テイジンメンズショップ銀座本店の閉店は本当に残念。

今日お客様に創業何年ですか?

と聞かれて、あれ?何年目だったっけ?と思って慌てて計算しました。1932年創業なので、89年目。

私が金沢に戻ってきた時は創業70年ちょっとくらいでしたので、お客様に聞かれてお伝えしてもさほど驚かれませんでしたが。

今はそこそこ驚かれます。

というか、来年90年。もう11年頑張れば100年か・・・と思いました。

頑張れるかな?

というのは私が大学に入って最初に就職した先が「テイジンメンズショップ」ホームページには閉店のお知らせが。

あの銀座の店が3月28日で閉店するそうです。あの銀座のテイジンメンズショップがですよ。

私テイジンメンズショップに入社しても銀座のお店には恐れ多くて入ったことがありませんでした。

来月東京に行くので一度入ってみようかな。

私は京都のBALのお店に勤めてました。当時京都には藤井大丸店もできましたが、大学在学中に勤務が決まったテイジンメンズショップの京都BAL店でアルバイトをしておりました。

冬のバーゲンだったと思いますが、1日1千万円売上を上げたことがあります。私はフィッティングの前でお客様が試着する為に入っていくドアの開け閉めを担当しておりました。

当然1日1千万円を売るわけですから、そこで採寸をし、そして修理伝票など書けるわけもなく、兎に角買って行ってもらい後日来店して頂き改めて修理を承るということをしておりました。

また、京都は学生の街でしたので、卒業して就職する学生も多く、入学フェアなどもやっており、スーツをお買い上げのお客様にはテイジンメンズショップオリジナルのシャツを1枚プレゼントというフェアを開催。

そのフェアのおかげで、当時日本中のテイジンメンズショップの中でスーツの売上が1位になったこともありました。うっすらとした記憶ですが、その時のスーツの価格が58,000円くらいじゃなかったかと思います。

今から考えてもそこそこ高い。

京都のBALとうファッションビルにはその頃流行っていたデザイナーズブランドのお店がいっぱいで。BIGIやNICOLEやPERSON'S、MEN'S BA-TSU、レディースではPINK HOUSEやINGEBORGなど。INGEBORGに勤めるお姉さん(当時はハウスマヌカンと言われてましたが)などには恐れ多くて話しかけもできませんでした。

テイジンメンズショップの歴史を書いたページがテイジンメンズショップのホームページにありましたので、見て頂ければと思います。

ホームページには古い写真も掲載されていますが、今見ると金港堂の現在の店舗と同じような雰囲気です。

ブログを書いてて色んなことを思い出してきました。

まあバブルもいい時でしたから、一年に一度社員旅行があるわけですが、当然定休日のあるお店もあればない店もあります。その店舗のお店の従業員の社員旅行なので、店舗のメンバーを半分ずつにして、交代で社員旅行に行くわけですが、当時の社員旅行は軽井沢でした。

軽井沢でテニスです(笑)私はテニスをしたかどうか覚えておりませんが、お昼は確かテントの下でバーベキューをやった記憶があります。総務?の方がとにかくビールサーバーを持ってバーベキューで座っている我々の間をあっち行ったりこっち行ったりで注いでくれるのを鮮明に覚えております。

まあ、こんな懐古主義的なことを書いても読んでいる方は興味はないと思いますが、当時一緒に勤めていた方が読んでくれていればな?と思い書きました。

私が勤めていたのは2年半くらい、そこから東京新宿の和田屋さんというテーラーに務めたのでほんの僅かでしたが、金沢に帰ってきてからもテイジンメンズショップは名鉄と、そのご109にも店舗を出して盛況だったように思っております。

時代の移り変わりは激しく、トラッドという言葉を知っている人も少なくなってきているかも知れません。

当時テイジンメンズショップで販売していたオリジナルの商品の名前は「BOURBON(バーボン)」当時は社員にはあまりウケがよくなかったようにも記憶しておりますが(笑)今から考えると素敵なネーミングじゃないですか?

嘘か本当か知りませんが、私が耳にしたのは、この閉店となる銀座の店長はJAZZが好きで、勿論銀座の店長ですからファションも一流だと思いますが、雨の日に履いてきた革靴を濡らすのが嫌で裸足で帰ったとか?本当かな。そんなことも耳にしたことがあります。

閉店ということを聞いて、ちょっと寂しく、いやかなり寂しく、昔を思い出して書いてみました。

若い時にはお世話になりました。あの時に教えて頂きましたファッションのベースや接客、そして商品の梱包作業に至っても今も役立っておりますし、私の基本だと思っております。

当時最初に購入したシャツが、テイジンメンズショップのBOURBONというオリジナルブランドのボタンダウンだと思います。最初に何を買えばいいですか?と聞くとこれがいいんじゃないか?いやそんな感じではなく、これでも買っておけ。みたいに記憶があるのですが(笑)

当時は糸番手が恐らくは80番手くらいだったと思います。当店で扱うオックスフォードクロスは100番手から。

df2669ee2a70fdaae3a3a58635b997586e4e16c1.jpg

糸は当時よりも細くなりましたが、たまにはオックスフォードの白のボタンダウンなども着たくなりました。オックスフォード 白 綿100% 100番手双糸 お仕立て上がり¥17,600-(税込)です。

ちょっと今日は変わったブログになってしまいました。

テイジンメンズショップが閉店とは本当に残念です。それだけです。

↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。

Facebookのいいね!
 シェア