オーダーシャツ専門店金沢金港堂のトップページ

« 和倉万葉の里マラソン完走記 (2) まだ少し続くかも・・・ ソクタスSOKTASの生地も入荷しました。 | メイン | DJA デビット&ジョン アンダーソンの海島綿(シーアイランドコットン)の生地入荷。 »

能登和倉万葉の里マラソン完走記。最終話。

そう言えばここまでのタイムをアップしておりませんでしたが、5キロの通過が23分 6秒で1キロ4分37秒ペース。設定ペース4分44秒に対して7秒早い。10キロは46分20秒 キロ4分38秒。まだ落ちない。 15キロは1時間9分23秒で、4分37秒でまた上がった。 20キロは1時間33分5秒で通過で、4分39秒 5キロごとの平均ラップではなく、トータルでの平均ラップなので、20キロ地点で4分39秒ということは、設定のラップに対して、1キロ5秒早い。5秒×20キロで、20キロ地点で、100秒。1分40秒の貯金となります。


これが貯金なのか借金なのかは30キロ過ぎてからはっきりすること。


昨日までのブログで書き忘れたことなのですが、今までフォームを意識して走る練習をしていたのに、10キロ地点までは全て忘れて、ただ走っていただけ、10キロくらいで、腰高意識しなくては。と思ってフォームを意識したら、ラップも上がり、それが、10キロ以降のタイムに繋がった。と言うか、早くなってしまった要因かも知れません。もちろん楽に走れたのであればそれでいいのですが。


昨日アップした写真が20キロ地点で、「もうしんどそうな顔しとるよ」と言われたので、同じ所で写真を撮って貰った方にもう一枚頂きました。


twintocyu.jpg


大丈夫です。まだ余裕があります。


数キロ会話をしながら、S夫と並走するわけですが、自分としては、早く入りすぎたので、少し抑えたい気持ち。先に行ってと促しますが、結局は暫く並走。追ってきたスピードと追いつかれたスピードですから、当然S夫の方が現在のラップは早いはず。ついていっていいのか?それとも先にいかした方がいいのか?


幾つかのアップダウンが続き、長く急な下り坂に入ります。私は上りは好き、というか得意なのですが、下りは苦手。その長い下りでS夫は気持ち良く駆け下りて行きますが、私はついていけません。下りで10メートル以上離されたと思います。それからはその距離を保つような感じで走り続けます。


もう一人後ろにいるB姫の存在を忘れかけた時「ぼ〜〜す」と大きな声で声かけられます。飴女B姫。なぜ飴女か?昨年の大阪でも20キロを過ぎた地点で、彼女に声を掛けられました。今回もそうなのですが、大阪も木曜日から風邪をひいてしまっていて、当日の朝は声が掠れている状況。無理はしたらいけないと思い、ペースを抑えて走っていた時に、そのB姫から声をかけられ、「大丈夫?飴上げようか?」と言われてその時は断った経緯がありました。


今回も、「飴あげようか?」と声をかけられ、今回声かけらたら絶対にもらってやる。と誓っていましたので、「飴くれ」というと、B姫は走りながら、飴のナイロンを手袋で外して、中身だけくれます。「あの大粒の塩飴か?」と尋ねると「違う違う。猫ひろしも愛用しているやつ」と言って、一つ手の平に落としてくれました。


パク!ん?レモン味。


実は今回、足攣り防止のために、マグネシウムローションと、マグオンというマグネシウム入りのジェルを4つランニングベルトの中に入れて走ってました。15キロ地点で一つ、その後にもう一つとった後にこの飴。ジェルもレモン味だったので、そろそろ飽きてきたかな?と思ったところ、またレモン味。


毒をもられたか?いや美味しく頂きました。なくなるまで飴を舐め続けました。


そんなB姫は、私をおいて先行するS夫をおっかけます。まもなくして、B姫がS夫の真横に到着。私との差約15メートル。何か会話をしているようです。その様子を見ながら、私もおっかけます。


目の前に急な坂を見ます。おそらく最後の急坂だった記憶が。前の二人は上り坂が苦手なのかS夫のストライドが極端に狭くなるのが見えました。少しペースアップすると坂の途中で追いつきました。上り坂は当たり前ですが、誰もが辛いので、私の場合は、早く終わりたいと思うのか、ついついペースアップする癖が。


特別苦労することなく、二人の横に並び声をかけます。B姫は「おんぶして〜〜」と叫びますが、「アホか?」と答え、でも「おんぶならしてもいいかな?」と冗談をかわして、上り坂を先行します。上りが終われば下りです。その下りで、またもや二人にかなりの差を付けられます。この後彼らの横に並ぶことはありませんでした。


25キロ地点、1時間56分44秒。キロ4分40秒。貯金が相変わらず100秒あります。


27キロあたりを通過。ぴくっと左足に電気が走ります。え?ここでくる?でも軽いものでしたので、走りきれるか?一昨年の金沢マラソンも27キロ地点あたりで、ぴくっときて、その後コムレケアを飲んで、その後攣ったものの、ラストは復活してスパートをかけられた。でも薬を飲むとパフォーマンスが落ちるとも聞きます。マグオンのジェル飲めば大丈夫か?と思い3つめのジェルを投入。またレモン味。


大阪マラソンでは、同じように3つのマグオンを投入し、もう一袋あれば、と後悔したので、今回は4つ持って走ってます。暖かいと言っても手の先は冷たく、うまく封を切れないので、ジェルの先を口で噛み切ります。その途端、ドロっとしたジェルが、手の甲を流れます。あ〜失敗した、そして勿体無い。慌てて舌で手の甲を舐めます。手の甲から手の平までジェルが流れて、はちみつ舐めるプーさん状態。まぁそんな可愛いものではありませんが、口の周りは、ジェルと、風邪でまだ鼻水が出ているので、口の周りがジェルやら鼻水やらでグチャグチャに。


足はそのままで、これ以上悪化しないことを願いながら、前の二人を追っかけていきますが、パフォーマンスが落ちてきました。また足をかばうようにも走っていますので、二人の背中が小さくなっていきます。S夫がB姫を7〜8メートル先行しているのが見えます。ここで攣ったら追いつけないな・・・と思いながら足を進めます。


30キロ地点2時間21分3秒 ここまでの平均ラップ4分42秒。設定は4分44秒ですので、まだ上回っていますが、100秒あった貯金がここで、60秒まで減りました。わずか5キロで40秒消化。つまり1キロ8秒落ちているわけですから、4分52秒までラップが落ちています。


さぁどうする?次第に攣りはひどくなり、足から足首の方に、左足から右足へ、虫が足の中を這っているがように移動します。足攣りも足首から足の裏の方に移動すると大変。足が地面をつかめません。ここで、やもなくコムレケア投入。おそらくは30キロ辺りだったと思います。ただ直ぐには効き始めません。


3年前は気持ち良く飛ばした長めのエイドを通過した辺りで、傷みもかなり強くなり、立ち止まるところもありました。順調に走っていれば、落ちていくランナーを抜きながら走れるところですが、逆に抜かれ基調になります。


GPS時計の記録では、33キロ地点まではなんとか4分台をキープ、34キロ地点で5分10秒まで落ちます。この辺りから知り合いのランナーや、チームメンバーにも沢山の応援をもらいますが、記憶がはっきりしていなく、誰が先に応援してくれたかが分かりません。


チームのメンバーのれりぴ〜。27キロ地点の能登まー丼(能登牡蠣のあんかけ丼)辺りで私設エイドを作り、そこで、日本酒ワインを出したら、きてくれるかしら。と言われてたので、絶対に行くと言っていましたが、その地点ではれりぴ〜は発見できず。しばらく走ると、橋の手前辺りで、車を停めて、応援してくれる彼女を発見。まだ辛うじて走れる状態だったので、手を振り、「ワインくれ〜」と言って通過しましたが、ワインなど置いてあるとは思っておらず、そのまま通過。あとから聞いた話では、本当にワインと日本酒「宗元」を置いてあったそうで、それを飲んだメンバーもいたとか。今となっては飲んでも良かったか?笑


letitbe.jpg

その後、チームメイト二人の応援を受けます。あ〜B姫と差がついているのを見られているな。。。と思いながら走りますが。こんなフラッグを用意してくれていました。


flag_boss.jpg

通過した時点では何書いてあるか分かりませんでしたが、ゴールしてから確認してびっくり(笑)


そして、トライアスリーターの女性に応援を受けます。私は「足攣ってる」とやっと走っている言い訳を言うと明言が出ました。「うまくまとめて」


これで目が覚めました。しかし上手に応援するものだ、タイムをまとめる。経験者じゃないと言えない。あと10キロもない。諦めずに、なんとか傷みを散らして走りきれば、最悪のタイムだけは逃れる。30分は切っておきたい。ただ傷みを誤魔化しながら走りますが、36キロ、37キロ、38キロ地点では5分も40秒台まで落ちます。前半1キロ7秒早く入った貯金が、1キロ1分もの借金となって、積み重なります。


ようやく薬が効き始めたのが残り3キロほどのところ、遅いですが、頑張って走れるようになりました。39キロのラップが5分23秒。40キロで5分19秒。遅いですが、少し上げられたのと頑張れるようになりました。41キロ地点では5分11秒。


最後に10キロを走ったチームメイトの応援を受けます。写真も撮ってもらいましたが、フォームなんてメチャクチャで、顎が上がった状態。でも何とか走れます、力を緩めると楽なのですが、ゴールしてタイムを見て、あの時どうしてもう少し頑張れなかったか?と思うのが嫌なので、呼吸もいっぱいいっぱいですが、必死に足を進めます。


goalmae.jpg

和倉温泉街に入ってきました。あの角を曲がると直線のみ、のこり195メートル。時計は3時間24分台。25分切っておけば、大阪マラソンのアスリート枠の権利は2年間は確保できる。一人を交わして自分の中での最大限の力を発揮してラストスパート。42キロの通過ラップは4ぷん50秒。


cyokusen.jpg

ゴールの向こうに見える、黄色いデジタル時計が秒を重ねていきます。58秒59秒、あああ。25分を超えた・・・


3時間25分3秒。止めた時計も同タイムを示しています。ネットでは3時間24分54秒で25分は切っているのですが、グロスで3秒上回ってしまいました。アウト。


25分切りを最初から目指していれば切れたかもしれませんが、たらればです。残念。


先にゴールしたS夫とB姫に迎えられ、チップを係りの人に外してもらい、完走証をもらいに、テントの中を通過し、プリンターで印字される数字を覗き込むと、係りの女性から、おめでとうございます。飛び賞です。と言われて、商品を頂きました。


50b78c2a92157e652a9c954d3b95e7df1b5fbca5.jpg

こんなことを言うと怒られますが、タイムが残念すぎて、あまりおめでたい気分にはなりませんでした。


その後、S夫とB姫とセレブリティMみん子と一緒に、着替えの為に体育館に向かう階段の途中で、強烈に攣ってしまい、立ち止まって迷惑をかけることに。まるで路上で寝っころがる。酔っ払い状態。それを介抱してくれる3人という構図。情けない。ほどなくして、痙攣も収まり、なんとか体育館までたどり着いて、ランシャツランパンを脱いで着替えようとすると。


ashituri.jpg

こんな状態に。


B姫から、飴の次は干した梅干しをもらい、更にコムレケアを投入して収まりました。B姫には、これで大阪、金沢、能登と三連敗。彼女は見事総合でも入賞し表彰台へ。S夫とは来月また対決が待っております。


今回の失敗はやはり走り方が悪い。風邪はひいてましたが、風邪でパフォーマンスが落ちたとは考え難い。あとでチームメイトから蹴って走っているからや。と言われて納得。蹴らない走りを準備してきたはずなのに、まだ脚に頼って走っているからでしょう。次のレースまで改善できるのか?


皆で牡蠣食べて終了。私は以前にこの時の牡蠣であたってしまい、大変な目にあったので、カツカレー笑


notokaki.jpg

この完走記をタイピングしている今もまだ鼻が出ます。免疫力落ちてますからね。なかなか回復しません。次また頑張ります。


出張中の電車の中でかけたので、今回の完走記は2話で終了。ブログランキングが上がったのを見て、やはりマラソンファンの方が多い。と言われて、苦笑い。長文大変失礼いたしました。

↓ブログランキングクリック宜しくお願い致します。
ブログランキングのバナー
↑ブログランキングのバナーのクリックをお願いします。

Facebookのいいね!
 シェア


コメントを投稿


オーダーシャツ通販オーダーシャツの店頭販売の店を経営しております。(株)金港堂代表取締役 宮谷 隆之です。日々の出来事、趣味のマラソンなどを書き綴っております。

【ヤフーブックマーク】にクリックして登録をお願い致します。 Yahoo!ブックマークに登録

ブログランキングをクリックで応援をお願い致します。 ブログランキングのバナー



kinkodo_web_shop.jpg


画像をクリックして頂くと商品の掲載ページにリンクされます。


BOB ボブ

ポロシャツ
パッチワーク
価格19,940円(税込)
洗いのかかったオフホワイトポロ、ドットニットのパッチワーク
ドット柄のニットのパッチワークポロ BOBボブ



Guy Rover ギ・ローバ

カッタウェイカラー
ポロシャツ
価格18,360円(税込)
Guy Rover



オーダーネクタイ

長さ太さ選べます
オリジナル
価格14,040円(税込)
オーダーネクタイ



TATEOSSIAN

カフスボタン
加賀水引
価格52,920円(税込)
サイモン・カーターカフスボタン蜂の巣



サイモン・カーター

カフスボタン
蜂の巣
価格16,200円(税込)
http://store.shopping.yahoo.co.jp/shop-kinkodo/tateossian-kaga-mizuhiki-red-ruby.html



サイモン・カーター

カフスボタン
アールデコ調
価格16,200円(税込)
サイモン・カーターカフスボタンアールデコ調



牛型押しトートバッグ

裏地は迷彩です。
ブルー
価格30,240円(税込)
牛型押しトートバッグブルー



牛型押しトートバッグ

裏地は迷彩です。
レッド
価格30,240円(税込)
牛型押しトートバッグレッド



牛型押しトートバッグ

裏地は迷彩です。
ホワイト
価格30,240円(税込)
牛型押しトートバッグホワイト



エンボス加工

牛革トートバッグ
ブラック
価格31,320円(税込)
エンボス加工トートバッグブラック



牛型押しトートバッグ

内張り赤
ブラック
価格35,640円(税込)
牛型押しトートバッグ裏地赤(ブラック)



エンボス加工

牛革トートバッグ
ブルー
価格31,320円(税込)
牛型押しトートバッグ裏地赤(ブルー)


審査員特別賞 当店のホームページは2009年度(財)石川県産業創出支援機構のネットショップコンテストにおいて130数サイトの中から、グランプリ、準グランプリに次ぐ審査員特別賞を受賞致しました。 ■メールマガジン始めました
E-mailアドレス
購読開始 購読解除
一部のブラウザーで登録の際に文字化けがあるようです。その際には下記のサイトでご登録をお願い致します。
■メルマガ登録ページ

■バックナンバーはこちら

RSS最新情報

上の画像をRSSリーダーに ドラッグ&ドロップでこのブログの最新投稿を見ることができます

最近のコメント

2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          


皆さんの素晴らしいブログ
■まこつ日記
■歌凛・日々有酸素運動
■”めがねを磨く”是、冥々之志なり
■ひしほ醤油、しょうゆアイスクリームの金沢・ヤマト醤油 店長日記
■郷秋のおもちゃ箱
■遠田幹雄です。ドモドモ(^^)v(遠田幹雄ブログ)
■金沢の九谷焼諸江屋 きままな店長日記
■柿木健雄店長の近視眼コメント(^^;ブログです
■二代目社長アドバイザー・リハル
■竹松俊一のランダムウォーク日記
■えいしんにっき
■遊び、仕事、にっき
■Liner Note (晴れときどき作文)
■ハイブリッド水彩教室/ 街並みプロジェクト/ 感性はがき
■近八の古書徒然日記
■嫁と娘とfiat500と・・・
■ARI’s Blog
■金沢駅前 寿し寅ブログ 
■九谷焼の北山堂 店長日記
■九谷焼諸江屋 きままな店長日記
■月読のMy Favorite Thing
■地酒市場
■金沢片町 雑貨九兵衛ーまこちゃんのぬいぐるみの散歩道
■兼六園・ひがし茶屋街日記 ~懐華樓女将とスタッフのブログ~
■唯我独尊わがまま放談
■北川善昭のつぶやき
■巨匠 竹中建次のつぶやき..
■カンパーニュBOSSのブログ
■箱やの大将
■犀川画廊*クラフト金沢 ..
■kanazawa 石田漆器店
■たらこう GOLF Variant Brillant Silver



オリジナルのホームページ

オーダーワイシャツの仕様

オーダーワイシャツの採寸方法

オーダーワイシャツの生地

banner_01.gif
↑ブログランキングクリックお願い致します。
http://www.kinkodo.co.jp/
ブログ運営者名:宮谷 隆之
連絡先:(株)金港堂
石川県金沢市片町2-1-1
TEL:076-262-7535
FAX: 076-233-3515
実店舗は毎水曜日が定休日
ブログは毎日更新中
メールはこちら↓
shirt@kinkodo.co.jp


2007年11月22日以降のブログはこちらです。

★便利なリンク集★
日頃お世話になっている団体やお店

◆全日本オーダーシャツ専門店連合会(NOS)

◆All About Japan メンズファッション

◆コロネット株式会社
◆シーアイガーメントサービス株式会社

◆RAIK

◆ITO JAPAN株式会社

◆ヤナセ(シャツ生地の商社)

◆創作屋

◆株式会社デザント(ミラショーン・スポーツ

◆株式会社ジョイックスコーポレーション(LANVIN)

◆井上清(CARVAN)

◆東京堂シャツさん

◆片町商店街のHP

◆石川県中小企業家同友会

◆石川県中小企業団体中央会

◆金沢青年会議所

◆金沢商店街物語

◆石野テントさん

◆ルネさん

◆床屋 ハーベスト

◆京都外国語大学石川校友会

◆北山堂さん

◆九谷焼諸江屋さん

◆八田商事さん

◆FALLON BISさん

◆Kanazawa Biz Cafe

◆神戸・永田良助商店(当店の内装をして頂きました)

◆金沢市役所(いいねっと金沢

◆石川県産業創出支援機構

◆地酒市場酒の大沢

◆ドモドモコーポレーション(中小企業診断士)

◆金沢市役所 いいねっと金沢

◆石川県庁のホームページ

◆金沢市観光協会

◆金沢の方言

◆金沢百万石祭り

◆金沢商工会議所

タグ クラウド