服を購入する際になかなか決められない人

今日の新聞の中にこれが。

minna.jpg

今日もお客様は富山からのお客様がお二人。昔は店の扉の後ろにこれを貼って、お客様から電車の時間を聞かれると時刻表を見てお答えしたものです。

今ではほとんど聞かれることはないですし、スマホのアプリを見れば直ぐに分かるようになっていますから。時刻表を見ることも少なくなりました。

本当にスマホの中に何でも入っているので、要らないというか、必要のないものが増えてきますよね。時刻表が必要ではないという意味ではありませんよ。

さて、タイトルにありますように、服を購入する際になかなか決められない人。

これって二パターンあると思っておりまして。一つは服に限らず例えばレストランに行ってもメニューが決まらない人。恐らくは女性に多いのでしょうか?感覚的なもので言ってますけど。男性でメニューが決められない人は少ない。

何にしても決めるのが遅い人、決断力がないとは言いませんがどちらかというと迷う人。

学生の時喫茶店でちょっとだけアルバイトしていた時にその喫茶店のオーナーに言われました。サラリーマンの団体のお客様は一人が「カレーライス」というと「じゃあ私も」「私も」ってだいたい同じメニューになるって。

これは決められないのではなく、どちらかというと決めるのが邪魔くさい方に入るのだと思います。


服屋で服を決められない人の一つに。こんなパターンがあります。流行を受け入れられない人。

パンツのシルエットが変わったり、ネクタイの巾や芯の厚みが変わるのは流行です。この流行を受け入れられない人。その人はなかなか決められませんし、オシャレも難しいのではないかと思います。

自分の好みがしっかりとしていて、自分のファッション感が確立している人はオーダーとなるのだと思いますが、そうでなく、何となく今のものを否定してしまう人はなかなか決まらない。

一時期私も若い時にありました。あるお店で買ったパンツにシルエットが大好きで、それを追い求めていたことが。でも、店頭にそんなシルエットが無いということは時代からずれているのかも知れません。

新しいものにチャレンジしていってほしいと思います。

今年はプリントのシャツでも着てみます?そう言えば年齢をお話すると大変失礼なことですが、80歳を超えるお客様がプリントの生地でオーダーシャツをお作りになっていかれました。

65581.jpg

アルファベット柄のプリント生地 レジウノ社製生地 綿100%

65591.jpg

ブルドック柄のプリント生地 レジウノ社製生地 綿100%

65601.jpg

カウボーイ柄のプリント生地 レジウノ社製生地 綿100%

全てお仕立て上がり¥20,900-(税込)です。いつものように動画でご紹介をさせて頂いております。

ご注文お待ちしております。

↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。

Facebookのいいね!
 シェア