンフレットによると「Junka♪TRIO」とのことです。何故にこのバンドが気になったかというと。


2014jazz2.jpg


ボーカルの女性と知り合い?とか。いや違います。

2014jazz3.jpg


ドラムが同級生でした。金沢少年合唱団確か第16期生。彼はソプラノ、私はメゾソプラノ。歌からドラムに転身しておりました。本当に同級生です。髪の本数は関係ありません。

さて、ここまでは仕事の合間。仕事は何をしていたかと言うと。


NO-8728958 ワイングラスのプリント生地 イタリア レジウノ社製 綿100%

ワイングラスのプリント生地をホームページにアップしてたり。

NO-8728957 クリップ柄のプリント生地 イタリア レジウノ社製 綿100%

クリップ柄の生地をホームページにアップしてたりしました。イタリア「レジウノ」の生地でお仕立て上がり¥19,000+税です。


さて三連休残り僅か。みなさ~ん明日から仕事ですよ。


↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。

Facebookのいいね!
 シェア

2014年9月16日

流行には関連性がある

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。

    ↓

ブログランキングのバナー


シャツの衿が最近小さくなってきているのは、ネクタイの巾が狭くなり、結び目が小さくなってきている傾向にあるから。それと同様にスーツやジャケットの衿巾も小さくなってきている。一般的にネクタイの大剣の巾とスーツの衿巾と同じくらいと言われているので、今は8センチ~8.5センチ程度が妥当なのだと思います。


洋服のVゾーンを構成する、ネクタイとシャツ、そしてジャケットもしくはスーツ。どれが一番最初にその流行の主導権を握っているのか。ジャケットにすると「ネクタイめ、最近巾が細くなってきたぞ、仕方ない合わせて衿幅を小さくするか?」と思っているのか。逆に「スーツのやろう、最近衿巾小さくなってきたから私の大剣の巾とあわねぇじゃねか。ちょっと大剣の巾を狭くしようか?」とネクタイの方が思っているのか。

多分シャツは「両者の意見に従いこちらの方で調整させて頂きます。」という控えめな感じだと思うのですが。

というように、一つだけ変わるのではなくて、一つが変わるとそれに連動していろんなものが変わっていくわけです。


「最近靴下の野郎派手じゃねえか?」と思っているのは、パンツの方かも知れません。逆に靴下の方は「パンツの丈が短くなってきたから、うかうか昼寝もできない、出かける時はいつも化粧が必要じゃねぇか!」と言っているのかも知れません。


そんなことを言っている靴下がここにあります。

2014aw_armani1.jpg

アルマーニのソックス四色です。

2014aw_armani2.jpg

そして、こちら。


2014aw_armani3.jpg


最近私も今まで普通に履いてたジーンズの丈がやたら長く感じ、ロールアップして履いてます。となるとやはりソックスはいつも綺麗に化粧するようになりました。


この場合ソックスの場合は、パンツの丈が短くなった影響を受けているのかも知れません。


EMPORIO ARMANIのソックス¥1,300+税

↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。

Facebookのいいね!
 シェア

2014年9月17日

定休日

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。

    ↓

ブログランキングのバナー

定休日でした。先週も定休日は休んだはずなのに、連休があったせいか、何となく久しぶりに休んだ感じ。それで今日はiPhone6が出ようという時にiPhone5のバッテリー交換に。バッテリー不良でバッテリー交換プログラムに該当してあったので、無償での交換となりました。バッテリーの減りが以上だったので、これでまともに使えるようになりました。私はiPhone6買うのか?見てからにします。

さてお昼ごはんは「金沢さぬき」さんへ。SNSで見てて絶対に一度食べたいと思っておりました。

wakame.jpg

鳴門のワカメ。長いのです。一年分のワカメ食べましたわ。ワカメをある程度食べるとうどんが出てくるという感じ。これに小さい天丼。松茸入りでした。美味しく頂かせて頂きました。


さて、その後高校の同窓会の理事会に参加して、そして不定期練習会に。


100キロウルトラマラソンの本番は次の日曜日でしたので、今日は調整に。1キロだけ気合入れてはしりました。3分35秒。まぁまぁでした。

9時ぎりぎりまで練習をしていたためにいつもの集合写真は入り口のところ。

09yoruren.jpg

タイトルは「ダメよダメダメ」だそうです(笑)お疲れ様でした。

↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。

Facebookのいいね!
 シェア

2014年9月18日

オーダーシャツは自宅で洗えるか?

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。

    ↓

ブログランキングのバナー

今日はオーダーシャツのお洗濯に関して。

よく、シャツを御購入頂いて、自宅で洗濯できますか?と聞かれます。綿素材ですからどんなものでも洗濯できると思いますが、糸番手の細いものはデリケートな生地でもありますし、何でもかんでも一緒にして洗濯機でグルグル回すのは、生地に傷をつけたりする可能性もありますし、ネットを使うとか慎重にして頂ければと思いますが、間違いなく洗えます。

ただ、洗えても、プレスはなかなか難しい。ご自宅で洗えるか?という答えであれば、洗えるなのですが、プレスをかけられるか?となるとなかなか難しいのが本当です。


当店で扱うシャツのうちインポートの生地で概ね2万円以内の生地であれば、糸番手で言うと100番手双糸くらいだと思います。120番クラスのものもありますが。


100番手くらいの、しかもインポートの生地だと張りがあって、ご家庭でも何とかアイロンをかけられるかと思います。


例えばビジネス使用であれば、トーマスメイソンの140番(ゴールドライン)くらいであれば、生地にも張りがありますし、140番でも他のブランドの140番(国産のものを含めて)よりはシワにはなりにくいものの、ご自宅でプレスができるか?というとそれも難しいところです。

何故ご自宅でプレスが難しいか。その答えが下記の映像にあります。クリーニング屋さんはこんなにしっかりプレスをしているのです。

当然当店でも、工場では10ポンドアイロンという業務用のかなり重たいアイロンで仕上げております。

【2010全国ワイシャツ仕上げ競技大会】



遠慮することなく、上からしっかりと体重をかけてプレスをしていますね。これくらいの仕上げが必要となると、ご自宅ではなかなか難しいのが本当かと思います。


ただ、トラブルが多いのが、これを機械化しているクリーニング屋さん。プレス機でプレスをかけるので、ボタンがシャツにめり込んでいる時があります。このように手でしっかりとプレスをかけてくれる、クリーニング屋さんだったら安心してお願いできますね。


↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。

Facebookのいいね!
 シェア

2014年9月19日

今からご用意させて下さい。起毛の綿シャツ。

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。

    ↓

ブログランキングのバナー

ようやく涼しくなってきました。私も昨日からシャツ1枚では外に出るのもと思いジャケットを着用。と言っても春物なのですが。ですから色合いが少し浅い。まだ冬物のジャケットを着るには早いので、今は本当に着るもの悩みますよね。


意外と使えるのが春物のストール。冬物は防寒用のマフラーになりますので、まだ早いのですが、ここで春物を春にしっかりと買っておくと重宝することがあります。


さて、オーダーシャツは今着たいと思っても、今御注文頂いてもできあがるのは10月の最初。その時期の気温を考えるとそろそろ作り始めておいた方がいいのではないですか?というのが我々売る方の思い。


トーマスメイソンでは珍しい起毛タッチの綿シャツ生地も入荷しております。

NO‐T1188 マルチカラーチェックの綿厚手のカジュアル生地 イタリア・トーマスメイソン社製 綿100%

ちょっと大柄な色んな色を織り交ぜたチェック生地。

NO‐T1193 グリーンベースの小格子綿厚手のカジュアル生地 イタリア・トーマスメイソン社製 綿100%

こちらは上の生地よりも少し小柄。今からお作り頂きますと、丁度ご着用の季節になります。お仕立て上がり¥18,000+税 シャツ生地の画像をクリックして頂きますと、それぞれの生地の詳細を記したページが別ウィンドウで現れます。是非よろしくお願いいたします。

さて、明後日に迫った白山白川郷ウルトラマラソン。どうなるのでしょう100キロ。不安でいっぱいです。出来る限りやってきます。


では。

↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。

Facebookのいいね!
 シェア

2014年9月20日

明日100キロ走りますので、私はお休み頂きます。店は開いております。

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。

    ↓

ブログランキングのバナー

明日は店は10時よりオープンしておりますが、私は1人お休みを頂きまして、白山白川郷ウルトラマラソンに出走してきます。白山スーパー林道を往復という無謀なレース。

目標は「完走」です。

この歌のように謙虚に自分のレース展開ができればと思っております。日曜日にお休みを頂くことをお許し下さい。


↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。

Facebookのいいね!
 シェア

2014年9月21日

白山白川郷ウルトラマラソン100キロ

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。

    ↓

ブログランキングのバナー

石川県白峰側から岐阜県白川郷までスーパー林道を往復する100キロ。制限時間15時間。コースの標高差は約1,230m、累積標高差は約2,530m。


苛酷なウルトラマラソン。

hakusan_goal.jpg

画像が小さくて申し訳ありませんが。12時間19分42秒 ゴールしました。復路の上りは全く走れず。下りで走れたので、自分としては良い結果になりました。

本日はご報告だけで申し訳ありません。応援有難うございました。

↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。

Facebookのいいね!
 シェア

2014年9月22日

秋のノータイファッション

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。

    ↓

ブログランキングのバナー

一昨日からウルトラマラソンの準備や出走等でブログが疎かになり申し訳ありませんでした。完走記を楽しみにしているのかどうか?というかマラソンに興味がない人にとっては迷惑なだけの話しですからね。まだ執筆準備には入っておりませんが、徐々に書いていければと思います。既に結果だけ昨日アップしましたら、お分かりになるかと思います。


今日は昨日お休みを頂いた分。日曜日に頂いた御注文に返信をしたりしており、今の時間になりました。マラソンに関してはまた後日ということで。


クールビズって今でも続いているのご存知でしたか?こんなに涼しいのに。室温を28度に保つためにはもしかすると暖房入れなくてはいけないのじゃないか?と思います。


昔は10月までだったのが、それこそ環境の変化か先ほど環境省のホームページを見てみると。平成26年度スーパークールビズの実施について(第2報)(お知らせ)9月30日までとなっていました。


まだ暫くはノータイで大丈夫なようです。しかし元々このスーツにノーネクタイというスタイルはお洒落な人には既に取り入れられ済みで、クールビズとは関係のなしで年中という方もいらっしゃるのも間違いない。そこで先日ノーネクタイの場合はポケットチーフを使ってほしいと書いたわけでございます。


そこで、これからのノーネクタイのファッションも、クールビズのようなシャツで良いか?というと気温も下がり秋色を取り入れて欲しいと思います。例えばこんな生地。


NO-M1199 ネイビーの大胆ストライプ イタリア テスタ社製 綿100%

ポイントは1色であって、ストライプの間隔を変えて生地を構成しているということ。シックでシャープ。勿論こんなシャツにネイビーのソリッドタイなどしたら、もうクラクラします(笑)


色違いに「チャコールグレー」もご用意しております。お仕立て上がり¥18,000+税如何でしょうか。

↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。

Facebookのいいね!
 シェア

2014年9月23日

二部構成 (1)迷彩柄のルームシューズ(2)白山白川郷ウルトラマラソン完走記(1)序章

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。

    ↓

ブログランキングのバナー

昨日のブログで、ウルトラマラソンのことを書かなかったら、早く完走記をというお声も頂きました。しかしながら、マラソンをしていない人には全く興味のないことでございまして、ファッションだけを求めてらっしゃるお客様もいらっしゃいますし、本日から二部構成でお送りしたいと思います(笑)


迷彩柄、カモフラージュ柄、カモフラ柄などと言いますが、最近はこれもトレンドではなくて、ファッショアイテムとして定着したと言ってもいいほどかと思います。このことはこのブログにも以前書きましたが、シャツ生地のデザインまでこのカモフラ柄があるくらいですから。




そこでシャツ生地に次に何が出てきたか。これです。




kamofura_rs1.jpg



カモフラ柄のルームシューズです。これからの季節足元が冷たくなります、部屋履きもお洒落に。



kamofura_rs2.jpg

価格¥3,500+税になります。当店のYahooショッピング店にて販売しておりますし、更に詳細の画像をアップしておりますので、そちらを是非ご覧ください。

yahooshopping.jpg



【リンク先に商品がない場合は完売しております。】


取り敢えずはブログランキングの応援もお願いいたします。

ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。



・・・・・・・・・・・・・・・・ここからはウルトラマラソン完走記に入ります・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




白山白川郷ウルトラマラソン完走記(1)序章


今私はレジェンドと呼ばれている。レジェンド「伝説」。もともとスキージャンプの日本代表葛西選手の愛称だが、私の場合は都市型マラソン18回連続落選という不名誉な記録からその名をチームのメンバーに付けられてしまった。




その汚名?を晴らそうと、いや私のことを可哀想だと思ってくれたチームのメンバーの1人が、東京マラソンプレミアム会員https://onetokyo.org/static/index/pageid/member(年会費4,320円)を払った5名を集めて、プレミアム会員だけの先行エントリーをグループとしてエントリーし、私の記録更新を阻止しようと計画を練ってくれた。


それは必死で、白山比咩神社で絵馬を書いてくれたり、長野の善光寺で同様に絵馬を書いてくれたり、私も京都の護王神社(足腰の守護神)で絵馬を書いたりし、もう当確当たり前という準備をし練習をしはじめた。



ema.jpg




勿論当選するつもりで練習を始める。6月10日アップダウンのあるコース20.262 kmを1時間32分18秒で走りキロ4分33秒ペース。なかなか良い走りができた。翌週6月17日19.880 kmを1時間28分49秒でキロ4分28秒ペース。スピード持久力が付いてきた。こんな練習を続ければフルだって速く走れると思って練習に励んだ。


そして当落発表の日。結果は「このたびは東京マラソン2015の先行エントリーにお申込みいただき、誠にありがとうございました。定員を超えるお申込みがあり、厳正なる抽選の結果、誠に残念ながら今回はご意向に沿えない結果となりました。」と今まで東京マラソンでは7回見続けてきた落選のお知らせ。チームのメンバーに本当に申し訳ない。


このグループエントリーでチームより5名集め、後からグループエントリーに加わりたいと言ってきた1名は単独でのエントリーになりこれが見事当選。初フルマラソンを東京マラソンというオチ付きなわけだが。これは2007年。今から7年前に東京マラソンを初フルマラソンにしようと思って、エントリーした私の夢でもあるがそれを、簡単に成し遂げてしまった強運のメンバーとなった。


これで11月開催の「いびがわマラソン」のエントリーは頭に無かったので、神戸、大阪とも落選をし、秋のフルマラソンは走る予定がなくなった。そんな7月7日の七夕の日。お星様を眺めるわけでもなく、パソコンの画面を眺め何を思ったか、エントリー料金18,927円もする白山白川郷ウルトラマラソンのエントリーをポッチッたわけである。


エントリーした日の前後に若干の左膝の痛みを感じつつも、治療院に行き針を打ってもらい、全く痛みを感じなくなったことからエントリーした二日後の7月9日に、白山スーパー林道を往復走る練習として、坂道でのトレーニングを開始。大桑のヤマダ電機裏の650メートルの坂(内約100mは平らな道)4本ダッシュで上ったのだが、この練習が致命傷となったのは後で知ることになる。




坂道トレーニングの翌日からまた左膝に痛みを感ずるようになった。ジムのトレッドミルに乗るものの着地に痛みがあるので、トレッドミルと自転車トレーニングを並行するようになった。その翌週の朝練。辰巳ダムの方に上るが、下り坂は痛みが膝に走り早く走れない。痛みを我慢しながら、仲間と12.7キロを走るがこれが治療に入る最後のロング走となった。




613asaren.jpg



その後は痛みが出ない程度にほんの数キロのトレッドミルと、自転車、そして体幹トレーニングと走る以外でのトレーニングを積んでいった。結局7月の走行距離は82キロに終わる。


痛みがとれれば出走しようと思っていた、7月27日福井で開催の「南越前町花はす早朝マラソン」はマラソンを初めて最初の「DNS」(Do Not Start)となり早朝2時に仲間と一緒に福井に向かい。応援だけをして帰ってきたという虚しい経験。ただ応援も気楽で楽しかった。




hanahasu_mr.jpg



9月にウルトラマラソンを走のであれば、8月もそこそこ走りこむ必要があるが、実際走り出せるのがいつか分からない状況の中、7月の走行距離が100キロもいかない状態。それで9月に1日で100キロを走るレースに出れるのか?とにかく不安だけを抱えての7月の練習を終える。


8月に入り。走らないと決めて我慢に我慢を重ねた10日頃。ちょっと走ってみたが痛みはない。ならばそろそろと思い。数日更に我慢をし定休日の11日月曜日。市営陸上競技場にて5キロ程走ってみた。トラックならば安全だろうと思ったのもある。痛みもなく走れた。完治したかな?と思い翌々日の13日水曜日。海までの19.5キロをゆっくりとしたペースで走ってみる。痛みはない。さぁここから練習だ。27日間ほぼ走らず我慢してようやくここまで来たのである。




翌日平日であったがチームのメンバーのお誘いもあり、大乗寺丘陵公園から白山さん往復25.5キロを走ったが、脚力は本当に落ちていて、最後はヘロヘロ。こんな状態で100キロ走れるのか?25キロなんてウルトラだったらまだ序盤じゃないか。とにかく不安ばかりが頭をよぎる。



shirayama_asaren.jpg



そしてその後、レース感を取り戻す為にとエントリーをしていた、「たいらクロスカントリー大会」5キロ。これは短い距離だし大丈夫。入賞も狙って走り、復活の狼煙を上げようと思った大会であったが結果は惨敗。

年代別9位。5キロなのに途中で歩きまで入るという結果に終わってしまっ。


2014taira10.jpg




【すみません。まだウルトラマラソンのスタートに立てませんが、一気にスタート近くまで書いてしまいます。】




脚が治れば練習あるのみ。ただ練習計画を立てるが、ロングを走るには休みを使わないといけない。その定休日に出張が重なりなかなか休めない。ようやく一日何とかなったが8月27日の水曜日。既にウルトラマラソンまで一月を切った所での50キロ走となった。


練習でも残り1キロが走れず、自動販売機でコーラを買ってそれを飲み干してから何とか辿り着くという状態。あと一月で何とかなるものだろうか。



201450.jpg



勿論50キロを1度走ったくらいで、標高差約1,230m、累積標高差は約2,530mのウルトラマラソンを攻略できるとは思っていない。しかし疲れを残さずに本番に挑むには時間は限られている。そしてこの50キロ走を入れても8月の月間走行距離は187.350キロにしか到達していない。一月かけてこれだけの距離しか走っていない人間が一日で100キロを走破できるほどマラソンはあまくはない。




翌週の9月3日も出張であった、何とか大阪からとんぼ返りで夕方の市営陸上競技場に入り10キロを走り。翌週の9月10日本番の11日前に夕霧峠までの坂道44キロを走り切った。ウルトラを考えると11日前のロング走は本当にギリギリの所だったと思う。以上を本番前の練習とした。


2014flag.jpg



ここからは調整。日曜日のチームの朝練で12キロ走ったものの、徐々に距離を落としながら疲れをとっていく。ただ52歳の私がどれだけ回復できているか。それだけが心配であった。ただこの44キロを走らずに本番を向けるような冒険もできなかったので、これは結果として良かったものと思っている。

さて、本番前日、いよいよ次回でスタート地点に立てるか。

続く。


↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。

Facebookのいいね!
 シェア

2014年9月24日

MEN'S CLUB60週年記念号/白山白川郷ウルトラマラソン完走記(2)

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。

    ↓

ブログランキングのバナー


今日は出張でした。リバティープリントの仕入れなど。その辺りはまた生地ページにアップさせて頂くことにして、帰りに書店により久しぶりに手にしたファッション雑誌。


mensclub.jpg

私はほとんどと言うか、あまりファッション雑誌を購入しません。と言うのは本当の情報はやはり仕入先から仕入れることが多く、ファッション雑誌はメーカーとのタイアップが多く、最近ちょっとおもしろくないから。ただ久しぶりにパラパラとめくったこの雑誌は面白そうなので購入しました。


MEN'S CLUBと言えば、昔から「メンクラ」と言われファッション雑誌の草分け的な存在。私がアパレル関係の職業についたときは、このメンクラとPOPEYEを読んで勉強しました。メンクラはもともとがアイビーやトラッドを主体としたファッション雑誌。

最近はイタリア物をメインにするファッション雑誌がほとんどですが、ベースをトラッドに置いておくと、基本に戻りやすい、そして基本から巾を広げられるということがあります。

記念号ということで、僅かなページですが、寄稿しているのが、ビームス社長の設楽氏、シップスの鈴木氏、ユナイテッドアローズの栗野氏と重松氏、そしてミュージシャンの松任谷正隆氏。全ての方が私よりも年齢は上ですが、ベースがトラッドだと話しておられる。まさにその通りだと思います。もしよろしければお買い求められたら如何でしょうか。珍しく雑誌のご紹介です。


マラソンに興味がない方は大変恐縮ですが、ここでブログランキングクリックお願いできませんでしょうか。以下ウルトラマラソン完走記に入ります。



ブログランキングのバナー





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・以下完走記に入ります。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




白山白川郷ウルトラマラソン完走記(2)


レースが終わった翌日ゆっくりと温泉にでも入り、疲れた身体を癒やそうとジムに行った。決して完走したドヤ顔を見せに行ったわけでもないのに、ジムの皆さんが完走をFacebookやブログで知っていたのか、前日のコースやレースの展開を聞きに私の傍に近づいて来られる。これはこのレースに興味があり、実際自分も走ってみたいと思われているのだと話が終わって気づいた。



詳細はこのブログに。確認して頂ければと思うが、初めてウルトラマラソンに挑むのにこのコースを選ぶのはどうか?と思うが、一度でもウルトラマラソンを走られた方は、決して走れないコースではない。ということを完走記で書きたいと思う。と言うのは一昨年珠洲のウルトラマラソンを走った時のタイムと今回のタイムは20分も離れていないからだ。



さて、レースの前日。といきたいところだが、その前日。レースの前々日はやはりジムのお風呂だけ入りに行った。カウンターで受付を済まし、階段を下りていくと、そこにはM岸女史が。彼女にはウルトラマラソンを走ることを決めた時に岩本能史コーチの「100kmマラソンは誰でも快走できる」という著書をお借りしていた。今までは小出義雄監督の著書「30キロ過ぎて一番速く走るマラソン」を愛読していたが、ここで読む本も方向転換。

走り終えたので、早くお返ししないと。そこにはもし故障等でウルトラの練習が満足にできずに、スタートを迎えるようになった場合。というようなくだりがあった。確か3~4日で分割して100キロを走れというような内容であったと思う。

これは時間的に言っても無理であることが分かった。「快走」を約束してくれる著書に書いてあることも守れないので、正直タイムは考えずに何とか制限時間内にゴールすることだけを考えるようになる。



ようやくレース前日。本来であれば、前日エントリーで受付会場の白嶺小中学校に行かなくてはいけなかったのだが、前日も仕事であったために私の師匠O山さんにゼッケンの引換証を渡し、当日受け取ることにした。私と同じ年齢でありながら、サブスリーランナー。10年以上も前私が走る前から先ずは当店のお客様としてお付き合いを頂いたのだが、もともとは決してスリムな体型でなかったことは、洋服屋である私しか知らぬことかも知れない。ここで書いてしまったが。


明日100キロを走ると言っても仕事があり。本来であれば20時まで仕事はあるのだが、本番当日は午前2時前に自宅を出ることを考え、午前1時に起床するとして、8時に就寝しても5時間。これくらいは必要だと思い、ちょっと早めの19時過ぎに店を出させてもらう。事前準備はしていたものの、食事をし、風呂に入り、最終の点検をし、テーピングを施すとやはり就寝は21時となった。



私は偏平足でフルマラソンを走ると、後半足裏のアーチが落ちて、痛みがはしり本当に走れなくなる。珠洲のウルトラマラソンの時は72キロ地点での学生のボランティアに、マッサージを受け、無理やりアーチを起こしてもらって何とか完走した経験がある。今回一緒に走るI立君にそのことを話すとアーチを上げるテーピングをしているとのこと。その方法を教えてもらい、今回そのテーピングが役立ったようだ。またいつも心配をしてくれる、チームのT尾さんから、膝用のテーピングを頂き、それも行った。あと一つ本番前の準備として、護王神社で頂いてきた「足の御守」をランパンに安全ピンで装着した。以前に野口みずき選手がランパンに御守を縫いつけているのを見て、これを真似しただけなのだが、この行為が当日悲劇を生むことになろうとは知るすべもなかった。



御守




ふと時計を見ると20時50分。早く寝ないとと思い。早々にベッドの中に入る。当然寝付けやしない。寝ているのか起きているのか分からない状況の中一度だけ目が覚めたものの、iPhoneで設定した午前1時のアラームとともに目が覚めた。

寝れている。大丈夫と自分に言い聞かせてベッドから出て階下のリビングへ。とにかく食事だ。前日20時前に食事をし、5時間後の午前1時に食事が出来るか?前日に残しておいてと頼んだ中華スープをレンジで温め、そして前日に購入していたおにぎりを口に頬張る。食べることができる。良かった。もしここで食べられなければ、前半からエネルギー切れを起こす可能性もあったので、食事を摂れることで少し安心をした。そしてこれもコンビニで購入してあった、小さなアンパンが5つくらい入っている袋から一つを取り出し、それをポカリスエットとともに胃の中に流し込む。これだけ食べられば大丈夫。直ぐにでも走れるようにとランパン、Tシャツランシャツ、そしてゲーターとソックスを着用し、忘れ物がないようチェックをし、最後の準備トイレに入り減量化作戦。いわゆる(大)である。



ところが出ない。当たり前か。私は便通は良い方なのだが、流石に夜中の2時前に腸が私の指示に従ってくれるほどあまくはない。そういえば一昨年の珠洲ウルトラの時も一日重たいものを腸に持ったまま走ったのをこの時思い出す。白山の簡易トイレに置いてくるか。と思い自宅を出る用意を進める。



1時50分に一緒に行くT尾女史の所に迎えに行く予定だったが、作戦の失敗により少し遅れることをDMし、自宅の鍵をかけて愛車に乗り込む。前日ナビに白嶺小中学校を登録しておいたから間違いなくスタート1時間前には到着するはずだ。



T尾女史は今年は応援で来てくれるのだが、来年はこの白山白川郷ウルトラマラソン50キロに挑戦する為の、イメトレも兼ねての応援ということ。彼女の応援はとにかく元気が良いというかうるさい。まぁ静かな応援などあり得ないので、これはこれで有難いが、ちんたら走っていると遅いと怒ることもある。



その女史をピックアップして会場に向かうが、私のレースに向かっている車の中、しかも夜中の1時過ぎにも関わらず、とにかく彼女はしゃべり続ける。まるで歌を歌っているかのようにしゃべり続け、途中息継ぎがあり、そしてまたしゃべり続けるという感じ。車中の話題は前日に出たマラソン教室の話しであった。



ランナーには二通りあるのではないかと思う。一つは、スタート直前までそのレースに集中をし、誰もが近づけないほどのオーラを発しながら挑む人。もう一つはとにかくリラックスをして臨みたい人。私は後者の方なので、レースのことを忘れさせてくれる女史のトークが逆に嬉しかったりもする。

ということで、暗がりの中、車をとばしてきたが、少しずつテールランプが連なってくるようになり、会場に近づいてきていることを感じさせる。

誘導灯の指示に従い、大きな駐車場に車を入れる。次から次に車が入ってくるが、50キロのランナーとはスタート時間が違うので、今入ってくるのは全てが100キロのランナー。自分も含めて100キロを走るということは、普通の人には考えにくいこと、いわゆるマラソンをするランナーの中でも変態と呼ばれるような人だと思うし、自分のことは置いておいてまぁよくこれだけの人が集まるわ。と感心しながらスタート会場に向かうバスに乗り込む。

まだ座席に余裕はあるもののバスは駐車場から出発する、数百メートルくらい進んだであろうか、手荷物を見てみるとウエストポーチが無いことに気がつく、まだ駐車場内。慌ててバスのドライバーに「すみません忘れ物をしました。」と声を掛けてバスから下ろしてもらった。T尾女史と一緒にバスを降り再び車のもとへ。実はレースで一番大切なウエストポーチを忘れないようにと車に乗り込む前から腰に巻いており、それが逆に運転の邪魔になった為に、車に乗り込んだ時点で外し、ドアのサイドポケットに入れておいた為にそれを取らずに出てしまったみたいであった。忘れまいと思って大事をとり逆に忘れる。私にはよくあることだ。

一本遅れてバスに乗り込んだが、そのおかげで、今回初めてウルトラに挑戦するK村氏と一緒になった。奥さんは金沢の女子マラソン会では有名で、頻繁に入賞を重ねる方。ご主人と言えば、走っているのは勿論しっているが「夜」のイメージが強い(失礼)しかし直前水曜日の練習会でも私は禁酒に入っていたのに、飲みに行っているとのこと。私はちょっと100キロは難しくないか?と思っていたのだが、その予想を覆す見事なタイムでK氏はゴールすることになる。

さて、会場入りだ。



ultrastart.jpg




O山師匠からゼッケンを受け取らなくてはいけないところであるが、まだ会場には着いてない様子だったので、振る舞いの味噌汁を頂いて、その後長蛇の列ではあったが、トイレに並ぶ。トイレの列に今回100キロの準優勝を飾ったH瀬氏も一緒であった、談笑をし順番が来たトイレであったが、どうやら腸の方は動いてくれずに、ここでも小さい方をするのみに終わった。

このスタート前に以前にもブログにリンクを貼ったYouTubeのPJOチャンネルの皆さんと会って一方的に声を掛ける。その時点でも動画撮影中であったが、少しでもその中に映ろうとアピールしたのは言うまでもない(笑)





masamin_oen.jpg



時間も30分前となり、O山師匠にゼッケンとタイム記録用のチップを貰い、T尾女史そしてK村奥様に手伝ってもらい。ランシャツにゼッケン。シューズにチップを付けるが、緊張し手が震えうまくチップが付かない。何とかゼッケンを付けてもらったランシャツを着用し、シューズを履いて一緒にスタートする、I立さん、そしてピカチューの被りものをしたK子(男性姓)さん、応援のT尾さんとと一緒にスタート地点に向かう。スタート地点に向かう途中でもドリンクや、飴、軽食を振る舞ってくれるテントがあり、水を頂き足を進める。スタートゲートに向かうまでに皆バラバラになったが、何とかI立さんを見つけて一緒にスタート前のセレモニーを眺め、このウルトラマラソンを運営する、Wellnessの代表。24時間テレビの100キロマラソンの伴走者でも有名な坂本さんの声を聞きながら、長い長い旅路への号砲を待つ。




kanecyanto.jpg





スタート直前。もう一度ランパンの紐を締めなおそうと、手をランパンの中に入れるが、紐がない。恐る恐る手を後ろに回すと。


やってしまった。紐が後ろに。まさかのランパン逆さま?昨年のいびがわマラソンの時に慌ててランシャツの前後を逆に着てまるで飛脚のような姿で42.195キロを走ったが、今回はランパン逆さま事件か?通常ならば紐の位置を確認してランパンを履くのだが、ランパンを履く前に事前に付けた御守をランパンの前側に付けたと思い、紐の位置を確認することなく、御守りの位置を見て履いてしまったのがそもそもの失敗。横にいたI立君にそのことを話すとネタができましたね。と一言。いやネタならいいがこのまま100キロは走れまい。さてどうするか思案していた所。スタートのカウントダウンが始まった。



startcyokuzen.jpg



続く。


↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。


Facebookのいいね!
 シェア

2014年9月25日

東京マラソン抽選発表/白山白川郷ウルトラマラソン完走記(3)

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。

    ↓

ブログランキングのバナー

本日は忙しくて、本来であれば、メインとなるはずのファッションネタは一日お休みさせて頂ければと思います。申し訳ありません。


忙しいのもこんな事情がありまして。



皆さん期待して頂いていたみたいです。当選でも落選でも。当選したらしたなりに、喜んで頂いたと思うのですが、落選は落選でも喜んで頂いているようなのでランナー冥利に尽きると申しますかなんと言いますから。


これで都市型マラソン19回連続落選となりました。東京マラソンは2007年が第一回ですから、これで9回落選。そして神戸4回、大阪4回、京都1回、横浜1回。トータル19回連続落選でございます。


このアップをお待ちの方もいらっしゃると思いましたので、一応お知らせを。

引き続き完走記に入ります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・白山白川郷ウルトラマラソン完走記(3)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カウントダウンが始まり、真っ暗な中をゆっくりと走り始める。走り始めて最初に考えたことはランパンをどうするか?である。ゆっくりとスタートし始めるが、フルマラソンやハーフマラソンと違い、慌てて前のランナーを抜いたり、自分のポジションを確保したりすることはなく、流れに任せて走りだす。

ultrastart3.jpg


チームや知り合いの応援を受けながら、鰯の群れのような群衆の進行に身を任せるが、ふと右側を見ると簡易トイレが10ばかり並んでいるのが見える。

その群れから抜け出すように右にずれるが数名のランナーとぶつかり、本当に申し訳ないことをしたと今でも思っている。二列に並ぶトイレの右の一番手前のトイレに入り、直ぐにランパンを脱ぎ反対にして履き直す。これで前にあるはずの「脚の御守」が左臀部の上に来ることになった。


慌ててトイレから出てコースに戻るが最後尾は既に3~40メートル先にいたであろうか、その後ろを大会運営の車が着いている。この最後尾の列に入らなければ真っ暗なコース走る場所さえ分からない。スピードを上げて何とか最後尾に追い付いた。ただここから暫くが狭い道で、鰯の群れも混雑をし泳ぐのもやっとのようだ。いくらマイペースと言っても600人走るレースの600番目を走るわけにもいかない。空いているスペースを見つけて前に脚を進める。


暫くすると、大きな声で話しながら走るチームのM本氏の横に出る。ようやく1人とあった。彼とは20キロ地点くらいまで先に行ったり追いつかれたりするのだが、練習不足と言っていた彼も見事に今回ゴールすることになる。


さて、早朝というかまだ夜中である。真っ暗な道を地元のボランティアの方がある程度の間隔で懐中電灯や車のライトで道路を照らしてくれる。私も事前に真っ暗だということを聞いていたので、キャップにヘッドライトを付けて走っていたのだが、稜線にギリギリに光る月を眺めながらこれからの100キロの展開に思いを馳せるのであった。


最初の数キロをあまり寒さを感じなかった。下はランパンだけだが、上はTシャツにランシャツの重ね着、そして腕にはアームウォーマーをしていた。今回のコースはこのようになっている。

ultra_courase.jpg


100キロの部は一旦スタート地点を出て距離調整の為か5キロ程本来のコースを逆走し、折り返してから再度スタート地点を通過し白山スーパー林道に向かうというコース。


有難いことにコース上には小さなキャンドルが光っている。並べるのも大変だと思うが、スタート直前にそれに火を付けてくれたのであろう。時刻は4時過ぎである。ボランティアの皆さんに本当に頭の下がる思いである。ライトで道を照らしてくれる方々に、「おはようございます。」「有難うございます。」とお礼を言いながら脚を進めるのであった。


ultra_lump.jpg



折り返してからが逆風になり急に体感気温が下ってきた。寒さも感ずるようになり、(小)の方をもよおしてきた。どこかで入ろうと思い、行きに見つけた公衆トイレを目指すが、誰もが同じ考え、案の定いっぱいであった。ここで時間ロスをしたくはないと思い、最初にランパンを履き替えた所を目指す。途中一つだけ簡易トイレがあり、そのトイレの前に待っている人は1人。と言うことは中の人を入れても2人。ここだと思って待つが、中の人は(大)なのかなかなか出てこない。そのうち、私の前で待っていた人も我慢できなくなったのか、簡易トイレの前をウロウロしはじめる。お互いに顔を見て、「走ってた方が我慢できる、スタート地点に沢山あったからそこに行きますか?」と何故かここでトイレを我慢できない2人が親近感を覚え、彼と暫く並走することになる。走っていると我慢できるのですが、ただ早くしたいからペースが上がるのですよね。と冗談を言いながら次のトイレまでそこそこペースを上げて走っていく。


トイレを見つけたが案の定ここも列。ただトイレの数が違う。早く進むであろうと列に並ぶが、なかなか進まない。ようやく一つの扉が開いてそこに滑りこむ。ふか~く息をしながら用をたすが、その時白く丸いものがトイレの丸い穴の中に吸い込まれていくのを目にする。何?ん?ゼッケンホルダーか?と思い胸のゼッケンを確認するが四隅ともしっかりと止まっており問題は無かった。気にすること無くトイレを勢い良くでて流石にバラけてきた鰯の群れに戻った。


スタートゲートを再度通過。応援のメンバーに再度エールをもらうが、通過が遅かったので、何か言われた気がする。そこで私は「ランパン逆さまに履いてた」と言い訳をしてここから本当の100キロへの道へ進むのであった。


コースの下見はしておらず、距離も適当にしか見ていなかったものの、まずは一里野の大きなエイドを目指す。そこにはチームメイトのウルトラランナーT本さんがいるはず。ただそれまでも上りが続く、どんどん上る。崖ぶちの道路には落石防止の屋根が着いており、勿論そんな所は車でしか通ったことはない。スキーには何度か来たことがあるか、そこを走ることになろうとは夢にも思わなかった。脚を進めると知人のランナーT中氏と遭遇。昨年も走った経験もあることから少し話をさせて頂いた。数週間前に腰を痛めてしまったとのこと。腰と相談しながら完走を目指すということで、少し先を行かせて頂いた。




前方にプーさんの着ぐるみに確かくまモンのリュックを背負ったランナーがいる。100キロを着ぐるみでちょっと想像できない。


中宮のスキー場を左に見ながら一里野を目指す。何度かスキーでは言った、どちらかというと見慣れたような景色の一里野スキー場に着く。この辺りで既に夜も明け明るくなっていた。地元の人がそこを曲がるとエイドですよ。と教えてくれる。誘導員の指示に従い右に曲がり少し坂を上った所で最初の大きなエイドに到着。そこではウルトラランナーがウルトラマンの着ぐるみを着てランナーに声援を送っていた。


ultraman.jpg


エイドで食事をしている時にたまたま同じ100キロを走T中さんに撮ってもらった写真。後ろにプーさんがいるが、このランナーとは最後まで競いあった。というか着ぐるみ着て凄い。

ichirino_aid1.jpg



慌てることはない、100キロのうちの序盤も序盤。まだ白山スーパー林道にも到達していない。このエイドで、ほぼチームのメンバーと一緒になり、多少ばらつきがあったがそれぞれがほぼ同じようにこのエイドを出て行った。


ichirino_aid2.jpg




私はM本氏と一緒にスタート。直ぐに急な上り。ここにこんな上りがあったか?と思ったがM本氏は知っていたようだ。


体調は良いので、先に行くがここで更に(小)をもようおしてきた。またか?

続く。


↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。

Facebookのいいね!
 シェア

2014年9月26日

本日も二部構成。明日で「花子とアン」最終回/白山白川郷ウルトラマラソン完走記(4)

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。

    ↓

ブログランキングのバナー

ウルトラマラソンも第3話にしてようやく4分1くらい。ちょっとこっちが疲れてきました(笑)


さて、本日も二部構成にて。


茂木先生が登場し、「花子とアン」もあの演技に笑う場面も出てきましたが、あれだったら私の方が上手と思った方も少なくないでしょう。何でも本日は金沢で講演をされているらしいです。恐らくこの話題に触れてらっしゃるでしょう。

その「花子とアン」も明日が最終話。金港堂のシャツも見れなくなると残念です。しかしそんなシャツのおかげで、色々と取材を受けさせて頂いております。本日LINKに掲載されました。48ページに掲載されております。フリーペーパーなので、片町や香林坊で手に入るかと思います。よろしくお願いいたします。


links_keisai.jpg


今日も時間が限られておりましたが、生地を少しだけアップさせて頂きました。


NO-M1204 赤のラインがポイントのマルチカラーストライプ スイス アルモ社製 綿100%

120番細番手のスイスコットンのマルチカラーのストライプです。アルモらしい生地ですね。お仕立て上がり¥19,000+税。明日もう少し生地をアップしたいと思っております。少しお待ち頂けますでしょうか。よろしくお願いいたします。


マラソンにご興味の無い方は下のブログランキングのバナーをクリックして、こちから離れて頂ければと思います。

ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。

さて、ここから完走記お付き合い下さい。


・・・・・・・・・・・・・・・白山白川郷ウルトラマラソン完走記(3)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


一里野のエイドを抜けると直ぐに急な坂がある。レースを終わってみればこれがあの時の坂だということを理解できるのだが、走り始めた時はゆっくり走るのが限界くらいの坂であった。長い上りを抜けると長い下り。この時は上りよりも下りを見ると、これを帰りは上ってこなくてはいけないのか?と憂鬱になる。




下りきった所でエイド。脱水症状やエネルギー切れが恐いので、とにかくエイドでは水分を摂り、固形物があれば必ず口にするようにしていた。まだ気温も低くそんなに発汗もしていないのに、水分を摂り過ぎたのかやはり尿意を覚える。


次のエイド、あまり大きくないエイドの横に簡易トイレが一つある。待っている人はいないが中には一人入っているようだ。そこでトイレを済ますことにする。少し頑張って走ってもこのようなロスタイムで抜いてきたランナーに追いつかれる。M本氏にもここで追いつかれた「またトイレ~」などと言われたような気がする。まるでうさぎと亀だ。ゆっくり走ってもエイドでロスしなければ追いつける。逆に早く走ってもエイドでロスをすると意味がない。でもトイレは別にしてエイドを楽しむのもウルトラの面白さがある。




暫く経って待っているトイレから出てきたのは女性だった。女性だとさっと脱いでさっとする。というわけにもいかないであろうから、少々時間がかかっていたようだ。ここでさっと。と思ったが先ほどトイレに落とした白いものが分かった。ランシャツの前のゼッケンホルダーではなく、後ろのゼッケンホルダーであった。私のランシャツは背中が大きく開いていて、ゼッケンを付ける時はかなり下になる。今回はウルトラということもあり、ウエストポーチを腰に巻いていたのだが、走る時は後ろに、使う時は前にずらしていたので、前や後ろに移動する際に後ろのゼッケンの下側のゼッケンホルダーがとれたみたいだ。


上の2個でかろうじてゼッケンが付いているだけで、下側2つは飛んでしまい。フラフラした状態。このまま三方岩まで持つかな・・・もしかしてゼッケン外れると失格?と思いながら、予備のゼッケンが三方岩にあることを思い出し。とにかくそのまま走ることを決めた。


このエイドが23.5キロ地点ここでリセット。残り76.5キロここからがレースだ。


hakusan_koen.jpg



ようやくスーパー林道の入り口に登場。チームのメンバーがここまで試走したのを聞いていたが、確かに試走でここまで上がってくるだけでも相当な上りを経験している。その後更に上ることを想像すると、試走して良かったのかどうか?もしかして恐怖心だけ感ずるようになっていたのではないか?とも想像する。



hakusan_super_gate.jpg




このゲートを潜ると恐らく急に上り坂になるのではないかと想像していたが、それほどでもなかった。



super_01.jpg


逆に下りが出てくると、やはり折り返してから上らなくてはいけないか?とそれを想像して苦痛になる。ちなみに。20キロまでのラップは。



super_02.jpg

10キロ 1:03:45
20キロ 1:10:21(20キロまでにトイレに3回内着替え1回)


まぁこんな感じ。順調と言えば順調。エイドやトイレの分だけ10キロから20キロはちょっと時間がかかり過ぎだけど。珠洲の時は40キロまで4時間ちょっとで走っている。ただこれもコースによって違うからあてにはならない。

25キロ過ぎに「かもしか滝」が見える。



kamosikadaki.jpg


こんな風に走りながら写真を撮ってていいのか?ちゃんと走らなくてはいけないのではないか?と思いながら走るが、この時はこの難コース、タイムは別、一応は13時間でゴールをするということは決めてはいたけど、1分1分を削るようなレース展開を思っていなかったので、楽しむことを優先している。私はマラソンのレース前によく「楽しんで走ってきて」なんていう言葉を聞くことがあるが、あの言葉は嫌いである。レースなんて楽しいものではない、どちらかと言うと辛いものである。苦しくて、いつ立ち止まろうか、このままスピード緩めたら楽ではないか?と苦しさから逃げる自分と戦いながら、その戦いに勝ちゴールラインをまたいだ時点で、これで走らなくてもよい、しかも好タイムまでご褒美についてくる。その瞬間だけを楽しみに走っている。だからレース中に楽しんではいけ
ないとも思っている。その頑張っている自分に対して沿道から声をかけてくれる人の励ましだけを楽しんで走っていると言ってもよい。


そういう私が、この白山の大自然、そして日頃は走っては通れない白山スーパー林道を楽しんで走ろうとしている。ましてや心配していた天気も今日一日は雨の心配をすることもなく、山々の間を縫うように走る林道の日向や日陰のコントラストを本当に楽しんでいる。今日は楽しんで走ってもいいのだ。という思いで、まだまだ走れている自分自身を楽しんでいる。



私を含むチーム金港堂のメンバー3名がこの辺りでほぼ一緒になる。エイドの滞在時間で前に出たり後ろにいったり。



イニシャルで書くのも邪魔くさくなったので、もうそのまま名前でいく(笑)かねちゃんと石立君。最初は石立君がリードをしていた。ふくべの大滝36キロ地点でほぼ3人が一緒。景色を楽しんでいるかねちゃんを置いて、2人で先に走り始めるがあまりの景色にお互いにスマホを出して写真を撮り合う。レース中か?観光か?いやこの時はまだタイムなど考えていなかった。私は観光というよりもこのブログの為だと言ってもいいかも知れない。ここの写真は抑えておこう。



taki_pose.jpg



この前後だと思う。スタート前に書いたチップを付けた後でシューズを履いたのが後で困ったことになったということ。実は靴の中で少し足が動く状態である。特に左足が。ただチップがあるので、そのチップを外してまで再度シューズの紐を結ぶほどの余裕はなかった。走っている山側のコースから川側に出て、コンクリートの上に腰掛けてシューズの紐を結ぶ。それでも上の方しかしっかり結べなかった。まぁある程度はしっかりと結べたので、頂上を目指す。



iki_aid2.jpg



前半の目標としている三方岩駐車場。その前に国見山駐車場という大きなエイドがある。ここまでは恐らくは走れる傾斜であろうと思っていた。


iki_cyusyazyo.jpg


実はこの国見山駐車場から三方岩駐車場までは走ったことがある。4年前の2010年8月27日距離5.6km、標高差350m、最高傾斜度9%(平均傾斜度6%)「白山スーパー林道通行300万台達成記念事業「加賀・飛騨マラソン大会」というものがあり。ここから先を走った経験がある。




http://www.kinkodo.jp/blog/2010/08/27.html


上記のURLをクリックして頂くとその時のブログが出てきます。




そこからはずっと傾斜の強い坂道であることは既に経験済みであるが、それでもここまで32.7キロ走ってきてあと5キロくらいと考えると意外と近いものだと感じ始めた。


続く

というか終わらない。

↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。

Facebookのいいね!
 シェア

2014年9月27日

GUY ROVER【ギ・ローバー】のニットシャツ/白山白川郷ウルトラマラソン完走記(4)

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。

    ↓

ブログランキングのバナー

時間がいっぱいいっぱいでした。秋冬の商品が沢山入荷しているのですが、ようやく衣料の方にも。GUY ROVERらしいカッタウェイのポロシャツです。布帛や鹿の子のポロシャツは有名ですが、こちらはスムーズのマルチカラー。レインボーカラーと言ったらいいのでしょうか。秋らしい色合いの組み合わせです。

guy_blog1.jpg

全体の様子はこんな感じ。

guy_blog2.jpg

ニットでも衿の雰囲気はいいでしょう。綺麗に立ってます。

guy_blog3.jpg

そして、GUY ROVERのロゴはなんとカフスの剣ボロの上に刺繍で入ってます。こんな所がにくいのですよね。¥25,000+税です。Yahooショッピング店に掲載してあります。画像は6点ありますのでそちらからご確認下さい。

yahooshopping.jpg

【リンク先に商品がない場合は完売しております。】


それではここから完走記。

・・・・・・・・・・・・・・・・白山白川郷ウルトラマラソン完走記(4)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


いつになったら終わるのでしょうか?早く終わりたいのですが、今日もここまでしか書けませんでした。



国見山駐車場まで上がってくる時に一緒に走ってた、チームのメンバー3人もこの辺りで少しバラけてくる。と言っても100キロを目指すメンバーだ。走力はほぼ同じ。エイドで少し長居したとか、坂道をちょっと走ったとか歩いたとか、そのレベルの差だ。


今までは何とか走り続けてきたコースも傾斜が急になり、この辺りから少し歩きも入る。100キロのレース、歩いていいものか?最後まで走り続けるべきなのか?と悩んだが、周りが歩き始めたので、歩いていいのだ。とまさに前にならえ。私もきついところは歩いた。コースの途中にエイドがあるが、エイドの500メートル前になるとそれを知らせるポールが立っている。平地であればその500メートルもあっという間なのだが、この500メートルが長い。なかなかエイドが出てこないのである。



nobori_hakusan.jpg



多分この完走記も前後があやふやである。この写真がこの位置であっているのかも定かではないが、一緒に走っていたカネちゃんが、この下のトイレに入ったので、ゆっくり行ってきてと言って先を急いだがどこかでまた追いつかれた。



途中で白い雪を抱いた美しい嶺を見る。それが白山だとは聞かないと分からなかった(笑)しかし苦しいながらもこのような絶景が見えるのは本当に、このウルトラマラソンを出走しているからだと思う。


hakusan_top.jpg



ようやく36キロ地点のエイドにたどり着いて、次のエイドが最初の目的の三方岩駐車場のエイド。ここで、預けてある荷物をピックアップできる。特に荷物を必要としてはいないが、いらないものをここで預けようと思っていた。


早朝スタートで寒かった為にしていた、アームカバー。これは気温が高くなってから直ぐに外してウエストポーチに入れてある。そしてヘッドライト。これはまだ帽子の上に付けたままだった。


上りきった所でトンネルが見える。このトンネルを抜けると三方岩駐車場だ。



tunnel_gihu.jpg



急に平地というか若干下り気味のトンネルを走り、丁度中央にある県境の写真を撮り、ずーっと向こうに見える明かりまで走り続ける。



gihu.jpg



三方岩駐車場のエイドだ。そこでサプライズがあった。



flug_yutani.jpg



事前にこのレースのボランティアをされている、ネットショップの勉強会で一緒に勉強をしてきた、湯谷さんが、応援フラッグを作って待っていてくれたのだ。



お互いに何枚か写真を撮り、これからも頑張る。必ず帰ってくることを約束させて頂いた。このエイドは食事も充実しているので、ドリンクもそうだし、押寿司。そしてうどんを頂いた。



一緒に練習会を行うこともある、石川ランナーズの美ジョガー加納さんもいて、応援をもらう。やはり知人がいるのは本当に嬉しい。



このように知り合いと話していると、チームのかねちゃんも一緒になり、預けてあった荷物を胸に付けているゼッケンを係員に見せてビニール袋に入れてある、自分のリュックをピックアップ。中に入ってあるタオルで顔を拭き、着替えることもなく、ヘッドライトとアームカバーをリュックの中に放り込んで、かかりの方に再度渡す。帰りももう一度ピックアップすることを伝える。



残念ながら、リュックの中に安全ピンも、ゼッケンを止めるためのゼッケン止めも入ってなかった。背中のゼッケンは上2つのホルダだけで止まっているが、しっかりと止まっているので、大丈夫かな?と思いそのままエイドを出る。さてまだここで38.2キロ。12キロ下れば半分だ。



考えてみれば今までずっと上り、ようやく下り。ここでカネちゃんと再度一緒になりお互いに写真を撮り合う。



sanpoiwa_park.jpg



そして彼と一緒に下り始めたのであった。カネちゃんの背中を見ると、私と同様にゼッケンが取れかかっている。彼は安全ピンで止めてあったのだが、汗でゼッケンが濡れたのか四隅の穴が切れていてウエアに安全ピンだけが付いているような状況であった。それを指摘し、穴を無視し、安全ピンをウエアに止め直したのだが、レース後彼の完走記で、その安全ピンがデジカメのストラップ貫通していて迷惑をかけたようだ(笑)



ここで完走記を書くのも力尽きました(笑)ただここからは下りなので、完走記も早いと思います。


続く。

↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。

Facebookのいいね!
 シェア

2014年9月28日

EMPORIO ARMANI【エムポリオアルマーニ】のルームシューズ/白山白川郷ウルトラマラソン完走記(5)

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。

    ↓

ブログランキングのバナー

御嶽山の噴火はショックですね。概ねこのような災害は時間を経る毎に被害者が増えてくるもので、今も報道を見るとかなりの方がなくなっている可能性があるとのこと。この土日に私の友人なども山に出かけていますが、まさか噴火するとは微塵も思わなかったでしょう。より沢山の方が無事下山されることを祈っております。



さて、本日も二部構成なのですが、これを一部に入れてよいか?まぁ毎週のことなのでお送りします。


kaiomaru_pc.jpg

本日も百万石ロードレースの練習で、辰巳の奥まで上り坂を駆け上がる練習。12キロを走りました。行きは全力。4分半を切るくらいのペースで走りましたが、上りきった所で息切れ。昨年はハーフを1時間28分を切って走っていたので、平均ラップが4分9秒。今年は絶対に無理そう(笑)しかし諦めずに頑張ります。

さて、さて、ランニングのシューズは販売しておりませんが、いや時々販売した方が良いのではないか?と言われることがありますが、足に履くものは販売しております。


高級ルームシューズ。ようはスリッパなのですが。


エムポリオアルマーニルームシューズ


高級感ある落ち着いたグレーのスリッパです。でもただのスリッパとは違う。


emporio_sp2.jpg

この毛足。暖かいと思います。


emporio_sp3.jpg
シューズの裏側をどれだけの人が見るか分かりませんが(笑)裏にはエンボス加工でEMPORIO ARMANIの文字が。


emporio_sp4.jpg


同素材でキャリングケース(巾着)も付いております。ギフトにもピッタリですが、ご自宅で使われてもいいですし、機内や電車の中でくつろがれる為に持たれてもいいかと思います。


高級スリッパ如何でしょうか。ライセンス生産で日本で作っております。高級といっても割りとお買い求め頂きやすい金額です。¥4,900+税。お買い求めはYahooショッピング店でどうぞ。Tポイントも付いてきます。


yahooshopping.jpg


【リンク先に商品がない場合は完売しております。】

それではここから完走記。



・・・・・・・・・・・・・・・・白山白川郷ウルトラマラソン完走記(5)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



そろそろ完走記も完走したいです。



さて、下り。かねちゃんと一緒に下り始めます。今まで上ってきたから下りは軽いガンガン行けます。ある程度走力の似通った2人ですし、下りは心肺を駆使することもないので、話しながら走ります。これまでエイドではしっかり食べて、しっかり飲んでを繰り返してきました。朝は寒くて身体が冷えたので、トイレに2回行きましたが、それ以降は問題なく走ってはいるのですが、軽量化作戦(大)の方がうまくいっていないので、ガスが溜まり初めて、接地する度にプ・プ・プと後方から音がする。一緒に走っていたのに失礼。



下り始めて最初のエイド。昨年は三方岩駐車場で用意されていたと聞いていた、ホットドッグがあった。小さいホットドッグであったが、それを何等分かにしてあったのを二切れ頂いた。かねちゃんとマスタードが攣り防止にいいとか聞いていたので、マスタード多めのものをとって食べたが、固形物はこれからはほぼ入らなくなってくる。コーンスープも本当に美味しかった。

hotdog.jpg


快調に飛ばし。フルマラソンの42.195キロ地点で、写真を撮ろうとしたがお互いに記念撮影をすることに。

hakusan42195.jpg

カーブを曲がり直線で100キロのトップのランナーが上ってくる。当たり前だが「走っている」(笑)いやこんな坂走れるのねと正直思った。トップが通るということは恐らく2位辺りで、昨年の50キロ2位の廣瀬さん(チーム所属)が走ってくるだろう?と思い、写真を撮ろうとiPhoneを持ったまま走るが、下りをスピード上げて走っているものだから、iPhoneが飛んでいかないかと心配になりウエストポーチにしまい。ほぼ5分くらい経った時に上ってきた。慌ててiPhoneをウエストポーチから取り出したが。

hirose_hakusan.jpg

背中しか撮れなかった。トップとの差を告げてエールを送り、またかねちゃんと一緒に走り出す。暫くすると、下の方から賑やかな声が聞こえる。カーブを曲がって直ぐにエイドがあるのが分かった。そこには、私が一応コーチとして?お世話になっているアミノバリューランニングクラブのメンバーのチームムラピーがエイドをやっていた。やはりランナーのエイド。応援の仕方も分かっている?と思いきや。

murapi.jpg


なぜか写真撮りましょうか?とも言われず、エイドのメンバーを被写体にした自画撮りをすることになる。「おいもっと気を使え」

その前後だと思う。師と仰ぐ尾山さんが、走ってくる。結構辛そうだし、辛いとも言っているが、この急坂を走っているのだからそれは辛いであろう。まるで他人ごとのように言っているが、折り返したら自分もこの坂を上ってこないといけない。昨年は帰りの上りは全部歩いたと走る前に聞いていたので、今回はかなり頑張っているのだと思う。という他人の評価をする前にお前が頑張れ!ということなのだが。


更に下り、岐阜県川の白山スーパー林道の出口のゲートを通過した。上のエイドで下には飛騨牛乳がありますよ。と聞いていたので楽しみにして降りてきたのだが。チョイスしたのはコーヒー牛乳。これもチームのTERAMOTO氏の完走記にコーヒー牛乳飲んだら復活したみたいなことが書いてあったので、良いことは直ぐに取り入れる。

coffe_milk.jpg


ピンボケで申し訳ない。ここは少し長居をして、たいして尿意もないが、かねちゃんがトレイに入ったのを見て、入れ違いに私も入った。トイレに行くことを告げずに入ったので、彼は私が先に出たと思い、出てしまったのであろう。彼の姿が見えなかったので、私もエイドを出た。

ここからは一人旅。とにかくなが~くそしてきゅ~~~な下りを駆け下りる。下りはもともと得意ではないが、そんなに足にダメージがくるような下りではなかった。そっと足を前に置きピッチで駆け下りる。


ようやく下りが終わった辺りに大きなエイドがある。ここでは飛騨牛の鍋が振る舞われていた。バーベキューで飛騨牛を焼き、それを鍋で頂くのだが、全て食べる気がしない。

hida_nabe.jpg


食べれなくあまったら捨ててもいいですよ。と言われて、頂くが、肉を一切れやっと食べてもう受付なくなった。今この写真を改めて見ると、今なら何杯でもいけそうだが(笑)この時初めてパイプ椅子に座った。前を見ると着ぐるみを来たランナーが大汗で意識朦朧な感じ。持ってたスマホを落としかけて、今にも椅子から落ちそうな感じ。大丈夫なのか?自分も食べ物を受付なくなったのに不安を感じ、エイドから出ようとした際に凄いスピードでエイドの水を飲み去っていく2人のランナー。50キロのトップだった。トップ争いをしているのであろう。ここからは林道を抜け、世界遺産の白川郷だ。

shirakawa1.jpg

shirakawa2.jpg

白川郷の合掌造り集落を抜けると多くの観光客が景観を楽しんでいた。その間をまだ軽快に走る。応援してくれる人もいる。

shirakawa3.jpg

こんな所で写真を撮ってていいのか?もう少し真剣に走っている姿を見せなくてはいけないのか?と思いながら、観光客の間を縫うように走る。合掌造り集落の間にもエイドがあり、補給して噂に聞いていた最後の上りに入る。見晴台までの急な上り坂。観光客が降りてくるのを歩きながら上っていくが、なんだかかっこ悪い。しかしこの坂は走れない。頂上のエイドから「頑張れ~」という声援も聞こえる。最後の方だけ走ってエイドに入り水を頂き、あとどれくらい上るか?と聞くと。「もう少し」と言われる。ウルトラでのもう少しはもう少しではないということは知っている(笑)そこそこ長い上りを上りようやく下り。一般道路を横断するような地点に入るが、50キロのゴールはこの辺りのようである。50キロと100キロはこの道路で行き先が変わるような感じだ。誘導員に案内をされ、道路を横断し先に進む。

100キロの半分50キロの印をこの辺りで確認したはずだ。50キロを選択しておけば、ここで終わりだったのに。と少し後悔というよりは、何故か50キロを走っているランナーに腹立たしい思いを感じた。馬鹿である。勝手に100キロを選んでおきながら(笑)カーブを曲がろうとしたところで民家の軒先で小さい子どもたちとその家族が応援してくれている。その家族にあえて近寄っていき、ハイタッチをして、先に進む。このような触れ合いも、マラソン、そしてウルトラの楽しみだと思う。



暫く進んで視界が広がったと思ったら、先ほど飛騨牛の鍋を頂いたエイドに到着。さて、半分は遠に過ぎた。ここからの上りを上りきったらこのレースも終わったものだ。と思ったのであった。



続く。


↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。

Facebookのいいね!
 シェア

2014年9月29日

NINARICCHI【ニナリッチ】の小紋(花柄)シンプルタイ/白山白川郷ウルトラマラソン完走記(6)

本日もブログランキングのバナークリックからお願いします。

    ↓

ブログランキングのバナー

今日は色々とトラブルがあり、ブログの更新が遅くなりました。商品のトラブルからお客様にご迷惑をお掛けすることになったのですが、お客様もご理解を頂きお許しを頂きました。


お納めしようと思ってたベルトに異常があり、長さをカットできない状況であったのですが、商品の取り替えをお願いしました。当方の責任と申しますか、ちゃんと調べてなかったのがこのようなことになったのですが、お客様も受け入れてくれました。ご迷惑をお掛けしましたが、やるだけのこともやってご提案させて頂きましたので、ご理解も頂いたのだと思います。


何事にも一生懸命取り組まないと。


すみません。冒頭から余計な話しで。


商品が見えないと買ってくれない。当たり前のことですが、それで写真撮影は終わったのですが、まだアップできていないものもあります。これからも毎日頑張ってアップしていきます。


今日はシックなニナリッチのタイ。

シルバーグレーベースの落ち着いたタイ。フォーマルな席でも対応可能だと思います。

nina_tie_gray.jpg


そしてこちらは花がらともハート柄とも言えるようなネクタイですが、ベースのジャガードにはしっかりと茎のような織柄が見えます。


nina_tie_navy.jpg


それぞれ¥12,000+税 落ち着いた秋の装いに如何でしょうか。Yahooショッピング店にて販売しております。上記の画像を直接クリックして頂いても商品ページにリンクします。


yahooshopping.jpg


【リンク先に商品がない場合は完売しております。】

それではここから完走記。



・・・・・・・・・・・・・・・・白山白川郷ウルトラマラソン完走記(6)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


折り返しての上り坂。ここからは辛抱。と言っても走り続けることはできない。いや周りが歩いているから、走らなくても良いかな?と思ってしまう。

ふと山の頂上を見ると遥か上方にこれから通るであろう道が見える。尾山師匠に帰りは絶対に上を見ないこと。と言われたがまさに上を見て失敗だと思った(笑)直ぐに目線を下に向けて再度走り、いや歩き出した。

ここで下りから時々抜いたり抜かれたりする先輩ランナーと一緒になる。迷彩のシャツに赤のロングストッキング。なかなかお洒落である。下りの時からペースが一定しないランナーだが早く走る時はむちゃくちゃ早い。

ひょんな事で会話をすることになる。走力もほぼ同じなので、一緒に走ったり歩いたり。何となく見たことがある人だと思っていたら。レースの4日前に我々がトラック10キロを4分半で刻む練習をしていた時にずっと一緒について来ていた人だった。本当に偶然。お話をお聞きするとジュピターの方で、それからは暫くはこの方と一緒に走ることになる。年齢をお聞きすると64歳(確かそうお話をされていた)近々のフルの記録は確か3時間28分だと言われてたように思う。かなり速い。

ただ脚は速いが話は長い。永遠とお話をされる。こっちが入るとこの方も走る。抜きつ抜かれつも一緒になった。

歩いているから、色んなランナーと話ができる。昨年この100キロを走ったというランナーの話も聞けた。昨年も復路は歩き通しだったらしい。ただこの時点で昨年のタイムよりも早いので、ゴールは13時間くらいですかね。ということであった。

<

タイムは50キロの地点で5時間52分



丁度この坂を上っている60キロ地点で7時間12分であった。予定では行きが6時間帰りは7時間の13時間を想定していたので、ほぼそんな感じ。この上りを行きよりも1時間余分に見ているので、例え歩いたとして、トラブル無く走れれば13時間くらいは確保できると考えていた。4時スタートで13時間だと夕方5時。まだ明るいうちにゴールはできる。



相変わらず先輩ランナーと一緒になる。何となくペースが乱されるような感じがして、早く離れたいと思うが、離れようとすると話しかけられる(笑)しかしずっと歩き続けている。このまま歩いてたどり着いたとしても完走と言えるか。ウルトラを走ったと言えるか?という気になってきた。脚は大丈夫である。じゃあ走れと言われそうだが周りも歩いている。いや走っている人もいるが、早歩きでもそんなに変わらないのではないか?というペース。恐らく300メートル程走ってようやく10メートル離されるか?という程度のスピード。これだったら早く歩いた方がいいのじゃないかと判断しても当たり前。

二年前の珠洲のウルトラマラソンの時は身体中が痛く、ボロボロになってゴールしたからこそ感動もあった。このまま楽にゴールして果たして感動があるのか?と思い。走ることにした。ただ走り続けることはできないので、400歩走って100歩歩く戦略をとった。400歩以上あるくと心拍数が上がりきつくなるので、きつくなる前に歩く。これを繰り返す。勿論400歩といっても400行く前にきつくなって歩く箇所もあるが、それはまた心拍数が落ち着いてきてから400歩走るという方法に切り替えた。



これで先輩ランナーとも離れていった。

この辺りで今回の私のミッションが始まる。50キロ走ってくる知り合いのランナーをすれ違いで見つけた時はツーショットを撮るというミッション。



最初に見えたランナーを見て驚いた。


kawabata.jpg


本当に頑張りやさんのランナー。フルマラソンを1度走り、その次のレースがフルではなく50キロのウルトラ。このレースに出るために早朝4時から夕霧峠(金沢から富山の県境標高845メートル)を何度上ったか。流石に練習は嘘はつかない。小さくて軽い身体でチーム内トップで走ってくるとは。結果は50キロ女子で8位だったとのこと。本当におめでとう。


次に現れたランナー。中村氏。申し訳ない。私と撮ろうと思ったが逆にカメラを向けられて撮られてしまった。それでタイミングを逸してしまった。申し訳ない(笑)


そして次に現れたのが山田麺。

50yamada.jpg


麺工房山田を営む彼。アダ名は「山田麺」そのままだが(笑)何故か変顔をする。3枚程撮ったがこれが一番なかでもまとも(笑)

625.jpg


62.5キロ通過。残り38.5キロかと思ったら安心した。ウルトラ走ると距離感がおかしくなる。練習で今から38キロ走れと言われるとぞっとするし、フルマラソンの練習でも38キロも走ることはないのに。あと僅かと思うのが面白い。

それからもツーショットは続く。

ishino.jpg


金沢市のPTA会長もやったことがある男であるが、マラソンをやるとは思わなかった。


team_murapi_daihyou.jpg


チームムラピーのメンバーも。しかし何でこんな帽子被っているのだ?

その後も知り合いのランナーとすれ違いお互いにエールを交わしたり、急に「宮谷さん」と呼ばれたり色々したがもう少しで頂上。


susuki.jpg


すすきも見え、まさに秋の白山を楽しむ最高の天気の日にウルトラを走れる喜びを感ずる。遥か眼下に今通って来た白川郷が見える。

下りのあの賑やかなエイドに再度たどり着く「チームムラピー」のエイドだ。また大きな声が聞こえてくるので、もうすぐエイドであることが分かる。歩いてたどり着くとカッコ悪いので、ちょっと前から走ってみた。走ってエイドに着いたので、意外と元気な私の姿に驚いたらしい(笑)水を頂き、気温がスタート時点とは違ってかなり上がってきたので、柄杓で水をすくって頭からかけてもらう。自分でかける場合は遠慮もすのであろうが、思いっきり首元にかけられた。まるでプールの滑り台を滑ってきて、そのままざぶ~んとプールの中に放り込まれたような感じである。一瞬息ができなかった。もう一回いきますか?と言われて丁寧に遠慮させて頂いた。

70_ultra.jpg


何故かこの辺りではこの距離表示ばかりを写真に収めていた。早く帰りたいのであろう(笑)あと30キロ。上りきったら30キロ切っているのだ。

上りはエイドが遠い。エイドまで500メートルの距離表示を見てもなかなかエイドが来ない。ここまで来るとエイドであったランナーは同士である。頂上まで2キロ程に迫ったエイドで残りの距離を聞き。「2キロなら平地なら8分でいけるのになぁ。」と呟くと隣のランナーも同調してくれた、エイドのスタッフの方は8分って私だったら自転車ですね。と笑って応えてくれた。


少しフラットになり、向こうに三方岩駐車場が見えてきた。ようやく上りきったか?。後は下るだけだ。


続く


↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。

Facebookのいいね!
 シェア

2014年9月30日

明日はクールビズ終了VALENTINOのレジメンタルタイいかがですか?・白山白川郷ウルトラマラソン完走記(7)

前にも書いたことがありますが、「マラソンのことばかり書いているからブログランキング落ちるんや」というお客様がマラソンにはまり。今日ご来店を頂いた際に「完走記楽しみにしとるわ」と言って帰られました。

その言葉があったので、今はファッションも完走記も頑張って書いております。ただ毎日大変なんです。ようやく皆さんの応援のおかげで石川ブログランキング2位まで上がってきました。本日もバナークリックで応援をお願いいたします。

    ↓

ブログランキングのバナー

二部構成と言いながら、さらっとしか書けていないファッションネタ。それなりに店も忙しいのです。お許し下さい。売ってないと買ってくれない。ですから今日も2点ばかりネクタイを。


というのはクールビズは今日までです。ご存知ですか?明日から10月1日ですよ。絶対にネクタイして行って下さいね。

valentino_black_base.jpg

秋の最初はトラディショナルなレジメンタルタイでどうでしょうか?すっきりと胸元が締まった感じがすると思います。こちらは黒ベースにネイビーのストライプ、赤のラインがポイント。そして。


valentino_navy_base.jpg


こちらは色違いでネイビーベース。色違いでもずいぶん雰囲気が違って見えると思います。色合いからいうとこちらの方がトラッドっぽいですかね?50代の方々ですと、学生から就職して最初に手を通したのが三つボタンの段返りにボタンダウンにレジメンタルタイだったりするわけです。懐かしくもあるようなネクタイが今戻ってきました。

VALENTINO ¥13,000-+税 ぞれぞれの画像をクリックして頂くと、ネクタイの詳細を記載したページにリンクされますし、下のバナーをクリックして頂くと、当店のYahooショッピング店に掲載してあるネクタイの一覧が出てきます。


yahooshopping.jpg


【リンク先に商品がない場合は完売しております。】

それではここから完走記。



・・・・・・・・・・・・・・・・白山白川郷ウルトラマラソン完走記(7)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


三方岩駐車場に到着。これで上りは終わりなはず。先ずはエイドにかけよった。石川ランナーズの美ジョガー加納さんが笑顔で迎えてくれた。写真を撮ってもいいですか?と言われて撮ってもらったが、本当はこっちが撮りたかった(笑)復路に入ってからなかなか固形物が入らなくなったのだが、ここで出されたうどんを口にするとするりと入った。これを食べておかないといけないと思い。小さいお椀だが3杯頂く。



彼女に撮ってもらった写真がこれ。手にはうどんの椀と割り箸が。
sanpoiwa_udon.jpg



本当は私が彼女の写真を撮りたかったくらいだ(笑)



膝に貼ってあったテープも外した。膝の具合は思ったよりも良く。というか悪くならず痛みも無かったのと、実は貼り方を失敗して突っ張ってしまうのであった。



今回ランナーの撮影のボランティアとして、チームの横山さんと山岸さんが、車に乗ってランナーと並走してくれている。私もこのレースの途中で何度か会うことがあった、いつもあのコーナーの先まででいいから車に乗せてくれないか?と思っていた(笑)この完走記に時々出てくるとても素敵な写真の方は横山氏が撮ってくれたものだ。



その2人とエイドで会い、途中で見失ったかねちゃんはちょっと前、石川ランナーズの松室さんは暫く前に出て行ったと聞いた。往路で預けてあった荷物を再度ゼッケンを見せてピックアップ。ここで、汗でずいぶん重たくなったTシャツを着替える。上の写真をご覧になって頂けばお分かりになる方はお分かりになるかと思うが、行きはランシャツの下にはワイン色の金沢マラソンPR隊のTシャツを着ていた。ここでチームのTシャツと着替えた。



ふとみるとまだかねちゃんは休んでいた。「プリン食べるか?」と言われたが遠慮させてもらった。ここにプリンを置いてあったのか?(笑)人によって好みは違うものだ。


かねちゃんは用意が出来たようなので、「先に行くわ」と言って走っていった。私は念のためにトイレに行ってから出ようと思ったが、もうトイレまでの数段の階段をまともには上れない脚になっていた。


ここで私はリュックに入れてあったコーラを飲むのだが、このウルトラのエイドにはかなりコーラが置いてあってコーラには不自由はしていなかった。

新しいTシャツのドライ感を感じ。私もスタート。



kudari_run.jpg



行きに通ったトンネルをくぐり、ここから待ちに待った下り。身体は痛くない。上りで使ってきた筋肉と違った筋肉を使って走るので痛みがないということは下りは飛ばせる。足を前に降ろしていくような感じで衝撃をできるだけ少なく走っていった。周りのランナーはあまり足が上がっていないように思えた。面白いようにスピードが出る。そして面白いように次から次に前を行くランナーの背中を捉えられるようになった。



下の方に、かねちゃんが見える。ピカチュウの被り物をしているから直ぐに分かる。当面は彼を目標に飛ばす。どんどんスピードが出るし、何よりも脚に痛みがない。痛みと言えば、何故か時計をしている左腕のまさに時計の上辺りが痛い。なぜこのような所が痛いのかは分からないが80キロを走れば、それなりに腕も振るので腕が痛くなってもおかしくはない。



次から次にランナーをかわし、途中エイドで給水をしているかねちゃんを見つけ。そしてそれに向かって走っていく。差はどんどん縮まって、横に並んだ。「下りは走れそうだからこのまま行く所まで行ってみる」と言葉をかけて更に進む。途中でエイドで一緒になるが、何故かこの辺りから今まであれだけエイドでも楽しく、時間を使っていたのにタイムを気にするようになる。



実はチーム金港堂のチームTシャツには私の似顔絵がプリントされている。私から見ると気持ち悪い。しかしこの似顔絵が入ったTシャツを何十人も着ているとなると、変な新興宗教じゃないか?と勘違いされてもおかしくないだろう(笑)



teamt1.jpg



途中のエイド、私のTシャツの似顔絵を見た、恐らく女子大生のボランティアスタッフが。「あ~~~その顔そっくり」それはそうだ。私はTシャツの上にランシャツを着ていたので、背中まで見せることはできなかったが、そこにちょうどかねちゃんがエイドに走りこんできたので、彼の背中のデザインも見せてあげた。かねちゃんのピカチュウの被りものは女性のボランティアにウケが良い(笑)流石、自称金沢の福山雅治似のランナー。



teamt2.jpg



このまま走りきればウルトラを走りきった気になるかな?という感じだ。70キロから80キロまでのラップは49分20秒。エイドの滞在時間を入れても50分。キロ5分を切っていた。


行きの一里野のエイドでも一緒であったピカチュウの着ぐるみのランナーもこの辺りで、抜くことができた。今思い出したが、行きのトイレの中で彼とあって素直にこう質問をしていた「着ぐるみって汗かくと大変じゃないですか?」と。やはり着ぐるみを着て100キロを走ろうとするようなランナーは普通とは違う「汗は徐々に出てくるから大丈夫」答えになっていない(笑)今そのランナーを抜くことができた。



下りがそろそろ終わろうか?という所のエイドで私の名前を呼ぶ人がいた。知り合いの2人だった。何でこんな所にいるの?とまぁ変な質問であったが、一緒に写真を撮ってもらい、本来であれば、少しは会話をしたい所であったが、タイムを意識しだしたので、先を急ぐ。



この辺りから下り坂ではなく、平らな所も出てきた。橋を渡る時に久しぶりに女性のランナーを見たが、「ナイスラン」と声を掛け左側から抜く。彼女も苦しい顔をしてはいたが「ファイト」と返してくれた。下りが続いたが、平地になってもまだ蹴って走れることを感ずる。いける!



石川県川のスーパー林道のゲートもくぐった。さぁあとわずか。残り10キロ地点のエイドで水を頂いた。エイドのボランティアの方に「あと10キロ」と言われ、そのまま「あと10キロかぁ」と応えると「もう90キロも走ってきたのだから。」と言われた。ただ90キロも走ってきたからこそあと10キロが辛い。



ここから一里野スキー場までにも、色んなランナーとすれ違う、まさにウルトラは「競争」ではなく「共走」。この時間にここを走っているのは同士である。僅かな上りでももう走れなくなるのに、その上りを走っていくランナーに「凄いですね」と声を掛ける。そのランナーは私のことを知っているようだった。とある走友会の方で、「今年も松任ロードレース出るの?」とまで聞かれた。



もう一人、最初のトイレ待ちからよく見たランナーともこの前後ですれ違う。なぜ記憶にあるかというと、背中に「RUN WIND&FIRE」と書いてあったから。まぁ「EARTH WIND &FIRE」をもじったものだと思うが。それともう一人「鶴来青年クラブ」と書いたピンク色のTシャツを着た若者。彼ともすれ違った時に「行きから時々会いますよね」と声をかけ、暫く会話をした後に、まだ少し頑張れた私が先に行かせてもらった。



さて、この完走記ももうわずか。最後のスパートに入ります。



続く。

↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。

Facebookのいいね!
 シェア

About 2014年9月

2014年9月にブログ「オーダーシャツ屋金港堂の日々発見 体をシャツに合わせるか?シャツを体に合わせるか?」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2014年8月です。

次のアーカイブは2014年10月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。